トラブルの解決法はぐっすり眠ること

みなさんこんにちは、モズークです。

仕事でトラブルが起きて作業が進まず、イライラする事ってありますよね。迫り来る納期、上司からの叱咤。退社の時間は過ぎ、残業してもトラブルの原因は見つからない。事態は好転せず、ただむなしく時間だけが過ぎ、疲労が蓄積していく。

考えただけでもいやなシチュエーションですね。そんなときにトラブルを簡単に解決するいい方法があります。その方法とは・・・

広告

今日は定時で帰ってぐっすり眠るんだ!!

はい、ゆっくり休むことです。

定時まで解決しなければその日は諦めて帰りましょう。残業なんてしてはいけません。仕事のトラブルのことなど忘れて、一晩ぐっすり眠りましょう。

すると不思議な事が起きます。翌日出社して仕事を再開すると、昨日あれだけハマってたトラブルがほんの数十分で分で解決します。嘘だと思いますか?ほんとなんだなぁ~。

残業?とんでもない

わたしが工場で働いていたころの話です。自動運転のマシントラブルで何度プログラムの数値をいじってもを、いろいろツールをセットしなおしても不良品しかできないことがよくありました。

そんなときは原因究明で残業・・・などしないでとっとと定時で帰ります。そして美味しいものを食べて一晩ぐっすり眠ります。退社してから次の日始業するまでトラブルのことなど考えません。

次の日出社し始業後マシンをチェックしてみると、不思議なことに昨日見落としたところを発見して10分で解決してしまうのです。なぜこんなことがおきるのでしょうか?

睡眠は潜在意識が情報整理をする時間

わたしの大胆過ぎる予想はこうです。

人間は顕在意識と潜在意識のふたつがあります。顕在意識とは人間が起きているときに使われる意識で、会話や生活行動、反射行動に使われます。顕在意識は行動は早いのですが、熟考することができないので大切なことをよく見落とします。

潜在意識は人間が休んでいるときに働きやすく、思考や技術の習得などが役割です。潜在意識は目でみたものや耳で聞いたもの、その他五感で感じたもの正確に処理し解決することができます。そのかわり膨大な情報を処理するのでスピードが遅く、反射的な思考には向いていません。

人が起きて生活行動をしているときは顕在意識の支配力が強く、潜在意識は身を潜めています。そのときでも潜在意識は五感から受け取った情報を受け取り、顕在意識の裏でゆっくりと情報を蓄積します。

トラブルが起こっても、熟考が苦手な顕在意識の影響が強い時間に解決方法を探しても見落としが多くなります。そこでゆっくり休んで睡眠をとる。そうすることで顕在意識は活動を弱め、潜在意識が活動しやすくなります。潜在意識を働かせてやれば、顕在意識の裏で集められた情報を処理し解決方法を出します。そして昨日気づかなかった原因を、次の日あっさり解決することができます。

これが一晩ゆっくり休めばあっさりトラブルが解決するプロセスです。

とにかくゆっくり休む

顕在意識を潜在意識はわたしの想像ですが、休息や睡眠がトラブル解決に役立つことはたしかです。疲れたままドツボにはまって疲弊するよりも、ゆっくり休んでリフレッシュしましょう。それが一番です。遠回りに見みえることが一番の近道。それはよくあることです。

とにかくトラブルで煮詰まったら、その日は諦めてぐっすり寝てしまいましょう。

広告