寝食を忘れて熱中したものが天職

アイキャッチ

みなさんこんにちは、お金と株が大好きなモズークです。

一日中食事もせず寝ることも忘れて何かに熱中したことありますか?わたしは数え切れないほどあります。

ファミコンのRPGとか、シミュレーションゲーム、パソコン、インターネット、読書、漫画、パチスロ、株式投資。ファミコンのゲームは学校から帰ってから学校に行くまでやってて、学校で眠る生活をしてました。学生時代にインターネットに初めて触れたときはテレホーダイ(テレホーダイ知ってます?)の時間中ずっと閲覧してました。面白い本や漫画があれば最後まで一気読みしました。いまは卒業しましたが、パチスロは開店から閉店まで食事を取らないでずっとやってましたね。そして株式投資は考えない日はありえないと言うほど、ほぼ生活と化しています。

このようにどれだけやっても疲労や苦痛を感じない、それどころか1日中やっても時間が足りないと感じるもの。それがあなたの天職になる可能性が高いです。

広告

傍から見ると遊んでいるように見える

好きなことを仕事にすると仕事が楽しくてずっとやっていたくなります。でも仕事は辛い思いをしてお金を稼ぐものという考えの人から見ると、まるで遊んでいるようにしか見えない場合があります。

株式投資をしている人は汗水流さないでお金を稼ぐズルいやつ。ゲーム実況している人はゲームをずっとやってるだけでアホなやつ。映画レビューしているやつは毎日気楽に映画を観てるだけのやつ。

毎日朝から晩まで会社に拘束されている人から見ればたしかに遊んでいるようにしか見えません。遊んで生活できるならいいよね、など嫌味の一つでも言われるかもしれません。

そんなときは、気にしないでおきましょう。気にしたら負けです。

好きなものを仕事にできる時代

むかしは業界の中で少ないパイを取り合うことを恐れた先駆者たちが、師弟制度や許可制度などをつくり新規参入を阻んできました。そのため実力が合っても業界で嫌われたら食べていけない時代だったのです。

いまは好きなことをやっていればお金が稼げるいい時代になりました。ゲームが好きならゲーム実況でもすればいいし、文章を書くのが好きならブログを書いたり小説を書けばいい。必要なのは実力だけです。実力は続けることで確実につけることができます。そして続けるためには好きであるということは非常に有利に働きます。

周りの人があきれるくらい熱中できること、それはあなたの天職になる可能性は非常に高いです。

1万時間の法則

1万時間の法則というものがあります。どんなことでも通算1万時間続けていればそれで飯を食えるくらいには上達するという法則です。

  • 毎日2時間なら5000日、およそ14年半
  • 毎日5時間なら2000日、およそ5年半
  • 毎日8時間なら1250日、およそ3年半

これくらいやれば1万時間になります。たしかに楽器やスポーツも毎日8時間、3年半みっちりやれば一応はプロに片足を突っ込むくらいにはなれそうです。毎日会社に10時間以上働いている人は数年で立派な会社員のプロになれますね。

世の中には一日中、好きなことを考えて生活している人がいます。例えば株のことばかり考えているウォーレン・バフェット。野球のことばかり考えているイチロー。テニスのことばかり考えている錦織圭。

彼らの睡眠時間を8時間と仮定して、毎日16時間好きなことを考えているとしたら1万時間は2年以内で到達してしまいます。このようにプロ中のプロと言われる人たちは1万時間を何回転もしています。

もはや仕事が終わったら遊ぶことや休憩を考えている私達では追いつけない領域です。こんなことができるのもやはり好きなことでなければできません。

飽きるものは天職じゃない

わたしはギターや作曲、写真や麻雀やパチスロなど一時期熱中していたものがあります。でもそれらはしばらくしたら飽きてしまいました。やり始めは一日中ぶっつづけたり徹夜もしたりします。でもそれなりに上達したら気がついたらやらなくなっている場合がほとんどです。それらのものはたぶん天職ではないと割り切って、趣味程度にしておいたほうがいいと考えています。

続けてることで見えてくるもの

わたしが飽きもせず大好きな株式投資をはじめてすでに10年以上たちました。会社で働いている時間は株のことばかり考えていました。(おいおい)これは少なくとも毎日8時間は株式投資について考えていることになり、計算すると約3万時間になります。わたしがお金と株のことが大好きだから続けることができました。

1万時間を3回転もすればやっていいこと、やってはいけないこともほぼ無意識的に判断できるようになっています。いろいろ考えることで自分なりの投資哲学を身につけることもできました。幸い株式投資に体力はそれほど重要じゃないので、引退は考えず死ぬまで続けることが可能です。

あとはバフェットより50年くらい長生きして彼の資産を追い抜くことができれば最高ですね。

それでは投資を楽しんで!!

広告