やっと中間選挙が終わった

みなさんこんにちは、モズークです。

中間選挙前のひっどい下げに打ちのめされた心も、ようやく少し癒えてきました。そんな不安定だった相場の要因と思われる中間選挙もようやく終わりました。

結果は上院は共和党が過半数を取り、下院は民主党が取るというマスコミさんの事前の予想通りになりました。つまり織り込み済みのサプライズ無しで通過です。

上院と下院でねじれ状態になりましたが、どうなるんでしょうね。一応トランプの共和党は上院で過半数取っていれば、下院で弾劾が発議されても上院では通らないからそれほど影響ないという声も聞きますが、ぶっちゃけわかりません。

そんなことより気になるのは、年末に向けての株式相場です。

年末ラリー開始?

中間選挙前に様子見で手控えていた投資家が、中間選挙の結果を受けてやっと動き出すのかどうか。それによって年末ラリーが始まるかどうかが決まると思います。

アメリカは年末に確定申告なので、株の損出しのための売りがあります。そのため一般的には年末は下がるというアノマリーがあります。

ですがわたしの資産は年末は上がる傾向があります。これは日本はアメリカとは違うのか、持っている株がそういう傾向なのかは分かりません。例年通りなら上がってくれそうなんですけど、どうでしょう?

というか上がって。でないと今年は年初比マイナスになっちゃう。

アメリカ選挙前は気を付けろ

今回の大きな調整で学習したのは、アメリカの大きな選挙の前は気を付けろということです。

選挙前の下げは現物だけだったのでそこまで深刻ではなかったのですが、大き目の信用ポジションを持っていたらメンタルがやられていたし、下手すりゃ追証です。その点はまあ及第点だったと思います。

あとはもうちょっと上手くやるために、大きく下げたときに美味しそうな株を拾える資金を用意しておければグッドでした。

2年後のアメリカ大統領選のときは10月まで株の購入を我慢して、大き目の現金で持っておくつもりです。忘れないで覚えておけばね、覚えてるかなー?

そんなわけでやっと中間選挙が終わったので、投資を楽しめるようになりそうです!

いよいよアメリカ中間選挙

みなさんこんにちは、モズークです。

いよいよ明日11月6日はアメリカ中間選挙です。日本時間では夜から盛り上がるのかな?他国の選挙とはいえ日本の株式相場にも大きな影響を与えると思われるので、否が応でも注目が高まります。

トランプの当選を見事に外した、あてにならないメディアのニュースでは上院は共和党、下院は民主党が勝つという予想とされています。もしこの結果になれば上院と下院でねじれることになり、トランプ大統領の力は弱まることになります。

とはいえトランプの大統領選のとき出したの公約はほとんどこなしてしまったため、あまり影響がないかもしれません。問題としては大統領再選が難しくなるのと、弾劾される可能性が出てくるくらいです。

おそらくこのねじれ予想が既に株式市場に織り込まれており、これがここ最近の弱い相場の原因だったのかもしれません。

もし共和党が両院で勝ったら

しかし最近の世論調査では共和党が下院でも盛り返してきているという結果も出ています。まあその世論調査があてにならないというのは置いておきます。

もし上院下院とも共和党が勝てば、トランプ大統領はますます経済にてこ入れをするものと思われます。トランプは中間選挙に勝てば、に中間層の減税すると打ち出しているので、そうなるとさらにアメリカの経済は好調になるでしょう。

なのでそれを織り込んで株価はさらに大幅に上がり、バブル相場の始まり始まり~。なんて妄想もできます。

でも予測できないので

ですが相場というのは予測不能です。そもそも中間選挙の結果ですらも予測不能です。なのでこんなの予測するだけ無駄です。はっきりいって何が起こってもおかしくありません。

なので中間選挙の結果を予測して大きく勝負に出るようなことはダメ、ゼッタイです。そんなことをしたらお金をはじめ、いろんなものを失います。

中間選挙の結果が出て動き出した方向を見てから動いても遅くないです。できればどんな結果が出ても大丈夫なようにポジション調整しておけばなお安心です。

そして中間選挙をワクワクしながら楽しめばいいんじゃないでしょうか。

それでは中間選挙を楽しんで!!ワクワク。

映画の記事を外しました

みなさんこんにちは、モズークです。

このブログでは株式投資メインですが、それ以外のことについてもちょくちょく記事にしていました。その中でも映画について記事を書いていましたが、最近思い切って外しました。これで約30の記事を消したことになります。

映画の記事を消した理由

映画の記事を消した理由ですが主に3つあります。

  • 投資とあまり関係がない
  • 記事を書くのが負担になりつつあった
  • 趣味として楽しみたい

まず投資とあまり関係がないということですが、投資に関係する映画ならともかく、アメコミやホラー映画やアクション映画などはあんまり投資に関係がありません。それないらないほうがいいんじゃないかと思ったからです。

次に記事を書くのが負担についてです。最近では5月くらいに面白そうな映画がドドドっと公開されまして、見るのが精いっぱいで記事を書くのが追い付かなくなっていしまいました。見たその日に記事を書ければいいのでしょうが、中には難解なテーマを扱う映画もあり、ちゃんと反芻してから書きたいのに数が多いとそれが追い付かなくなってしまいます。そのため結局記事を書くことが後回しになり、そのままかけずじまいで放置になってしまいました。

最後は趣味として楽しみたいについてです。わたしは映画を見に行くのが好きなのですが、映画の視聴中に記事に書くことを意識しながら観ると純粋にその映画を楽しめなくなることがたまにありました。ここはこういうフレーズで行ける!とか、これなら受ける記事が書けそうなど思っていしまい、ちゃんと映画を楽しんでいない気がしてしまいました。

単純に文章を書いて感想を表現する能力が劣っているだけですが、やはり映画は何も考えずに楽しみたいというのも本音です。また株式投資のほうが芳しくないときの逃避先として、何も考えないで行ける映画館は残しておきたいとも思いました。

そんなわけで以上がブログから映画の記事を外した理由です。

ぶっちゃけると、初期のブログではなかなか書くネタが浮かばないから記事の水増しとして映画記事を書いていたのもあります。あ、ばれてました?

そんなわけで、映画を楽しむぞ!!

Googleドキュメントの音声入力で適当に喋ってみた

みなさんこんにちは、モズークです。

今日は、Googleドキュメントで音声入力してみる実験で記事を書いてみます。テストしている限り思ったより使えそうな感じです。今回はiPadのGoogleドキュメントアプリで適当に喋って文章にしてみました。

以下がそのテストです。

まるでいじめのようなテレビ放送と新聞

今のマスコミは連日連夜、四六時中まるでいじめのように安倍総理を叩き続けています。現代人は鬱が多いと言いますが、こんな放送を見続けていれば鬱になるのも当然です。まるで学級会で何も悪くないのに気に入らないからといって吊し上げているようなものです。

なのでもうテレビや新聞は見ない方が良いでしょう。そうすれば鬱な人は鬱も治り、健康になることに間違いありません。

テレビや新聞の時代はもう終わった

もはや時代はテレビや新聞を必要としていません。インターネットで情報を得ることが出来るようになりました。

確かにインターネットは間違った情報もありますが、自分で情報を取捨選択し選ぶことができます。その点において世論を誘導するような放送ばかり続けているテレビやマスコミとはまるで違います。

テレビ放送が始まって70年以上経ちますが、その目的は主に世論を誘導したり、スポンサーに都合の良い情報を発信し視聴者の気持ちを操作することが目的です。簡単に言えば洗脳です。

もはやテレビを見ているのは高齢者や情報弱者といった自分で情報を得ることができない人達だけになっています。そのような人達は、いつまでそのような情報弱者に甘んじているつもりでしょうか。

はやくたくさんの情報に触れどれが正しいか正しくないかを選択する能力を身につけなければこの先生きていくことができません。お年寄りなどはもう先が短いので改善するような余地は少ないかと思います。

若い子たちが既にインターネットでたくさんの情報に触れ自分で情報を選択するという能力に目覚めつつあります。なので徐々にマスメディア等の洗脳から解き放たれていくことでしょう。あと10年もすれば日本はマスコミの好き勝手なこのような状況から抜け出すことになるでしょう。

既にテレビの役割は終わっているのです。

オールドメディアとしての自覚がないテレビや新聞

すでにオールドメディアとなってしまったことに、テレビや新聞は気づいていません。これからはもっと自由にたくさんのチャンネルから、自分で情報を選択できるような状態状態の形式にするべきだと思います。

しかしマスコミは自分たちの既得権益守りたいがために、自由な放送ができるはずの放送法を撤廃することに反対しています。マスコミはまるで平等な構想していると言う前提で偏った放送しているので、放送法を撤廃されると嘘がばれてしまうので困ってしまいます。なので放送法の撤廃に反対しています。まるで自由な放送をしたくないかのようです。そんな事はネットで情報を得ている人たちはみんな知ってることですが。

とにかくもはやテレビ新聞などのオールドメディアは役割を終えました。日本のためにならないことばかりで、国益を損なうようなメディアもういりません。我々投資家にとっても国家運営を邪魔ばかりじて、経済を不安定にするマスコミははっきり言って邪魔な存在です。まともに政策を出さない邪魔な野党とともに滅んでください。

今まさにシリア情勢が緊迫し第三次世界大戦が始まるかもしれないというのに、モリカケばかり言っている阿呆なメディアはもう役割を終えて廃業してください。

というわけで今日はGoogleドキュメントで音声合成音声入力をして記事を書いていました。これから修正する作業に入ります。

音声入力はかなりつかえる

今回は音声入力した文章を修正してアップしました。面白いですね、これ。慣れれば適当に喋ってるだけで、文章の大まかな形ができてしまいます。音声の認識率もかなり高く、これなら寝ながらでも記事が書けそうです。もちろん間違えはあるので推敲や修正は必要ですが、かなり使えそうですね。

そんなわけで、それでは今日はこのへんで。

2年ほど続けたソシャゲをやめたらスッキリした

みなさんこんにちは、モズークです。

実は2年ほど続けたソーシャルゲームを最近やめました。やっていたソシャゲはサービス開始からプレイしていたのですが、近頃はなんだか続けるのが辛くなってきたというのがやめた主な理由です。

いい年したおっさんのくせにソシャゲやんなよとか言われそうですが、おっさん世代直撃のゲームだったんでね・・・

最初はお気軽だったけど

そのソシャゲはサービス開始時の初期のゲーム内容はシンプルであまりやることがなく、一日数十分やればお手軽にそれでそこそこ楽しめていました。ですが最近は新しいプレイモードなどが後付で増え続け、やることがどっと増えて毎日のプレイが数時間になるようになりました。そうなると普通の生活にも支障が出始めてきます。

またキャラやアイテムは新しければ新しいほど性能がよく強かったり便利です。そのためどんどんゲームの難易度のインフレが加速してきます。強いキャラを手に入れても、またすぐ性能のインフレによって使えなくなります。無課金ではそのキャラやアイテムをガチャで当てることは困難になるので、インフレに取り残されてしまいます。そうなるとプレイヤー同士の対戦などでは全く勝てなくなります。

サービス開始から始めていたのでできるだけついていこうとは思っていましたが、結局この繰り返しなのでやる気が削がれてしまいました。

それがソシャゲというものなのは分かるんですがね。

ある日突然もういいやと思う

ソシャゲをやってて思ったのは、次から次へとイベントが行われ休む隙がないということです。おそらくユーザー離れを防ぐために間髪入れずにイベントを連続させているのでしょう。ですがそのせいで毎月同じことの繰り返しをやらされている気分になりました。

ストーリーやキャラは違うのですが、やっていることは毎月同じという印象です。そしてユーザーが飽きてきたら新モードでゲーム内容追加してユーザー離れを防ぐ。しかしそれも数ヶ月経てば飽きる。しかもやることだけが増えて時間を搾取されまくる。

そんな繰り返しにさすがに飽きてしまいました。この感覚はパチンコやパチスロをやってたときに、「あ、これ続けても意味ないな。やーめた。」とある日突然やる気が無くなったのと同じです。なんとなく時間とお金が釣り合ってないなといきなり気付くのです。もっと最初から気づけばいいんですけどね。

とりあえず2年やってもういいやという感じです。なのでパチンコやパチスロと同じく、この先ソシャゲに手を出すことはないでしょう。

やめてみてスッキリした

そんなわけで惰性で続けていただけのソシャゲをやめてみたのですが、スッキリしました。

まず時間に余裕ができました。いままで一日あわせると数時間くらい平気で浪費していたのが無くなりました。おかげで睡眠時間がたっぷりととれるように。イベント時だと睡眠時間を削ってやってましたからね。

つぎにうっかり課金することがなくなったので、お財布にも優しくなりました。いままでそこそこの金額を課金していたので、やめるともったいないとは思いましたが思い切って損切りしました。この先続ければもっと課金してしまうので、やめて正解でした。これでおもいきって投資の方に資金を回すことができます。

時間とお金の浪費が無くなったことにより、精神的なストレスも減りました。ソシャゲをやって良かったかと言われれば、やってみてこんなもんかというのがわかったので、そこそこ良かったのかなぁ?

自分がソーシャルゲーム会社に投資しない理由もなんとなくわかったかも。そのかわり10年以上やっても飽きない株式投資は、この先もずっと続けると思います。こっちのほうが楽しいもんね。

というわけで今日はこのへんで。