最強通貨伝説 円ちゃん

こんにちは、モズークです。

今日のザラ場中にトランプと習近平の首脳会談があったのですが、その最中にアメリカ軍がシリアにトマホークによるミサイル攻撃を行いました。いろいろ思惑のあるであろうトランプ氏のミサイル攻撃についての是非はともかく、これによりドル円が激しく動き、円高に振れました。

それによってここしばらく下落していた日経が、今日やっと反発した分が綺麗さっぱり無くなってしまいました。その後とくに影響はなかったと判断されたのか、終わりがけにまた大きく反発したのですがまったくもって心臓に悪い相場状況です。

昔からよく有事のドル買いとは言われますが、間違っているとしか思えません。むしろ最近の傾向では不安が起こるとなにがなんでも円高という感覚です。

日本の株式市場は円高になると下がり、円安になると上がる傾向にあります。過去の経済を輸出に頼っていたときならともかく、いまはそれほど輸出産業に依存していません。それでも円高になると株価は敏感に反応し酷いときには日経平均が数百円落ちるパニック相場になります。

アメリカは地理的に自国の領土が戦争状態になる可能性が低く、移民も受け入れているため将来的な少子化もそれほど深刻でありません。しかしなにかあると、安心できるアメリカの通貨であるドルではなく円が買われる場合が多いのです。はっきりいって意味がわかりません。

そんなわけで今回は円の強さの謎についてちょっと考えてみたいと思います。

コンボイの謎ではありません。もちろんアトランチスの謎でもありません。

最強通貨 円ちゃん

とにかく円は円高になりやすいデリケートな通貨です。

  • 大きな地震が起きても円高
  • イギリスがEからのU離脱決めても円高
  • アメリカがミサイル撃っても円高
  • リーマンショックでも円高

こうやってみるとなにか世界情勢になにか不安な出来事が起こるたびに円高になっています。「あ、ちょっと危ないな」と思ったら「とりあえずビール」みたいな感覚で円高になります。

これではまるで最強通貨円ちゃんです。

戦争!災害!経済危機!宇宙人の襲来!どんな大きな不安が世界を脅かしても、円ちゃんに任せておけば安心だ!終わりなき円ちゃんの戦いはこれからも続く!!

「日経の仇!!」

最強通貨伝説 円ちゃん -第一部 完-

リスク回避先としての通貨

そもそもなぜこんなに円はなにかあるごとに買われるのでしょうか?

偽装中国漁船による尖閣周辺の領海へのちょっかいがほぼ毎日あり、いつ戦争になるかわからないくらいの緊張感のある日本。北朝鮮のような何を考えているのかよくわからないのに核ミサイルを持っていて、その射程に入っている日本。少子化による人口の減少は確実で、経済成長率がほぼ横ばいの日本。家電や自動車が『ジャパンイズナンバーワン』だった昔とは比べ物にならないくらい、いろんな産業の勢いがなくなっている日本。

こんなあきらかに危険で元気のない日本なのになぜか世界で不安な出来事が起こると日本円は買われます。なぜなのでしょうか?

円の通貨量がが足りてないのでは?

日本円が円高になりやすい理由として考えられるのは円の通貨量が足りずに、ちょっと大きく買われると供給不足になり円高になるのが原因だと思われます。さらに通貨発行量が少ないことにより長い間デフレ状態が続き、なおさら円の価値が下がりにくいためさらに買われやすい状態になります。インフレで価値が下がる通貨よりデフレで価値の下がらない、むしろ価値が上がる円を買うのは当然の流れです。

通貨発行量の少なさは日銀の黒田総裁による大規模な金融緩和により、少しずつ改善されているとは思います。それでも未だになにかあると円高に振れてしまうのは、まだまだ流通する通貨量が少ないのが原因です。

このまま金融緩和を続ければ通貨流通量自体が増え続け、いずれインフレになり日本円の通貨の価値自体が薄まります。そうなればデフレで価値が下がらなかった円ではなく、インフレで価値が下がる通貨になります。価値が下がる通貨になれば持っていても美味しくないので、リスクの回避先としての重要性が薄れそれほど買われなくなります。

ここまでになってやっと何かあるごとに円高に振れるという現象は起きにくくなるでしょう。そうなれば日経株価の乱高下も今よりはずっと起きにくくなります。とはいえ過去20年近く続いたデフレから回復するのはもうすこし時間がかかりそうです。

そしてデフレを克服したあかつきには、円ちゃんの辛く長かった戦いは終わりを告げるのです。

お年玉を電子マネーで払う時代が来る・・・かもしれない

アイキャッチ

あけましておめでとうございます、モズークです。

今日は親戚の子供が遊びに来たのでお年玉を渡しました。子供の頃はお年玉を貰ったら何に使おうかワクワクして考えたものです。

さてそんな子供はもらって嬉しいお年玉ですが、周りを見渡せばキャッシュレスの方向へと時代は動いています。アップルペイやSuica、nanacoやEdyその他電子マネーには数多くの種類があります。厳密にはアップルペイはクレジットカードの簡易決済なので電子マネーとは違うのですが、キャッシュレス社会には大幅に貢献するでしょう。

今はまだ各社主流になるための群雄割拠状態ですが、いずれは統一されるのではと思っています。もしくは電子マネー各社の垣根を超えて、広い範囲で相互利用が出来るようになるのかもしれません。

今現在でも財布に現金を全く入れないで外出するという人もいるようです。この先10年後には大半の人々がそうなっているのではないでしょうか。

いずれお年玉もキャッシュレスになる?

現金を持ち歩かなくなると、あたりまえですが普段紙幣などは使わなくなります。さて紙幣がこの先使われなくなってくるとなると、お年玉はどうなるのでしょうか。

やはり10年後もポチ袋に現金を入れて子供に渡しているのでしょうか?それともiTunesカードやGooglePlayカードのようなものを入れてそれをスキャンすれば子供用の口座に振り込まれるようになるのでしょうか。むしろ「あけましておめでとう」とメッセージを添えてお小遣い用の口座に直接送金するようになるのでしょうか?

ちょっと味気ない気もしますが、その可能性も十分あります。

子供のお小遣い用電子マネーはありか?

そんな電子お年玉になるにはまず子供のお小遣い用電子マネーが普及する事が必要でしょう。そのようなお小遣い用口座は実際に需要はあるのでしょうか?

すでに電車やバス通学をしている小学生などは交通機関用の電子マネーを持っているでしょう。子供にとって電子マネーで支払いをすることに抵抗は無いと思います。

小銭やお札を持ち歩かなくて良くなるメリットもあります。本人以外は生体認証で支払いできなくすればカードを落としても安心です。そうなればちょっとはっちゃけた連中に「おいジャンプしてみろよ」みたいなことも言われなくなるかもしれません。

親からしても毎月のお小遣いを子供の電子マネー口座にチャージすれば、何に使ったのかお金の流れを把握することができるメリットもあります。これらのことから意外とお小遣い用電子マネーはあっさりと受けいられるかもしれません。

え?お年玉の由来は鏡餅?

ところでお年玉って一体何なんでしょう?なぜお正月に子供にお金を渡すのでしょう?

ええ、わからないからググりましたよ。そしたら驚きの新事実が判明しました。

もともとお年玉は鏡餅に宿る魂を分け与えてもらう行事だったのです。え?どういうこと?

古くはお正月は門松や鏡餅を用意して、それを憑り代に歳神様をお迎えする行事でした。そしてそのお迎えした歳神様の魂、「御歳魂」を分けてもらうために鏡餅を割ってお餅を子供に与えたのが「お年玉」の由来だそうです。

やがてお餅の代わりに徐々に金品が与えられるようになったようです。いやー全く知りませんでした。

神様の御霊が由来だと考えると、電子マネーでホイお年玉!って送信するのはちょっと躊躇してしまいますね。

そういえば最近電子マネーでお賽銭を受け付ける神社が出てきたという話を聞きました。実は意外と神様も電子マネーウェルカムなのかもしれません?

今の若者は生まれてからずっとデフレの世代

アイキャッチ

みなさんこんにちは、若い時代はバブルの残り香を嗅いたような嗅いてないような世代のモズークです。

今日YouTubeでネット番組の討論会を観ていたら20歳くらいの若い女性が、

「私達が生まれてからずっとデフレだったから、商品は安くなっていくという感覚が染み付いている」

という発言をしたのを聞いておもわず「あああああ!!」という変な声を出してしまいました。

そうです、彼女らを含めここ20年日本で生まれ育った世代はずっとデフレでインフレを知らないのです。これを聞いたわたしは、若い世代は決して欲がないわけではなくお金の価値を敏感に感じ取る能力があるのだと確信しました。

若者は買いたいものものがないわけではない

我々より上の世代は若者が消費しないことを「○○離れ」など呼びます。自動車離れ、腕時計離れ、ゴルフ離れ、飲み会離れなどなど。今の若者はそういうものに興味がなく、お金を使わないなどといわれています。ほんとうにそうでしょうか?

いまのそういう消費しない若者はデフレの日本で生まれ育った直球ど真ん中世代です。待っていればお金の価値が上がり商品が安くなる。彼らはお金の価値が下がることはありえない。生まれてからいままでずっとそういう状況なのです。だから商品が安くなり、お金の価値と商品の価値が釣り合えばお金を出します。いまはまだ欲しい商品が値段と釣り合っていないデフレだと直感的に気づいているのです。

そんな状態で私達を含む上の世代が上から目線でお金を使え、と言っても無理なのです。

若者にお金を回さないからお金の価値が下がらない

今の若者世代の口癖はこうです。

「給料が安い」

そのとおり、企業は若い世代の労働力を不当なほど安く買い叩いているのが事実です。企業が若者にお金を渡さないから、更にお金の価値を高める意識が働きさらにお金を使わなくなるのです。

企業も苦しいから給料を増やせない?そんなばかな、現在の日本の企業の内部留保は過去最高レベルです。

何かあったときは内部留保でやりくりするため、内部留保がないと不安だ?倒産するレベルの何かがあったらそのときは日本政府が救済策を出します。安心して従業員の給料を増やしてください。

大きな消費者層である若い世代がお金はたくさんあるという意識にならなければあなたの会社の商品も売れませんよ?

若い世代がお金を使いだしたらデフレ脱却した証拠

若い世代はちゃんと物の価値、お金の価値を感覚で理解しています。お金の価値はデフレだからお金を使わないでとっておけば将来的に商品が安くなって得をする。

企業が給料を上げて若者にお金を回し、お金をいっぱい持っている状態にする。そうすればお金の量が増えているので感覚的にお金の価値が下がっていることに気づくはずです。お金の価値が下がるインフレになればデフレ時代の感覚が薄れ、お金は時間とともに価値が下がっていくと理解します。そこでやっと物欲のないと言われる若い世代も、お金を持っているだけだと損するので消費に回すでしょう。

若い世代が貯蓄より消費や投資に意識が向き始めたときこそが、本当のデフレ脱却なのです。そのためにはそこの社長さん、もっと若い世代の給料を増やしてください!よろしくお願いします!

トラブルを避けるコスト

アイキャッチ

みなさんこんにちは、トラブルに巻き込まれず毎日平穏に暮らしたいモズークです。

出費を減らすために節約する、それは素晴らしいことです。ですが節約を重視してしまうことにより、トラブルの起こるリスクを高めてしまっていることもあります。せっかく一所懸命位節約しても一回のトラブルで苦労が水の泡。そんなことにならないようにはどうしたらいいのでしょうか?

今回はそんなトラブルを避けるために払うコストについて書きます。

近所のふたつのスーパー

わたしの家の近所にはふたつのスーパーマーケットがあります。

  • 一つは大きめのチェーンが経営してる大型スーパーA
  • もう一つは店舗は大きくないスーパーB

スーパーAは店舗が広い道に接していて入り口も多く、駐車場も広くて自動車で行っても安心。そのかわり全体的に商品は少し高めです。

スーパーBは駐車場に細い道からしか入ることができず入り口も少ない。駐車用の通路も狭めで自動車が停められる数も少なめです。そのかわり商品はスーパーAに比べて安いです。

あなたならどちらのスーパーに行きますか?

お金で安全を買ったほうが安くつく

わたしなら自動車で行きやすいスーパーAに行きます。

スーパーBはたしかに商品は安いですが、駐車場はいつも混雑しています。そのため接触事故を起こす確率は高くなります。絶対に接触事故を起こさない自信があればいいのですが、相手の自動車がぶつかってくる場合もあります。もし車をぶつけてしまうとせっかく安い商品を買って節約したのに、修理代でそれを上回る出費になってしまいます。

たしかにスーパーAでも接触事故を起こす可能性は否定できません。しかしスーパーBの駐車場より広く事故を起こす確率が低いのは明らかです。より安全な方を選ぶのはトラブル回避の基本です。

商品の高さはコストとして割り切る

自動車で接触事故を起こしたら運が悪ければ数万円以上になります。運が良くて修理費用が相手持ちになったとしても、修理にかかる時間や手間はあります。

数年間で安い商品の購入で節約した額 < 一回の接触事故を起こした場合の自動車の修理費や時間や手間

よっぽど商品の値段の差がない限りは上のようになると思います。わたしは接触事故を起こして生じる出費や時間や手間を考えれば、少しくらいの商品の高さはコストとして割り切ってしまいます。自分の愛車が傷つくのも耐えられないという理由もあります。

なにがコストなのかを考える

この場合、比較しているのは節約で得られる額と自動車の修理にかかる額です。ではスーパーBへ自動車で買い物に行くのではなく、自転車で行った場合はどうでしょうか?

数年間で安い商品の購入で節約した額 > 自転車で接触事故を起こした場合の自転車の修理費や時間や手間

自転車の修理費は最悪買い替えたとしても2万くらい(ママチャリ)かと思います。しかも自転車と自動車が接触した場合は自動車が修理費を払う場合がほとんどでしょう。この場合は安い商品のスーパーBへ行ったほうが得になる、と思いますか?

自動車と自動車が接触事故を起こした場合は自動車同士なので乗っている人が怪我することはほとんどないでしょう。ですが自転車と自動車の接触事故の場合、自転車に乗っていた人は運が悪ければ骨折、打撲、最悪死ぬこともあります。命を落とすことはいくら払っても取り返すことはできません。

もう買い物に行かないことが一番ですね。・・・というわけにもいきません。飢えてしまいます。

より安全な方を選ぶ

話がおかしくなってしまったので無理やりまとめます。

安さを求めてトラブルの確率が高まるならば、コストを払ってでも安全な方を選ぶほうがよい

これが一番言いたかったことです。

あと自転車に乗るときは安全に気をつけて乗ってください。これもとても大事なことです。

それでは買い物を楽しんで!

100万円貯めることができれば1000万円は目の前

アイキャッチ

みなさんこんにちは、お金大好きモズークです。でもなかなかお金って貯まりませんよね。わたしも最初はそうでした。なぜなかなかお金を貯めることができないのでしょうか。

お金を貯めるコツは習慣化することです。習慣化するためにはまず100万円貯めることに挑戦してみましょう。そして100万円を貯めるころにはお金を貯める習慣が身につきます。お金の貯め方を習慣化することさえできれば、1000万円に増やすこともそれほど難しくありません。

今回はサラリーマンがお金を貯める習慣を身につける方法を書きます。

貯蓄用の口座を作る

給料が振り込まれる銀行口座とは別に貯蓄用の銀行口座を作りましょう。

経験上生活費や引き落としの銀行口座と貯蓄用の口座が一緒だと、なかなか貯蓄額は増えていきません。できれば引き落とししにくい証券口座でも作ってそこに入れておきましょう。証券口座に入れておけばお金を下ろすとき、証券口座→銀行口座→ATMとワンクッション入るので手間が増えます。人間の面倒くさがりな性格を利用してお金を気軽に引き落とせないようにするのです。

使う前に口座に入れる

今日は嬉しい給料日、あなたは給料明細をみながらこう考えます。

「今月は3万円貯金できるように節約してお金を使おう。そして残ったお金を貯蓄用の口座に入れよう。」

では来月の給料日前に残金はどうなっているでしょうか?ちゃんと3万円残せているでしょうか?

答えはたぶんノーです。

人間は欲しいものや贅沢などの欲求に弱い生き物です。余ったお金を貯金しようなんてまずできません。

そうならないように給料の1~3割、手取り20万円だったら2~6万円を給料日当日に貯蓄用口座に入れてしまいましょう。そんなに引いてしまったら生活できないという声もあるでしょうが、意外と数万円少なくても次の給料日まではなんとかなるものです。もしやってみて無理だった場合は、貯蓄用口座に入れる額を少し減らせばいいだけです。

1年で100万円貯めたいなら毎月8万円

よし!1年で100万円貯めてやるぞ!という方もいるでしょう。その心意気や、よし!です。

毎月8万円貯めれば1年で100万円達成です。毎月8万円がきついなら半分の毎月4万円で2年で100万円になります。わたしの場合は実家に住んでいたので毎月6万円でボーナスの月は+20万くらい貯蓄用口座に入れることができたので1年以内に貯まりました。

そして貯蓄額が100万円を超えたらもう無駄なお金の使い方をしなくなっているはずです。100万円貯めたことにより、お金の上手な使い方と貯め方が習慣化されたからです。

100万円あれば投資家の入り口に立てる

貯金100万円を達成したあなた、おめでとうございます。あなたは投資家としての入り口に立つことができました。100万円貯めることによって確実にお金を出すより入れる意識が強くなっています。この習慣を続けることでもう貯蓄が大きく減ることはなくなるでしょう。

ここまできたら貯蓄を投資に回すことで資産にすることも可能になります。10万円では株式市場で株を買おうにも選択肢が殆どありません。100万円あれば株式市場でほぼ全種類に近い株を選ぶことができます。あとは貯金を増やす→投資に回す→資産がお金を生むのサイクルさえ出来上がってしまえば、1000万円まではすぐです。

わたしの場合は株の資産額が300万円をこえたあたりから、再投資による資産増加の加速を実感できました。そのままアベノミクスの初動の株高で資産は数倍になりました。たしかに運が良かったのもありますが、やはり最初の100万円がなければアベノミクスの恩恵にはあずかれませんでした。

お金を貯める習慣まとめ

  • 引き落としにくい貯蓄用の口座を作る
  • 給料日当日に貯蓄用口座に入金する
  • 100万円を貯めるまでの期間を決めて入金する額を決める
  • 100万円を超えたら投資に回す

よほど高給取りでもないかぎりは100万円貯まるまで1年以上かかるでしょう。その間に株式投資の勉強をしておけばベストですね。

それでは投資を楽しんで!!