リバモアの株式投資術

リバモアの株式投資術

ジェシー・ローリストン・リバモア 著
小林利明 著
長尾慎太郎 監修
増沢和美/川添寿美子 訳

リバモアの投機手法に共感はできないが、哲学は同意できる
投機はしないが損切りの重要性に気づいた
ソフトカバーなので読みやすい

おすすめ度 ☆☆☆☆

ジェシー・リバモアって誰?

ジェシー・リバモアという名前はたまに聞くことはありました。ですが何をやっている人物なのかは知りませんでしたし、知ろうともしませんでした。

その理由は投資手法については、わたしにはすでにウォーレン・バフェット、フィリップ・フィッシャー、ピーター・リンチという3人の心の師匠がいたので、ほかの投資家や投機家のことを知る必要がなかったからです。

ではなぜこの本を読んだのかと言いますと、本がソフトカバーだったからです。いやいや、マジです。私自身はハードカバーってあんまり好きではないんですよ、なんか読みづらくて。その点、ソフトカバーならページもめくりやすいので好きです。

パンローリング社の投資家に関する本は大体がハードカバーでしかも高い。なのでなかなか本屋で手に取ってみようとは思いません。ですがこの本はソフトカバーだったので、パンローリング社の本とは気づかずに手に取りました。

なので偶然本屋で手に取ったソフトカバーの本がこの本だったということです。

投機には共感できないが

わたしの投資手法は基本的に長期投資です。ファンダメンタルズを調べて、長期的に成長していくと思われる企業の株を買うという戦略です。なのでこの本のジェシー・リバモアの投機手法には共感できませんでした。

ですが哲学においては共感できるところもありました。

  • 自分以外を信じるな。
  • 自分のルールを守らなければならない。
  • 感情的になってはいけない。

などです。

ここでこれらのことについては書きませんが、リバモアについては共感できるところとできないところ、両方があるということです。

そりゃそうですね。人間とは0か1かではなくて、その中間なのが当たり前ですから。

損切りの重要性がわかる

いままでわたしは損切りは不必要だと思っていました。ちゃんと企業を調べて買えば、株価の下落はただの押し目でナンピン買いのチャンスだと思っています。これはファンダメンタルズ重視の長期投資の私の考え方です。

リバモアの場合は最初から損切りラインを決めてトレードします。そんなの当たり前やんと言われると思いますが、いままで短期トレードを真剣に勉強してなかったので、この本を読んでその重要性がやっとわかりました。

ただそれはリバモアの手法のルールで、わたしのルールとは違います。ただ、それだけ。

これで世間一般のトレーダーが、よく損切りは重要ということを言うのかがよくわかりました。これはこの先のわたしの投資にも役立つと思います。

また、この損切の考えで思い当たるアイデアが浮かんできたので、それもそのうち記事にしたいと思います。

結論としては、リバモアの投機という手法に共感はできない。ですが哲学は共感できるところもあったし、新しい投資アイデアも浮かんでくるという、わたしにとってかなり有益な本でした。

なによりソフトカバーがいい。

【書評】めざせ「億り人」!マンガでわかる最強の株入門

めざせ「億り人」!マンガでわかる最強の株入門

安恒理 著
吉村佳 画

マンガ部分は腹が捩れるほど面白い
マンガでわかるというタイトルだが、マンガでよくわからない
株式投資の入門書としてはあまり役に立たない
パンサー川島

おすすめ度 ☆☆☆

株式投資に興味をもつきっかけにはなる

世の中にはマンガでわかる○○という本が溢れてますが、これもその中の一つです。この手の本はマンガの作画レベルがピンキリですが、本書は作画レベルは高めです。しかし残念ながら、これを読んでも株式投資の役には立ちません。

ただ株に興味のない人に株って面白そうという印象を与えることはできるでしょう。つまり株式投資に興味をもつきっかけを与える点においては成功しています。

そういう意味ではインベスターZと同じ立ち位置の本です。

パンサー川島は反則

立ち読み数ページでパンサー川島という名前のキャラが出てきて書店で変な声が出てしまいました。その1点だけで即買い決定。おかげでレジでお金を払うときも、笑いを堪えるのに必死でした。たぶんレジの人には薄笑いの変な顔した変態だと思われたでしょう。

Twitterでいわゆる株クラスタといわれる方々のやりとりが微妙にリアルで、そこも面白いところです。よっぽど株クラの観察をしていないと出てこないストーリーで、イナゴについてもちゃんと書かれています。株クラをテーマにしたギャグ漫画としてならとても面白いです。

キャラもかわいいので、萌えマンガとしても及第点。しかし現実は美少女アイコンの中の人はおっさんなのよね・・・と遠い目をしながら読みました。

マンガは強力な武器

作画やストーリーで楽しみながら勉強できるというのは、マンガの強力な武器です。どんなに難しそうな内容でも、マンガならとりあえず読んでみようという人はたくさんいます。

ナニワ金融道やカバチタレ!やミナミの帝王などで金融や法律に対して興味をもった人も多いと思います。たしかにマンガですべての知識を得ることはできません。ですがマンガで興味を持つことができれば、さらに勉強しようと本格的に専門書を読むきっかけにはなります。

この本で株式投資に興味を持つ人が増えたらすばらしいですね。

【書評】生涯投資家

生涯投資家

村上世彰 著

村上ファンド事件とはなんだったのかという疑問の一部が紐解ける
村上氏の投資スタンスに共感
企業に積極的に働きかける「もの言う株主」の捉え方が変わった

おすすめ度 ☆☆☆☆☆

当時はよくわからなかった村上ファンド事件

村上氏がインサイダー取引の容疑で逮捕されたのは2006年です。それはちょうどわたしが投資を始めたばかりのときでした。

ライブドショックも同時期だったと記憶していますが、どちらが先でどのような関係があったのかという時系列や関係性はよくわかりませんでした。

当時はテレビでヒステリックに村上氏のことを悪者にする報道が流れていたと思います。母と二人でテレビをみながら、母に「この人みたいな守銭奴になっちゃいけないよ」と言われた記憶があります。しかし投資を始めたばかりのわたしはインサイダー取引がなんなのかすらわからず、なぜこんなに連日テレビで放送しているんだろうくらいの感想でした。というかまるで興味がなかったという方が正しいでしょう。

あれから10年以上経って、今この本を取って読んでみた感想は「この人、ハメられたんじゃないかな?」というものでした。たしかに本著は村上氏視点から書かれていますので、そのような印象になるのでしょう。ですが今の加計学園の報道と同じく、ある組織や誰かの意図でむりやり悪の印象を植え付けられて、真実を歪められたというのがわたしの感想です。

マスメディアや獣医師会などの既得権益側に手を出すと、各方面からむりやりこじつけで悪者にされ、社会から事実上抹殺されてしまうのは今も昔も同じなのかとちょっとがっかりします。

投資家としてのスタンスに共感できる

村上氏の投資スタンスは「もの言う株主」という印象があります。

その「もの言う株主」の印象はテレビや新聞の報道で、企業からむりやり配当を出ささせたり、会社を乗っ取るという印象操作をされていました。ですがこの本を読めば、「株主軽視の傲慢経営をしている企業」に「もの言う株主」だったと読み取れます。

つまり「もっとやれるのになぜやらないんだ」という叱咤激励なのです。実際はどうかはわかりませんが、わたしも個人投資家の端くれなのでこの投資スタンスは共感できます。

これは数日前に読んだ『【書評】これが長期投資の王道だ』の著者で同じくファンドを運用していた澤上篤人氏の、企業を応援するスタンスとはまったく逆に見えます。ですがこれは作用する方向が違うだけで、本質的には企業を良くしたいという思いは同じであると気付きます。

この二人の投資家としての投資哲学にはわたし自身もおおいに学ぶところがあり、またおおいに共感できます。

読み物としてもおもしろい

この本の作りはハードカバーで、文字もやや小さめでありページ数も結構あります。表紙は真っ黒でいかにも読みにくそうな感じです。それでも中身は大変読みやすく、また内容が面白いのですんなりと読み終えました。元官僚だから文章が読みやすいとか、そんなわけはないのでしょうが、いままで読んできた中ではかなり読みやすい部類の本に入ります。

しかも読み物としてだけではなく、投資哲学の参考としても勉強になります。株式投資の初心者はもちろん、ベテラン投資家ならなお面白く読めると思います。

正直この本を読まなかったらインサイダー取引をしたという悪い印象のまま、村上氏に対してあまりいイメージを持たなかったでしょう。しかしそれは投資家という視点から見れば間違いだったと気付きました。

今でも村上ファンド事件当時の印象のままの人もかなりいることでしょう。そういう人にもぜひ一度読んでもらって、どこに真実があるのかを自分の頭で考える。

そして巷にあふれているフェイクや印象操作をまずは疑い、うかつに簡単には信じないようにする。そんな機会を与えてくれる良書です。

【書評】これが長期投資の王道だ

これが長期投資の王道だ

澤上篤人 著

個人的に考えが違うところもあるが、多くの面で共感できた
銭ゲバ連呼しすぎ
ファンドマネジャーにありがちな自分とこのファンド紹介がなくて好感

おすすめ度 ☆☆☆☆

みなさんご存知さわかみファンド

本屋に行ったらこんな本が出ていたので買ってみました。

著者の澤上篤人氏は投資をかじったことがある人なら名前くらいは知っていると思いますが、さわかみファンドを運用しているさわかみ投信の創設者です。

さわかみファンドといえば目先の利益にとらわれない長期投資という印象ですが、その運用哲学は詳しくは知りませんでした。ですがこの本によってその株式投資に対する思いの片鱗を感じることができました。

その内容は本を買って読んでもらうとして、面白かったのがとにかく投機家や短期の投資家を「銭ゲバ」とこき下ろしているところです。わたしも常々小さな値幅でりざやを稼ぐような投資家にあまり良い印象を持っていなかったのですが、それを澤上氏は「銭ゲバ」とバッサリやってるところは流石だと思いました。

しかも1回だけでなく何回も「銭ゲバ」「銭ゲバ」「銭ゲバ」と連呼しています。よっぽど近視眼的な取引が嫌いなんでしょう。

あと気付いたのは澤上氏の執筆スタイルは「大事なことなので2回書きました」ということです。「あれ?これさっき読んだ文章と同じことが書いてある」と思うこともありましたが、たぶん意図的にやっているのでしょう。大事なことをを繰り返し繰り返し書くことで、読者に「これは大事なことだな」と気付かせるようにしているのでしょう。

これは初心者にも読みやすい配慮だと思いました。

後半になるにつれて熱量が上がっていく

最初の方は初心者にやさしく説くように書かれているのですが、後半になるとだんだんと文章がヒートアップしているという印象を受けました。

とくに生活者個人個人が日本企業のオーナーになるという大きなビジョンを説明するときは、まるで目の前で熱くなった澤上氏が語っているかのように感じました。おそらくここら後半の部分が澤上氏がいつも考え、そして実現させたい部分なのでしょう。わたしも日本の個人が日本企業の大株主になるというのは常に願っていることなので、大いに共感しました。

ただところどころ考え方が違うところや、ミクロ経済とマクロ経済の考え方がわたしとの違いがあったりしました。売買のサイクルなどはわたしの投資手法とは違う考え方でした。もちろん同じ長期投資家だとしても細かいところで考え方の違いはありますので、これは当然だとおもいます。

ファンドのことには触れず

他にわたしがいいなと思ったところは、さわかみファンドの運用側なのにファンドのことについてのセールスみたいのものが出てこなかったことです。

誰とは言いませんが他のファンド運用者の著書などを読むと、ファンドの運用方針や哲学もほどほどに自分のファンドのセールスをするものもありました。そのときは、「なんだ結局自分のファンドを売り込むための本かよ」とがっかりしました。

ですが澤上氏のこの本はそういうことはなく、むしろファンドのことには全く触れません。ブックカバーの帯には「年利5%を18年続けた云々・・・」と書かれていますが、帯の煽り文句は出版社の仕事なので澤上氏はノータッチだと思われます。つまり宣伝目的ではなく、純粋に長期投資について書かれた本ということです。

そういうところに、長期投資家としてのこだわりと強い信念を感じました。

文字も大きめで読みやすく内容は投資初心者にもわかりやすいので、長期投資について詳しく知りたいという人は読んでおいて損はない本です。

【書評】戦争にチャンスを与えよ

戦争にチャンスを与えよ

エドワード・ルトワック 著
奥山真司 訳

今現在日本の周辺の情勢を戦略という観点から書かれている
加えて戦略的なエッセンスが随所に含まれていて大変参考になる
しかも安い
とにかく安い

おすすめ度 ☆☆☆☆☆

なかなか過激なタイトル

ご覧のとおり、なかなかエッジの聞いた過激なタイトルです。

戦争に嫌悪感を抱く普通の人ならば、本屋で眉を歪めてスルーしてしまうくらいでしょう。しかし内容はいたって真面目であり、今現在日本を取り巻く東アジア情勢を中心に戦争の役目、介入の功罪、戦略の矛盾性、北の独裁者の髪型などについて書かれています。

戦略的な内容の本というのは概ね小難しくなってしまうのですが、本書は訳者である奥山真司氏によるエドワード・ルトワック氏へのインタビュー内容をわかりやすく噛み砕いて書かれているため、大変読みやすいです。しかもこのルトワック氏は肘鉄で人を○したとか、誰かの髪型は酷いとか、むかしはワルだったとか、結構武闘派でおもしろいおっさんです。

それでいて戦争や難民問題に対しては、非常にリアリストな目線で問題の本質を鋭く考察しています。タイトルでもある2章の「戦争にチャンスを与えよ」とは彼が昔書いた論文です。戦争は平和をもたらすという役割があり、無責任な介入をすると無駄に戦争を長引かせてしまいます。このため、生半可な気持ちで大国が小国の紛争に介入してはいけません。

また、難民への援助が逆に難民を永続的に縛り付けてしまうということも論じています。これを読むとたしかにそうかもしれない、と納得してしまうものがあります。

パラドキシカル・ロジック

この本で面白かったのは6章の紛争時に働く「パラドキシカル・ロジック(逆説的論理)」という考え方です。相手がいないときは最善の方法で最短距離を行くほうが最も早く物事を成し遂げられるが、相手がいると裏をかき回り道して行ったほうが最善となるという論理です。(あってる?)日本にも「急がば廻れ」という言葉もありますね。

戦略においては常にバカ正直に物事を行うのではなく、常に相手の行動を考えて裏を取るようにしなければいけません。前回と同じ方法は相手には通じなくなっているのです。聖闘士には同じ技は通用しないことはもはや常識!と同じですね。

この本でエドワード・ルトワック氏が安倍首相と会談したとの旨が書いてあります。おそらく中国に対する戦略などを話し合ったのでしょう。もちろんこの本が出版された直後に中国の軍関係者は翻訳し、研究していると思われます。

しかしパラドキシカル・ロジックの論理からすると、すでにこの本で書かれている中国に関する対策などは陳腐化というか囮みたいになっていて、その裏を書く戦略が構築されているのは想像に固くありません。実際にエドワード・ルトワック氏の前著である中国4.0からみて、本書では中国に対する対策の意見は変更されています。そう考えれば、同じように本書の対策はすでに中国の裏をかくように次のステージに移っているとみるのは当然です。

また、戦略において大国は小国と戦争をする場合、大国は小国に勝つことはできないなんていうのも書かれています。これをみたら「ん?どゆこと?」と思うでしょうが、本書を読んでみればいまの安倍首相の外遊も、なるほどなーとうなずくと思います。

良い本なのでとりあえず読んでみたら?

何度も書きますが、本書は現在の日本を取り巻く東アジア情勢を戦略という視点から書かれています。インタビューの日付を見ると去年の10月に行われたようですが、いまこそ知っておきたい内容であり全く古びてなどいません。また各所に戦略の本質が散りばめられており、繰り返し読むことで抽象的な戦略の輪郭がうっすらと見えてきます。

戦争と聞いただけでアレルギーを起こして何も考えない人もいると思いますが、平和を求めるのならばこそ戦争について考えて置かなければいけません。たしかに戦争で命を失うことや都市や街や家を破壊しすることは、まぎれもなく悪です。だだ戦争とは望む望まないにしても起こってしまう可能性は常にあり、もし起こってしまえば速やかに対処し終わらせることが平和への回復を早めます。

そのためには政府に任せきりにせずにわたしたち個々人が戦略という視点を持ち、世界情勢をみていくことが必要なのではないでしょうか。本書はその入口として大変読みやすく、読めば読むほど戦略的な視点を養うことができる良書です。もちろん戦略的な視点は投資にも役立ちますよ。

そしてなによりこの内容で定価が800円(税抜き)と安いのもいいですね。まさに圧倒的コストパフォーマンスです。