磯野~国外資産5,000万円以上は申告義務があるってよ

みなさんこんにちは、モズークです。

今年から本格的に米国株投資を始めたにわかのわたしですが、米国株投資の出口戦略はすでに考えてあります。

それは「米国資産が年末の時価で合計5,000万円を超えないようにする」です。

理由を申し上げますと、国外財産が年末時に日本円換算で5,000万円を超えていたら申告義務があるからです。なにそれめんどい!特定口座なら申告不要なのが株式投資のいいところなのに!!

海外資産5,000万円の壁

国税庁のホームページで調べるとこうあります。

No.7456 国外財産調書の提出義務
居住者(「非永住者」の方を除きます。)の方で、その年の12月31日において、その価額の合計額が5,000万円を超える国外財産を有する 方は、その国外財産の種類、数量及び価額その他必要な事項を記載した 国外財産調書 を、その年の翌年の3月15日までに、所轄税務署長に提出しなければなりません。

ザ★め・ん・ど・い

極度のめんどくさがり屋のわたしが、こんなことやりたいはずがありません。いや、やったことないのでどんな感じなのかは知りませんが、たぶんめんどい。

解決策は年末までに米国株の時価が5,000万円超えそうな場合、株を適当に売り払って4,500万円くらいにします。

基本的に米国株からはドルで配当が入りますので、それで米国株を買う。そして5,000万円以上になりそうなら株を売って円にする。

そんでもって日本円にした分で楽天バンガードの投資信託を買います。日本で買える米国株の投資信託は日本資産なのでこれでオーケー。これがわたしの米国株投資の出口戦略です。

別に日本株買ってもいいですけど。そのときの相場次第ですね。安いほうを買う。完璧な戦略です。まだこっちのがめんどくさくない。

まだまだ先だけど

ただちょっと不安なのが、この先国外資産の申告額を下げてくる可能性があることです。今は5,000万円ですが、いずれは3,000万円、2,000万円と下げてくる可能性もあります。

そうなっても年末に調整して売ればいいのですが、投資額が減るので米国株で投資をする旨味が薄れてしまいます。最悪米国株を年末に売って年初に買う、なんてこともやる必要があるかもしれません。

もともと海外の口座や土地を持っている人把握しにくい資産を把握するための制度です。日本の証券口座で持っている資産は、証券会社に問い合わせれば把握できるはずです。

なので日本の証券会社の特定口座で保有している国外財産は申告不要にしてくれませんかねぇ?証券会社が代理で申告すればめんどくさくなくていいじゃないですか。

いまのところは米国株の資産合計はやっと500万円くらいなので、こんな心配は必要ないのかもしれません。ですが米国株投資の金額の上限が5,000万円とわかっているので、あとはひたすら5,000万円の目標に向かってレッツラゴーです。

あと10年はかかるな・・・

それでは投資を楽しんで!!

池上彰のやらせ騒動で得られる教訓

みなさんこんにちは、モズークです。

ここ最近ネットで騒がれているのが池上彰のやらせパクリ問題です。

問題のそのテレビを見ていないのであまり詳しくはわかりませんが、池上彰が司会(?)を務める番組で、安倍総理を貶めるかのような発言を劇団の子供に言わせていたらしいですね。いわゆるやらせ、仕込み問題ですね。

テレビ局側は劇団の子役でも子供自身の意見と言い訳しそうですが、おそらく世間はそう見ないでしょう。わたしが小学校の頃なんかニュースなんか見ませんでしたし、総理大臣の名前なんかもちろん知りませんでした。

お子さんがいる親は自分の子供を見て、政治のニュースを興味深そうに見ていますか?まあそういうことです。

それに付随して池上彰のパクリ疑惑がSNSで暴露され始め、博識な池上彰のイメージはあっさりと崩れ去っています。もともとアナウンサーだったので、ペーパーを読むことは得意だったんでしょう。番組制作者側は都合のいいスピーカーとして優秀なので使いやすかったのではないでしょうか。

あの人が言っているから安心は危ない

そんなスピーカー池上彰のことはどうでもいいとして、このくだらない騒動からでも得られる教訓があります。

テレビでいつも見ているあの人が言っているから正しい情報だ、とすぐに信じてしまうのは危険ということです。

同じようにSNSでフォロワーがいっぱいいるあの人が言っているから正しい情報だと信じてしまうのも危ないです。特に株クラスタにいるフォロワーが多くて、企業名を連呼するような人は絶対に信じてはいけません。

そういう人には熱狂的な信者というか、支持者がいますが、池上番組の劇団員の子供と同じで一般投資家を装ったグルかもしれません。知らんけど。

自分の頭で考える

しかし実際に世の中は、あの人が言っているから正しいと考える人が多すぎます。人を疑うことができない純粋な人といえば聞こえはいいですが、自分の頭で考えることのできない人は相場ではカモです。

株式投資をはじめ相場の世界は斬った張ったの世界で、うかつに人を信じるとお金を簡単に失います。損をしたくなければ、誰が何と言おうと自分の頭で考えることが必要です。

自分の頭で考え、自分の目で情報を調べ、自分の判断で決断する。それができない人はまず間違いなく相場から退場していくでしょう。

もちろんわたしの言ってることも信じてはいけません。無職で平日昼間からブラブラしてるようなおっさんの言うことなんか聞いたら、そりゃ損するに決まってるじゃないですか。

そんなわけでみなさん、自分の頭で考えて投資を楽しんで!

だろう運用とかもしれない運用

みなさんこんにちは、モズークです。

今回は投資においての危機管理としてのだろう運用と、かもしれない運用について書きたいと思います。

自動車免許を持っている方は自動車学校で、だろう運転とかもしれない運転というのを学んだかもしれません。自動車の運転というのは便利や移動のスピードと、事故を起こすリスクを天秤にかけているといえます。

自動車というものは普通に運転しているだけでも事故を起こす可能性が必ずあります。気を付けて運転すれば見通しの悪い交差点では徐行するとか、右折左折では死角を意識したりして事故の可能性を低くすることはできますが、事故の確率をゼロにすることはできません。

だろう運転とは見通しの悪い交差点でも何も飛び出してこないだろう、左折時に死角に自転車や原付なんかいないだろうと事故の可能性を甘く見る行為です。

逆にかもしれない運転とは見通しの悪い交差点では車や人が飛び出してくるかもしれない、左折時に自転車や原付が死角にいて巻き込むかもしれないと事故の可能性を常に考えている行為です。

どちらが事故を起こしやすいかといえば、いうまでもなくだろう運転です。運転の上手い事故の少ないといわれる人は、ほぼ間違いなくかもしれない運転です。

だろう運用

さて前置きが長くなりましたが、これを投資に応用してみます。

この株は必ず上がるだろう。だから信用枠いっぱい買っても追証にはならないだろう。

こんな気持ちで投資(投機?)をしていたらまず確実に追証になります。

自動車で例えると、この道は安全でパトカーが巡回していないだろう。だからスピードを車の限界まで出して大丈夫だろう。

こんな感じです。運が良ければ目的地に早く着きますが、結果はパトカーに見つかって免許取り消し、もしくは電柱や他の車とぶつかって事故。すなわち死です。

これはわずかな時間と自分の命を天秤にかけているようなもので、リスクに対して得られる結果が割に合わない気がします。

株式投資ならわずかな利益と引き換えに追証ギリギリで取引するようなものです。

かもしれない運用

ではかもしれない運用はどうでしょうか。

この株は下がるかもしれない。だから信用枠いっぱい買ったら追証になるので控えめに買っておこう。

これも自動車で例えると、この道は危険かもしれないしパトカーが巡回してるかもしれない。だからスピード控えめで安全運転で行こう。

この結果は目的地に早く着かないかもしれませんが、警察のお世話になる可能性や事故の可能性は低くなります。

株式投資なら手っ取り早く儲けることはできませんが、追証の可能性も低く抑えることができます。

ふつうに考えれば買った株が必ず上がるわけはないので、手堅く追証になりにくい、かもしれない運用でいくのが当然でしょう。むしろ信用取引も利用しないくらいのほうがいいかもしれません。

どちらもリスクはゼロにはならない

とはいえいくら自分が気を付けていても、投資の世界は何が起こるかわかりません。

  • 災害が起これば下がる
  • テロが起これば下がる
  • 他の国が破綻しそうだとニュースが出れば下がる
  • 大統領がツイートしたら下がる
  • 何もないのに下がる

ぶっちゃけクソゲー並みの理不尽な動きをするのが投資の世界です。こんなときにはだろう運用だろうが、かもしれない運用だろうが関係なく資産は減りますが、生き残る可能性が少しでも高いのはかもしれない運用です。

自動車なら想定外の事故が起きても、最悪自動車保険に入っておけば破産する可能性はかなり抑えられます。無保険は自分は事故を起こさないだろうという、だろう思考ですね。

投資の世界には自動車保険のような便利なものはなく、自分で逆の売買をしてヘッジするか、CDSのように破綻したら儲かるような商品に手を出すしかありません。これはもう投資ではなく完全に投機ですが。

なので資産の運用については最悪すべてを失う取引は避け、かもしれない運用で手堅く慎重に運用するほうがよいと思います。

それでは今回はこのへんで、気を付けて投資を楽しんで!

災害に強い分散投資を考えてみる

みなさんこんにちは、モズークです。

9月初旬に関西に大きな被害を及ぼした台風21号。さらに北海道に被害を及ぼした地震と立て続けに自然災害が起こりました。

自然災害が多い日本列島に住んでいる私たちは今日や明日、いつ被災してもおかしくない状態です。また今起きていない地域、例えば東海や関東でもいつか必ず地震などの自然災害は起きるでしょう。こればっかりはいつ起こるかわからないので、災害が起きた時に備えておくしかありません。

もちろん災害によって資産にも少なくない影響をうけます。そんなときは資産の影響を最小限に抑えるために、日本の各地域への分散も視野に入れるのもありかなと思いました。

地域的な分散投資を考える

今回の関西、北海道のような地域的な災害であれば、それ以外の地域で事業活動をしている企業は被害は少なくて済みます。

理想としては全県47都道府県すべて分散することですが、魅力的な投資対象が見つからない地域もあります。また47も分散するのは分散させすぎともいえます。

なのでもし地域的な分散をするのであれば、北海道、東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州くらいで考えるのがちょうどいいでしょう。これでも7つです。個人投資家で個別銘柄を7つに分散ならば、そこそこ分散しているといえます。

ですが考えたくもありませんが国家機能が集中している首都、東京に大きい地震が起きたとします。そんな時にはまず東京に本社がある会社は機能しなくなる可能性があります。さらに首都機能が失われてしまえば、おそらく日本全土の国家機能が麻痺してしまいます。

そんなときには日本の地域だけ分散しておいても、資産への被害は甚大となります。そんな時はどうすればいいのでしょうか?

日本以外の国にも分散

東京への壊滅的な災害などで日本が機能不全に陥ったときは、もちろん世界への影響も大きいでしょう。こうなってしまうと、ある意味どこに資産を分散しても無駄なのかもしれません。

それでもやはり少しでも被害のリスクを減らすという意味では、日本以外の国への分散も選択肢の一つです。

ではどこの国に分散しておけばいいのかといえば、やはりアメリカでしょう。地域的にも日本とも太平洋を隔ててある程度距離があり、甚大な自然災害が同時に起こる可能性は低いと思います。アメリカの国土自体も広いために、西海岸と東海岸でも同時に壊滅的な災害は起こりにくいでしょう。

またアメリカは世界最大の軍事力を持っている国なので、アメリカに喧嘩を売る国は少ない上に、本土上陸される可能性はほぼゼロです。

自然災害や戦争においても強いアメリカは、資産の分散投資において有効な国です。

アメリカ以外は?

では他の国々への分散投資はどうでしょうか。

中国?冗談。

東南アジアのような今勢いのある新興国は、先進国の余ったお金が流れ込むことにより景気が良くなります。ですが先進国の景気が悪くなると真っ先にお金を引き上げてしまい、あっという間に景気が悪くなります。(わたし個人の意見です)なので分散投資するとしてもリスクを考えて資産の分散割合を低めに、多くても10%くらいに抑えておくべきだと思います。

インドは・・・?あまり調べてないのでよくわかりません。次はインドが来るといわれていますね。それでもやはり最大10%くらいにしておくのがいいと思います。

欧州・・・最近EUグダグダしてます。ドイツだけが丸儲けの状態はそんなに長く持たないんじゃないかな。知らんけど。

上記のような理由で分散するならアメリカと日本の50:50でいいと思います。アメリカには世界規模の企業が多く、アメリカに投資するだけで他の世界各国に投資していると同じ効果もあります。

ぶっちゃけアメリカが壊滅的にコケたら世界恐慌待ったなしなので、そのときは何をしても無駄だと思います。

そんなわけで今回は災害に強い分散投資について考えてみました。結論はアメリカ強いです。

それでは投資を楽しんで!

アセットアロケーションについて考えてみる

みなさんこんにちは、モズークです。

今日はアセットアロケーションについて考えてみたいと思います。

アセットアロケーションとは、アセット=資産、アロケーション=配分。つまりぶっちゃけると資産配分のことです。

でこのアセットアロケーションについて何を考えるのかというと、どんな割合が適切な配分なのか?というところです。

基本的にアセットアロケーションは大まかに先進国株式、先進国債券、新興国株式、新興国債券などに分けて構成するものらしいです。とはいえ、日本で日本国債以外の外国の債券はなかなか手軽に買うことができないので(買う気がないので知らんけど)、投資信託やETFという形で投資するのだと思います。

こうして分散投資しておくことでリスクの許容度を調節し、資産の安全性を高めるのが目的です。

先進国の株式しか買ってない

ここでわたしのアセットアロケーションを見てみましょう。

米国株式(先進国株式)、日本株式(先進国株式)、現金ほぼゼロ、以上!!

いやー、これアセットアロケーションを考える意味あるんでしょうかね?

わたしは個人的に国債などの債券はインフレに勝てない投資だと思っているので、この先買うことはありません。(あくまで個人的な考えです)

また株については新興国というのは、先進国の余ったお金が流れる場所で、先進国の景気が失速すれば真っ先にお金が引き上げられてしまうと考えています。(あくまで個人的な考えです)

なので米国株と日本株の2択しかない、という状況になっています。

とりあえず分析してみる

こんな先進国の株しかないアセットアロケーションですが、とりあえず分析してみましょう。

分析にあたってイーノ・ジュンイチさんのブログ、『投資信託のブログ|ファンドの海』長期投資予想/アセットアロケーション分析を使用させてもらいました。このツールでは、日本株式、日本債券、先進国株式、先進国債券、新興国株式を割り振ってアセットアロケーションを分析できます。

日本株式は日本株式、先進国株式は米国株式として入力してみました。あとはゼロですね。


期待リターン:4.81% リスク:20.95%
元本:7560万円 総投資額:0万円 期間:30年
(期待値:30988.6 標準偏差:46358.3 中央値:17221.3 最頻値:5318.6)

by 長期投資予想/アセットアロケーション分析


  • 30年間の総投資額は 7560.0万円 です。
  • いちばん起こりそうな運用結果は 5318.6万円 です(最頻値)。年率にして約 -1.2 %です。
  • 運用結果が 9754.5万円 以上になる可能性は高く(確率70%)、
  • もしかしたら 17221.3万円 以上になるかもしれません(確率50%)。
  • しかし、 30403.9万円 以上になる可能性はそれほど高くありません(確率30%)。
  • 期待リターンの複利では 30988.6万円 になります(期待値)。ただしその確率は 29.4% です。
  • 元本割れする確率は 22.4% です。
  • 表示される確率や金額は「連続複利年率の収益率が正規分布する」ことを前提に計算されています。

ふむふむ、一番起こりそうな運用結果が年率-1.2%とな?・・・うーむ、そうか~まいったな~。元本割れするリスクが22.4%もあります。

これをみると、どうやらわたしの資産配分は不合格のようです。日本株式の割合が高いとリスクが高いのですかね?

資産配分の割合を変えてみる

マイナス運用は困るので、資産配分の割合を変えてみます。日本株式と米国株式を半分ずつに割り振ってみます。

日本株式を売って利確すると税金が発生し資産が目減りするので、税金を500万円(適当)として残った7000万円を3500万円ずつ配分しました。債券?知らん!!


期待リターン:4.90% リスク:16.65%
元本:7000万円 総投資額:0万円 期間:30年
(期待値:29401.0 標準偏差:30964.5 中央値:20244.4 最頻値:9598.2)

by 長期投資予想/アセットアロケーション分析


  • 30年間の総投資額は 7000.0万円 です。
  • いちばん起こりそうな運用結果は 9598.2万円 です(最頻値)。年率にして約 1.1 %です。
  • 運用結果が 12869.5万円 以上になる可能性は高く(確率70%)、
  • もしかしたら 20244.4万円 以上になるかもしれません(確率50%)。
  • しかし、 31845.7万円 以上になる可能性はそれほど高くありません(確率30%)。
  • 期待リターンの複利では 29401.0万円 になります(期待値)。ただしその確率は 33.3% です。
  • 元本割れする確率は 10.9% です。
  • 表示される確率や金額は「連続複利年率の収益率が正規分布する」ことを前提に計算されています。

結果を見てみますと、運用結果が年率1.1%とプラスになりました。元本割れの確率も10.9%と約半分になっています。

もちろん可能性の計算結果ですので、必ずこうなるとは限りませんが日本株の比率を下げればリスクは減っていくことがわかりました。この先の投資の方針は米国株を増やしていく方向でいけば、資産が減るリスクを抑えられるかもしれません。(抑えられるとは言っていない)

このツールはもともと投資信託で用いるっぽいので、個別株だともっと振れ幅が大きくなると思います。それも頭において、資産配分の割合をリスクを抑える方法の一つとして参考にしたいと思います。

それでは投資を楽しんで!