7551ウェッズさんから配当をいただきました|2016年12月

こんにちは、モズークです。

今朝メールチェックをしたら、7551ウェッズさんから配当金が入金されたというメールが証券会社から届いていました。
ウェッズさん、ありがとうございます!

持ち株は16,000株で配当は1株10円の配当で合計16,000円。
そこから税金を差っ引いて127,496円入金されていました。

これで先日のシーティーエスさんからいただいた配当とあわせて約25万円再投資に使う資金ができました。
いま何を買おうか物色している最中です。

広告

ウェッズといえばアルミホイール

ウェッズのホームページをみればわかると思いますが、主に自動車のドレスアップ用アルミホイールを販売しています。
しかしアルミホイールはどちらかというと嗜好品です。
普通にディーラーで買えばメーカー標準のホイールはちゃんと付いているわけです。
車が趣味でドレスアップや外観を気にするこだわりの人以外はそうそう自分の車のアルミホイールを変えようとは思わないでしょう。

そのためお金に余裕のあるときにしかなかなか売れるような性格の商品ではありません。
そんな理由で消費税増税後の買い控えの影響をモロに受けて売り上げは伸び悩んでいます。

もうひとつホイールを交換する要因は冬のスタッドレスタイヤ用のホイールです。
冬の前にスタッドレス用のホイールは需要が高くなります。
ウェッズは毎年スタッドレス用のホイールもカー用品店などに売っていますが、これも買い控えの影響で減っていると思われます。

スタッドレスタイヤ自身は使用して摩耗したり経年劣化で買い替え需要があります。
しかし景気回復が不透明であれば、ホイールはそのままでタイヤだけ交換するユーザーが多くなります。

贅沢品のアルミホイールも、雪国では必需品のスタッドレス用ホイールも消費税増税による買い控えの影響を大きく受けているのです。

消費者の購買意欲の回復待ち

とはいえ、車にこだわりのある人はアルミホイールを変えたくなる一種の病気を持っている人は一定数います。
実際わたしの車のホイールもウェッズです。
景気が回復して給与に余裕ができれば品質が高く、デザインもよく、価格もお手頃なウェッズのホイールは売上を伸ばすでしょう。

スタッドレスタイヤのホイールにしてもこの冬の降雪量は例年より多いでしょう、というような予想が出ればスタッドレスタイヤの需要とともにホイールの需要も高まります。
雪が振りはじめてカー用品店に急いで駆け込む客も増えます。
そんな客にはスタッドレスとアルミホイールのセットもよく売れるでしょう。

いまはまだ景気回復の踊り場という感じですが、オリンピックに向けて景気回復すれば消費者の購買意欲は高まります。
そのときを楽しみにしつつ、ウェッズを保有したまましばらくおとなしく待つことにします。

それでは投資を楽しんで!

広告