7833アイフィスジャパンの3Q決算と立会外分売

みなさんこんにちは、モズークです。

先日11月9日の日本株式市場終了後に、持ち株である7833アイフィスジャパンの3Q決算発表がありました。

  • 売り上げ 前期比+11.5%
  • 営業利益 前期比+31.8%
  • 経常利益 前期比+32.8%
  • 純利益 前期比+38.2%

と業績は申し分ない結果でした。この結果を受けて、来週あたりはかなり株価が動くのではないでしょうか。

広告

立会外分売

決算発表と同時に、立会外分売実施の発表もありました。

立会外分売とは株式市場の時間外で証券会社を通じて株式を売り出すことです。一般的には立会外分売前日の株価より安い価格で売られるので、多少安く購入することができます。

ではなぜ今アイフィスジャパンは立会外分売をすることになったのか?それはおそらく株主を増やすためです。

東証一部の企業は上場維持するためにはいろいろ条件を満たさないといけません。株主数もその一つで、株主数が2,000名未満だと東証二部へ指定替えになります。

現在アイフィスジャパンの株主数は2018年6月時点で1,745名で、東証一部上場維持の株主数が足りません。そのため立会外分売で株式を売り出し、株主を増やそうとしているのでしょう。

なので今回の立会外分売で買えるのは一人100株(1単元)までとなっています。これはお金に困って大量に株を売るのが目的ではなく、株主を増やしたいという意図が見えます。

これで株主増えるかな?

この立会外分売で株主は増えるのでしょうか?個人的意見を言えば、ちょっと微妙な気がします。

たしかに今回の好決算でこの株は見直され、買われやすくなります。ですが今までも業績はそこそこいいのに、ずっとPERは10代半ばをウロウロしていて不人気だった株です。ホルダーとしての感想は単純に注目されていないと感じていました。すでに株主優待でクオカード新設も発表しているのに、です。

過去には立会外分売の発表を行ったせいで、株価が下がった例もあります。(遠い目)理由は分かりませんが、株主や市場がどう受け取るかはその時になってみないと分かりません。

なので好決算+立会外分売だけでは、あまり株主数は増えない気もします。できればもう一声、できれば同じ時期に増配か上方修正があるといいのですが。

アイフィスジャパンの立会外分売の実施は11月27日~30日を予定しています。そのころになると会社側は期末決算の大まかな数字が見えているはずです。なのでそこで上方修正を出してくる可能性もないわけではありません。

わたしが会社経営者だったらそれを狙いますが、なんとも言えませんね。もちろん期末決算でズッコケる可能性もあります。

そんなわけでアイフィスジャパンの今後の成り行きを見守るくらいしか、株主としてはできることがない状態です。

それでは投資を楽しんで!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください