7809壽屋1Q決算

みなさんこんにちは、明日は死亡確定のモズークです。

今日の引け後に保有株の壽屋の1Q決算発表がありました。結果はまさか(?)の赤字決算でした。

  • 売り上げ 前期比マイナス28%
  • 営業利益 1億1200万円の赤字
  • 経常利益 1億2100万円の赤字
  • 純利益 8700万円の赤字

となりました。うーんこれは厳しい。明日はストップ安かなぁ?

広告

フレームアームズ・ガールの一本足打法

赤字原因は前期に絶好調だった、主力のフレームアームズ・ガールに大きな動きがなかったからでしょう。ここ最近の壽屋の製品状況はこまめにチェックしていたのですが、フレームアームズ・ガールの新製品はほとんどありませんでした。

フレームアームズ・ガールの一歩足打法で起こった特需は、フレームアームズ・ガールが不調になれば売り上げが激しく落ち込んでしまいます。フレームアームズ・ガール以外ではメガミデバイスなどの商品はちょこちょこ出ていましたが、フレームアームズ・ガールを超えるような大きなヒットにはならなかったようです。

壽屋のようなプラモデル制作会社は新商品を出すまでの開発スパンがかなり長く、この1Qの期間は大きなヒット商品のないエアポケットになってしまいました。これまでは色変え商法でバリエーションを増やして凌いでいたのですが、この期間ではそれもほとんどありませんでした。

これからはフレームアームズ・ガール以外にも、版権で稼げるような強力なコンテンツを育てていくことが課題と思われます。

秋以降の新製品ラッシュで巻き返せるか

新製品の発売が少なかった今夏ですが、壽屋の製品発売予定を見てみると秋以降には新作の発売予定がかなり多い模様です。(予定は伸びる可能性が・・・)これらの製品が売れるか売れないかで今期の業績を左右しそうです。

先も述べましたがプラモデルの製品化には長いスパンが必要で、コンスタントに新商品を出すことが難しいです。金型などの先行投資による開発コストもかかり、四半期ごとの決算のように短期間ではかなり業績が不安定になります。

今期の期末決算の予想は修正していないので、2Q以降で巻き返す予定なのでしょう。来年にはフレームアームズ・ガールの劇場版の公開も予定しており、今後の動向を注視していきたいです。

しかし決算概要の「台風の影響で消費マインドが減少」って・・・壽屋さん、それってどうなの?もうちょっと真面目に分析しましょうよ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください