「おためし」は魔法のことば

アイキャッチ

みなさんこんにちは、モズークです。

仕事をしているとミスをしたりして、上司に怒られたり嫌なことがおきることがありますよね。そんなときにどうやって乗り切りますか?

今回はそんなときに使える魔法のことば「おためし」について書きます。

ほんとにどうしようもないときもあるよね?

わたしは以前工場で働いていました。職種は金属を自動で加工する機械の準備や設定、管理をするオペレーターです。機械のオペレーターといえば楽そうに聞こえるかもしれません。はい、全くもってそうでもないです。

どんなに精密に作動する機械でも人間がミスすればあっさりと壊れます。これは自分のせいなので納得するしかありません。

ところが、ミスしなくても機械の調子が悪くなることもあります。夏の温度で制御コンピューターが壊れたこともあります。冬にオイルの粘度が上がって作動部分がスムーズに動かなくなることもあります。機械といえども消耗する部品はあるので、知らないうちに部品がすり減っていたりします。意外と思われるかもしれませんが、デリケートな部分がかなり多いのです。

機械の調子がおかしければ自動で動いてる機械は停止します。ちゃんと停止すればいいのですが、何故か動き続けて不良品を大量生産なんてこともあります。そうなれば大惨事です。このように不可抗力のミスもあります。

なんだこのプレッシャーは!納品会社からの襲来

不具合が出て知らないうちに不良品が出荷され、納品する会社に流れたら、さあ大変です。品質にはうるさいと評判のカイゼン系列自動車会社、品質管理部のお偉いさん方が大挙して押しかけてきます。そりゃもうゾロゾロと大挙して。

そして悪夢のような尋問が始まります。

  • 誰の担当なのか
  • なぜこんなミスが起こったのか
  • 工程に問題はなかったのか
  • 解決方法はあるのか

お偉いさん数人に囲まれてねほりはほり聞かれます。まさに地獄です、こわいですね~。

そんな取り調べのようなことが行われたらストレスマッハです。心臓の弱いウサギちゃんだったら即死です。そんな経験を活かしてたどり着いたのは「おためし」でした。

嫌な出来事は「おためし」だとひらめく

そんなときふと、これは「おためし」だな?とひらめきました。

どんなに問いつめられても、別に死ぬわけじゃない。このお偉いさんたちも今日が終われば家に帰ります。工場に泊まっていって明日もいるわけじゃない。

こういう「おためし」でわたしを試しているな?人間をなめんなよ神々!!そんな考えに至りました。

もちろんミスなのですから改善や再発防止には取り組みますが、必要以上に気にすることはないのです。「おためし」は一定時間でなくなります。起きてしまったことを悔やむより、より良くなるよう行動する。これが大事です。

「おためし」はストレスを感じにくくなる

「おためし」を使い始めてからストレスに感じることが減りました。いわれのない口喧嘩をふっかけられても、「おためし」だと思えば向きに反論しなくなります。
急なトラブルでも、「おためし」だと思えばなんくるないさ~とやり過ごせます。うまくいかないことがあっても、無問題(もうまんたい)と流せます。持ち株が下がっても・・・これちょっと悲しい「おためし」ですけどね。

「おためし」はゲームで言ったら、本筋のシナリオには関係ないミニイベントのようなものです。解決できるならさっさと解決、できないなら無理して付き合うこともありません。

言われなくてもスタコラサッサだぜ~

それって簡単にいえば逃げでしょう?男なら嫌なことでも逃げずに戦え!逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!とか言っちゃう人もいるかもしれません。

ですが人生において90%以上のことは無理にやらなくていいことです。無理に「おためし」に付き合ってストレスを感じるくらいなら逃げましょう。ストレスはほんとに身体によくないですよ?最悪死にますよ。死んではダメです。あと、頭皮によくない。毛が抜けます。

不可抗力でイライラする時は、「おためし」使ってみてください。

テレビいりません

みなさんこんにちは、モズークです。

2011年にアナログ放送から地上デジタルテレビ放送、いわゆる地デジに切り替わってもう5年。部屋のアナログテレビは地デジに切り替わる際に捨ててしまいました。処分費用は有料でしたけど。デジアナ変換という延命処置も考えましたが結局やめました。数年寿命が伸びたところで結局そのうち買い直しすることになりますから。

それからは私の部屋にはパソコンのモニターだけでテレビはありません。ですがテレビの無い生活をして、これといった不都合は生じていません。それどころか、テレビが無いほうがいろいろと都合が良いです。

そんなわけで今回は、テレビが無いことによるメリットとデメリットを書きます。

テレビを捨てることのメリットとデメリット

メリット

  • テレビを購入する金額が必要ない
  • テレビを置く場所があき、部屋が広くなる
  • テレビの電気消費量が減る
  • 番組の放映時間にテレビの間で待ってなくても良い
  • 偏ったメディアの放送に気分を害されない
  • テレビから雑音がなくなり、静かに集中できる部屋になる
  • 変なところをカットされた映画を観なくてすむ
  • テレビ持ってませんよ、とN○Kを追い返せる(無理かも?)

デメリット

  • よく考えてみたけど、なし

はい、デメリットなしです。

こういうことを書くとお決まりのように「テレビ持ってない自慢」などといわれたりしますが、これだけメリットがあるのだから自慢してよいのではないでしょうか。

昔は話題を共有するためのツールだった

わたしが子供の頃はキン肉マンや聖闘士星矢などのアニメを見ていれば、クラスメイトとの話題に困ることはありませんでした。もし共通のテレビ番組をみていなかったらいじめられるとまではいかないまでも、会話に入っていくのは難しかったと思います。

いまは個人個人の趣味趣向が多様化してるので、共通する話題は少なくなっています。また、多様化した趣味を持つ者同士が繋がることができるインターネットがあります。それどころか情報の発信も個人でするのが当然となりました。まさに多様化の時代です。

逆に情報発信装置としてのテレビは多様性に対応しきれなくなっています。年々低下している視聴率がその証拠ではないでしょうか。

テレビはこれからどうするのか

もうテレビは必要ないから停波して、国民の財産である有限な電波を変換しろとまではいいません。ですがこのままの状態が続けば、スポンサーもテレビの広告効果を疑いはじめネットにシフトします。

スポンサーがいなくなれば、なんだかよくわからない受信料の徴収をしているN○K以外は潰れてしまうでしょう。そうなるまえにテレビ各局は生き残る変化をするべきです。いくら4Kだ8Kだと画質向上を騒いでみても、肝心の内容がへっぽこでマズイです。

個人がアップロードしたネット画像を流して番組作ってる場合じゃないですよ、ほんとに。

お金が好きですか?はい、好きです

アイキャッチ

みなさんこんにちは、モズークです。今回の記事ははお金についてわたしの考え方を書きます。

あなたはお金が好きですか?こころから本当にお金が好きですか。たぶん多くの人がお金が大好きと声に出していうことには、多少なりとも抵抗があるのではないでしょうか。

心のどこかで「お金が好きということ」は卑しいことだと思っていませんか。大金を稼ぐ人を悪い人だと思っていませんか。あの人がお金持ちなのは悪いことをして稼いだからだと思っていませんか。テレビドラマや映画の影響でお金持ち=悪人だと思い込んでいませんか。

お金が嫌いな人はいません

口ではお金がなくても幸せと言っている人でも、こころの中ではお金はあったほうがいいと思っています。でもなぜお金のことを口に出すことに抵抗があるのでしょうか。

それは貧しさは美徳、お金持ちは悪というように洗脳されているからです。お金より愛のほうが大事、そんな言葉をテレビで聞いたことがあるかと思います。大変美しい考え方ですが、現実的ではありません。

わたしはお金も愛も両方大事です。どちらかをとったらどちらかを捨てるような考え方は間違っています。

お金はただの道具 良いも悪いも使い方次第

良くも悪くもお金はただの道具です。お金そのものに良いも悪いもありません。額に汗で稼いだお金も、働かないで手に入れたお金も額面が同じなら同じ価値です。良いことで稼いだお金も、あまり褒められないことで稼いだお金も同じ価値です。

お金そのものには罪はありません。お金そのものに色はありません。お金の良し悪しを決めつけているのはあなた自身です。

悪いことをして手に入れたお金は結局なくなる

盗み、脱税、詐欺、横領、賄賂、賭博などお金儲けに対して悪いイメージの言葉はたくさんあります。そのため、お金を稼ぐには悪いことをしなければ稼げないと思っている人もいるのではないでしょうか。それが本当なら、世の中の金持ちはみんな悪人になってしまいます。

そんなことは全くありません。悪銭身につかずという言葉があるように、悪いことをして手に入れたお金は信頼を失ったり法律に触れたりして結局手放すことのほうが多いのです。反対に良いことをして手に入れたお金は信頼や評判を呼び、さらにお金を引き寄せます。

お金を嫌っていたら、お金は逃げていく

自分の勝手な価値観で良いお金と悪いお金を区別すれば、自然とお金は離れてゆきます。お金は好きな人のところに集まるというのは本当です。

人が嫌いな人のところに人は集まってきません。動物が嫌いな人のところに動物は集まってきません。同じようにお金が嫌いな人のところにお金は集まってきません。お金だって自分を好いてくれる人のところに集まりたいのです。

お金があったらなにができるかを考える

お金があればなにができますか?お金があればなにがしたいですか?

  • お金があれば生活を安定させることができます
  • お金があれば欲しい物が買えます
  • お金があれば人にプレゼントをして喜んでもらうことができます
  • お金があればいろんな場所に旅行できます
  • お金があればやりたいことができます
  • お金があればなにをやろうかと考えてワクワクしてきます
  • お金を増やすのが好きな人や、お金そのものが好きな人もいます

お金があればできることを考えるとワクワクしてきませんか?それがお金の正しい力、お金のパワーです。

お金が好きだと叫びたい

私はこころからお金が大好きです。お金が増えていくのを見るのがとても楽しいです。投資をしてお金が増えるとワクワクします。これからもワクワクし続けるために、投資をしていきます。

私はこころからお金が大好きですと言います。

貯金だけで大丈夫?忍び寄るインフレこそリスク

アイキャッチ

みなさんこんにちは、モズークです。今回は貯金のリスクについて書きます。

貯金、いい響きですね。貯金が趣味でお金が増えていくのが楽しみ、という方もいるのではないでしょうか。預金通帳に並んでいる数字を見ると気分がウキウキするのもわかります。

貯金は株や債券のようにマイナスリスクがないから安心だと思っていませんか。そんな安心財産のと思われがちな貯金は、実はほったらかしにするだけではリスクが高めです。えっ?貯金のリスクなんて聞いたことないよと思われるかもしれません。いったい貯金のリスクとは何なのでしょう?

貯金のリスク、それはインフレです。

インフレこそ最大のリスク

元本が保証されている貯金は、引き落とさなければ口座からお金は減っていきません。通帳の数字が減ってないからそのとおりです。利息も微々たるものですがちゃんとつきます。

しかし目に見えなくても確実に資産は徐々に減っています。どういうことでしょうか?実はインフレでお金の価値は年々減っていきます。

商品価値が上がることはお金の価値が下がること

そんなわけあるわけない、1万円は1万円の価値があると思われるでしょう。周りを見てください、最近買い物をして値段が上がった物はありませんか?

軽自動車は昔は50万円で買えるものもありましたが、いまでは100万円を超えるものがほとんどで、200万円クラスも珍しくなくなってきました。機能や技術が上がって商品の価値があがっているから高くなるのは当然です。それだけではなく人件費、材料費、開発費などの生産コストがあがったのも理由です。

商品の価値が上がり価格が高くなる、これは相対的に見ればお金の価値が下がっていると同じです。

日銀のインフレ目標率は年2%

日銀の量的緩和でお金全体の量は年々増えています。2016年8月現在、まだ達成されていませんがほぼ確実に将来的にはインフレになるでしょう。

日銀のインフレ目標は年2%です。これがもし達成されれば、30年でお金の価値は約半分になる計算です。単純に考えて、いま100円で買えるものが200円になります。

インフレから資産をまもるために

一所懸命働いて貯金した現金100万円が、30年後には半分の50万円くらいの価値になってしまう。そんなことになったら悲しいですよね。

銀行にお金を預けておくだけでなにもしないこと、それは目には見えない忍び寄るリスクなのです。インフレリスクを回避するためには積極的にお金を運用し、最低でもインフレと同程度の運用益を出していくしかないのです。

堅実で真面目な国民性でしょうか、日本は貯金意欲が非常に高い国です。90年代のバブル崩壊の後遺症もあり投資はギャンブル、危険、高リスクという考え方も強いです。ですが、ただ貯金しておくだけでは株や債権などのリスク資産よりも高いリスクを背負う可能性も高いです。

インフレに身を任せ資産が減っていくのをただ眺めているのではなく、将来の資産は自分の手でまもりましょう。

過去には預金の利率8%なんて時代も

余談ですが、過去には貯金しておくだけで利息が年8%ついた時代がありました。10年持っていれば貯金が倍になった、そんなおいしい話があったのです。もしこの先そんな利率になったなら、貯金だけでインフレ率を超えます。

そのときは預金しておいても大丈夫です。もちろん積極的に運用などしなくてもいいですよ。

投資信託を買ってはいけない3つの理由

みなさんこんにちは、モズークです。
今回は投資信託について書きます。

投資信託とは、お金を信託会社に預けて、そのお金で株や国債などを運用する商品です。運用している株や国債が上がれば儲かり、下がれば損をします。投資の知識がなくても少額から投資できます。毎月積み立てができたり便利な面もあります。

投資経験のない方やお年寄りなどに勧めやすく、銀行で投資信託を勧められた方もいるのではないでしょうか。

ですが結論からいいますと、投資信託は買ってはいけません。投資信託には大きな欠点が3つあるからです。簡単にですが、投資信託を買ってはいけない理由を挙げます。

その1 信託報酬がかかる

投資信託は運用担当者に委託しているためコストがかかります。もちろん運用を依頼されている人にも生活があります。仙人ではないので、無給でやってくれるわけではありません。運用で出た利益から運用担当者への信託報酬が引かれます。本来なら再投資に回せる利益が引かれるため、運用パフォーマンスが下がります。

自分で株を買った場合は持っているだけなら費用はかかりません。

その2 大きく増えることがない

投資信託は数多くの株や国債をひとまとめにして運用されています。そのため必要以上に、過度な分散投資状態になっています。数多くの銘柄に分散投資されているため、そのひとつが大きく上げたとしても全体でみれば利益は微々たるものになってしまうのです。ものすごく好調なファンドでも伸びしろは投資額の2倍くらいが限度でしょう。

自分で数銘柄の株式に投資して、そのうち一つが数倍になれば大きく資産を増やせるのとは大違いです。

その3 必ずしも運用する人間が勝てるわけではない

投資信託を運用しているのは人間です。どんなに優れた投資家でも負ける場合があるものです。しかも不幸なことに、運用している人間が優れていない場合もかなりあるのです。そんな人に運用されたファンドはどうなるか、火を見るより明らかです。

日本、いや世界中でもすぐれたパフォーマンスを出せる投資家はそれほど多くはないでしょう。いま現在、投資信託の数は星の数ほどあります。これがなにを意味するかはわかるはずです。

それでも投資信託を買いたい人にはインデックス投信

何らかの理由で投資信託を買わざるをえない場合があったとしましょう。(例えば亡くなった父の遺言に投資信託を買えとあった、夢で投資信託の神の啓示があったなど。)そんなときはインデックス投信でごまかしておきましょう。

インデックス投信がまだましな理由としては、

  • 信託手数料が安い
  • もともと大きく儲からないので気にしない
  • 人間の意思が入り込まない

と、ほんのわずかですが普通の投資信託に比べてデメリットが少ないからです。インデックス投信についてはまた詳しく書きます。

追記:インデックス投信について書きました⇒『インデックス投信の簡単すぎる選び方』

それでも個人的には投資信託はおすすめしません。投資信託は生命保険と同じで、銀行や証券会社が楽しておいしく儲けられる商品です。銀行で投資信託を勧められたあなたは、何も知らないと思われてカモとみられたのかもしれません。

それでも投資信託、買いますか?

はい、わたしは買いません。