成功よりも失敗のほうが重要

アイキャッチ

こんにちは、毎日失敗ばかりのモズークです。今回は投資において成功より失敗こそ重要ということについて書きます。

誰でもできることなら失敗はしたくないですよね。もちろんわたしもそうです。でも失敗しなければ成長しません。失敗するからこそ、やってはいけないことを自らの身で覚えていけるのです。

投資法は投資家の数だけある

いま投資について書籍やネットで情報を集めることはたやすくできるようになっています。それらの情報を集めて実践すれば資産を増やしていくことは可能かもしれません。ただ有益な情報でも多すぎると逆にどれを信じてよいかわからなくなることもあります。

100の投資家がいれば100の投資法があります。同じ投資法でも年齢、性格、投資哲学、扱う金額の規模、得意分野などの違いにより大きく変わります。せいぜい数百万を扱う投資家と数億円を扱う投資家の投資法がおなじになることはありません。

どうすれば自分にあった投資法を見つけることができるのでしょう。

失敗すればやってはいけないことがわかる

失敗は成功の母です。失敗すればするほど、やってはいけないことがわかります。やってはいけないことがわかれば、自分の投資法を確立する手助けになります。

投資で失敗するということはお金を失うということです。お金が減ると身を切られるような思いをします。損失が出たときは嘆いて投資から手を引きたくなるでしょう。でもそこで勉強代を払ったと思って失敗を繰り返さないようにすることが大切です。

やってはいけないことのほうが重要

投資においてはやるべきことよりやってはいけないことのほうが大切です。偉大なる投資家のウォーレン・バフェットはこう言いました。

  1. 決してお金を失うな
  2. 1を絶対に忘れるな

バフェットといえば世界最高の投資家です。そのバフェットはお金を失うという最もやってはいけないことを原則にしています。そしてお金さえ失わなければあとはそこそこうまい投資をすればお金は増えてゆくとも言っています。彼も数々の失敗をしてシンプルかつ重要なやってはいけないことを確立したのです。

扱う金額が小さいうちに失敗しておく

投資をする段階では必ず誰でも失敗をします。扱う金額が小さいうちに大きい失敗しておけば、大きい金額を扱うようになるまでにやってはいけないことを覚えることができます。

しかし大きな失敗もなくトントン拍子で成功してしまった場合、扱う金額が大きくなったときに大きな失敗をすることになります。大きな金額で大きな失敗をすると損失も大きくなります。はじめての大きな失敗が、破産するくらい大きな失敗になる可能性もありうるのです。

そんなことのにならないように、扱う金額が小さいうちに大きな失敗をしておくことが大切です。

失敗を受け入れることこそ成功できる

成功している人ほど失敗を語ります。それは失敗から学ぶことのほうが多いと知っているからです。

失敗を恐れて何もしないより失敗を恐れず挑戦し、失敗からいろんなことを学びましょう。そうすれば自ずと成功することができるでしょう。わたしも失敗ばかりの毎日ですが、成功へと近づいていると信じてせっせと失敗しています。

それでは投資を楽しんで!

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織

【書評】バフェットとソロス勝利の投資学 最強の投資家に共通する23の習慣

バフェットとソロス勝利の投資学
最強の投資家に共通する23の習慣

マーク・ティアー著
望月衛訳

The Winning Investment Habits of Warren Buffett & George Soros
What You Can Learn From the World’s Richest Investors

とても読みやすくこれから投資を始めようとする方に特に読んで欲しい一冊

おすすめ度 ☆☆☆☆☆

初心者にも熟練者にも役に立つ一冊

本書はこれから投資を始めよとする人にはもちろん、長い投資歴を持つ熟練者にもオススメです。バフェットとソロスという世界で最高の投資家、投機家を分析し、それぞれの哲学、手法に共通する習慣を23に分けてわかりやすく紹介しています。株と為替、投資と投機、まるで反対のことをやっているように見える二人ですが、根本には同じ投資哲学があるというなかなか興味深い内容です。

本書は必ず儲かる投資法が書いてあるわけではありません。バフェットやソロス、あるいは他の投資家の考え方を紹介しつつ、どれを選択するのか捨てるのかは読者に委ねられています。読者自信に投資について考えさせ、独自の投資法、独自の投資哲学の確立を手助けをしてくれます。

投資家には自分の中心にしっかりとした軸が必要

投資で大事なのは自分の考え方、性格、哲学に合っている自分独自の投資法を確立すること。そして自分で確立した投資法を信じて続けることです。

有名な誰かの投資法を真似してもうまくいく確率は低いです。あっちこっちから借りてきた投資法や哲学はいざというときに信用しきれなくなります。そのため大きな損を生み出したり、本来受け取るはずだった利益をみすみす逃すことになります。

投資家に必要なブレない軸を作り出すヒントが本書にはたくさん書かれています。

初心者には投資脳を鍛えるトレーニングとして最適

投資初心者の人はまず自分がなにから始めればいいのかすらわからないでしょう。そんな人はまずこの本を一通り目を通してみましょう。バフェットやソロスの手法や考え方はあなたの投資哲学の礎になります。

かなり優しく書かれている本書ですが、初心者の場合まず一回では理解できないと思います。ですがそれで良いのです。繰り返し読むことで自然に投資に関する用語はもちろん、投資哲学、投資脳が鍛えられます。本書を読んでおけば、他の投資に関する本を読んでも理解できないということはほとんどなくなります。

熟練者はさらに投資法を見直すきっかけにもなる

どんなに投資歴が長くても自分の投資法を見直すときが必ず来ます。知らないうちに自分に合っている投資法から外れ失敗することもあります。時代にそぐわなくなって投資法を変える必要に迫られることもあります。

バフェットやソロスも最初からずっと投資法を変えないできたわけではありません。数多くの失敗から学び、投資法や考え方を見直し試行錯誤のすえにあれだけの結果を残す投資法にたどり着いたのです。

本書には先人たちの失敗の経験にも多くのページ書かれています。本来自分がするはずだった失敗を、約2000円払うだけで知ることができるなら素晴らしいコストパフォーマンスです。

常に手元においておきたい一冊

わたしは本書を必ず部屋の手の届く場所に置いています。すでに数十回と読み返しているのですが、暇な時にパラパラとめくって目を通しています。読み方は適当に開いた場所を眺めるように読み流しています。

各章が読みやすい量で書かれているので、5分もあれば1章読むことができます。この5分で忘れていたことを思い出したり、新しい発見があったりします。

本書は人生において常に繰り返し読み続けることのできる名著です。おすすめです。

バフェットとソロス 勝利の投資学

投資家に資格が必要?

アイキャッチ

みなさんこんにちは、モズークです。

資格持ってますか?わたしは普通車免許とそろばん6級くらいしか持っていません。

資産運用をする投資家に必要な、または役立つ資格はなんでしょうか。ファイナンシャルプランナー?証券アナリスト?なんちゃらかんちゃら何級?

そんなもの一つもいりません。投資家に必要なのは資格じゃなくて経験です。

命にかかわるものや危険物に資格は必要

資格は命の危険に関わるものや危険物を扱うもの、法律の面倒くさい処理など、持ってないとやっちゃダメだよっていうもの以外いりません。自動車は1トン以上ある鉄の塊が速いスピードで走る凶器です。安全に運転するためにはルールを勉強して訓練する必要があります。そして試験に合格したら運転してもいいという許可証が免許証です。

美容師免許はハサミやカミソリを扱うため技術が無いと皮膚を傷つけて感染症を起こすこともあります。やはり厳しい訓練をして許可された免許が必要です。

同じように医者も免許がない人の手術は受けたくないですね。ガスや電気などの危険物は正しい知識がないと、爆発や感電の危険性があります。これらの専門的な資格は必要でしょう。

資格より経験

それにくらべてファイナンシャルプランナーとか証券アナリストとか必要だと思いますか?そんなもんなくても誰も死にません。
資格がなくても資産運用は自由にできます。自分の資産運用だったら損しても自己責任です。
資格を持っていれば損失を保証してくれるわけでもありません。その資格をとるお金で投資して、成功するなり失敗するなりして経験を積んだほうがいいです。

肩書だけの資格

投資関係の資格を持って有利なのは、投資に明るくない人にファンドや保険などの商品を売りつけるセールスだけです。なんとかプランナー1級とか名刺に書いておけば投資に詳しくない人は優秀な投資家だと勘違いするでしょう。

でも優秀な投資家だったらファンドなんか売らないで自分で投資して稼ぎますよ。資格を持っていても投資で損をする人もいるし、自分の資産運用すらしていない人もいます。そんな資格を持っている人より、実際に投資で儲かっている人の話を聞いたほうが有益です。

団体のお金集めのためだけの資格

逆に取らないほうがいい資格もあります。

日本なんとか協会など職業別に集まった団体があります。こういう団体は自分たちの利権を守るためだけに作られたものです。
そこに所属するために厳しい試験に合格しないと資格を貰えません。同じ業種内でパイの取り合いをしないように、新規の参入を増やさないようにするせこいシステムです。

さらに資格をとった後も、所属するためだけに年数万円の会費を取ります。下手すりゃ資格の更新料を取るようなところもあります。納められたお金は団体運営費として役員の給料になります。

団体は会員にお金を払い資格を持ち続けないと商品を卸価格で買えないようにします。卸売業者も大きな取引のある団体なので、睨まれたくないため資格を持ってない個人には卸せません。こんなふうに資格を利権を守るために利用している団体も数多くあります。

やりたい仕事をするためにとった資格が、みかじめ料のように足かせになっています。幸いなことにそういう古臭いやり方の団体は、若い人が入ってきにくく世代交代ができなくてどんどん廃れていってます。

資格と言っても重要なものから、あっても必要のないもの、苦労した資格なのに逆に足かせになっているものなどいろいろあるのです。

資格嫌いのバフェット

ちなみに有名なウォーレン・バフェットは証券や投資に関する資格を一つも持っていません。

彼は証券を扱うために必要な資格をとるための試験に合格する自信がまるでなかったので、試験を受けないように先延ばしにして逃げ続けています。世界最高の投資家であるバフェットですら逃げまわる資格に、いったいなんの意味があるのでしょう。

投資家にとって必要なのは資格で得られる肩書ではなく、実践と経験から得られる実績です。資格の勉強をするくらいなら会社のIRを読みましょう。そのほうが明らかに有益です。

それでは投資を楽しんで!!

エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか

シミュレーションゲームと株式投資

アイキャッチ

みなさんこんにちは、モズークです。

シミュレーションゲームが好きなら株式投資をおすすめします。理由はシミュレーションゲームと株式投資は共通する部分が非常に多いからです。

アクションゲームやシューティングゲームが苦手だった

わたしは子供の頃、ファミコンブームど真ん中の時代を過ごしました。友達の家ではじめてファミコンをみたときには、画面の綺麗さと音の良さにびっくりしました。今の若い人にはわからないと思いますが、同じ時期に発売されていたゲーム機とファミコンでは性能に雲泥の差があったのです。

最初にプレイしたのはドンキーコングでした。でも小学校低学年だったわたしの腕ではマリオはすぐ死にます。もともと運動神経がよくないため、アクションゲームは下手くそでした。

しばらくして驚異的ヒットを飛ばしたスーパーマリオが登場します。そこでもわたしはマリオをたくさん死に追いやりました。子供ながらこの時すでにアクションゲームやシューティングゲームなどの反射神経を使うゲームは無理だと気づいていました。

ドラクエに衝撃を受ける

そこにきてドラゴンクエストの登場でまたまたわたしは衝撃を受けました。説明するまでもないですが、ドラゴンクエストはロールプレイングゲームという自分の分身を操り世界を冒険するゲームです。ロールプレイングゲームがいままでのアクションゲームとはまるで違いました。

  • なにもしなくても死なない!
  • 常にコントローラーに触らなくても死なない!
  • つまり反射神経がなくても死なない!

これはゲームは反射神経ゲームというわたしの概念をぶち壊しました。ドラクエとの出会いがアクションゲーム嫌いのわたしを、さらにゲームにのめり込ませる原因になりました。

シミュレーションゲームという神の視点

そしてついに出会った信長の野望。言わずと知れた大ヒット歴史シミュレーションゲーム。戦国時代の武将となり、情報を仕入れ、自国を豊かにし、隣国と戦い、領地を広げ最終的に日本を統一する。

ゲーム画面は常に日本を上から見下ろしているレイアウト。これまで一人称視点ばかりだったこれまでのゲームとはちがうスケールの大きさです。このゲームでわたしはとうとう神の視点を手に入れました。この時期わたしはすっかりシミュレーションゲームにハマってしまったい、寝る間も惜しんで徹夜で遊んでいました。

株式投資とシミュレーションゲーム

つい前置きが長くなりました。シミュレーションゲームで大切なのは情報収集、情報分析、資金管理、長期的な展望、広い視野。優秀な家臣やユニットを選び成長させ、ゲームのクリアをめざす。これらは株式投資と共通する部分が多いです。

企業の情報収集、分析、投資資金の振り分け、将来的な経営の予想、業界を見渡す視野。優秀な企業の株を集め成長を見守り、なにもしなくても資産を増やせるような仕組みを作る。そしてむやみに働かなくても生活できるまで資産を増やせばとりあえずゲームクリアというところでしょうか。

わたしにとって株式投資はリアル社会のシミュレーションゲームと言っても過言ではありません。シミュレーションゲームゲームで徹夜をしまくったわたしが、株式投資にはまらないわけがないのです。

過程を楽しむ

実はシミュレーションゲームにおいてゲームクリアは目標ではありません。ゲームをクリアするまでの戦術、戦略、やりくり、時間の経過など過程を楽しむものです。これも株式投資と似ています。

わたしは株式投資で企業の情報収集、取捨選択、資産の拡大などの過程を楽しんでいます。ある日突然○億円稼いだからゲームクリア、や~めたということにはならなと思います。

こんな面白いゲームである株式投資、死ぬまで趣味と実益を兼ねて続けるでしょう。趣味だけに趣味レーション、なんちゃって・・・

シミュレーションをシュミレーションと思ってた人いますよね?え?わたしだけ・・・?

デイトレードとアクションゲーム

わたしはデイトレードはやりません。これはアクションゲームが得意な人がやる取引だと思っています。なぜチャートの動きで株価が予想できるか、全く意味がわからないからです。加えて反射神経ゼロなのでタイミングを取る瞬間的な判断はできません。ファミコンなら失敗してもマリオが死ぬだけでいいのですが、現実世界ではわたしのお金と命がゲームオーバーです。

でもちゃんとデイトレードで稼いでる人もいるので、向き不向きの問題でしょう。デイトレードが投資といえるかどうかは微妙ですが。

それでは投資を楽しんで!!

社会シミュレーション ―世界を「見える化」する― (横幹〈知の統合〉シリーズ)

自慢されるって素晴らしい

アイキャッチ

みなさんこんにちは、モズークです。

よく新しい物や高いものを買って自慢する人がいますよね。親がお金持ちでなにも不自由なく高額な物を手にすることができる、ドラえもんで言うとスネ夫みたいな人です。

「これ新しいガジェットだよ~」とか「これ高かったんだ~」って言われたら聞いてるだけでムカつきます。でもいまは全然ムカつきません。それはなぜか?実は自慢されることは新しい物に触れることのできる機会をあたえてくれる、とても素晴らしいことだったのです。

未知の世界に触れることのできる機会

そうです、自慢してくる人はとても素晴らしいのです。子供のころ中流以下の家庭で育ったわたしにとって、お金持ちの子たちが自慢してくる物は本来目にしたり手にとったりできないものばかりです。

それを自慢とはいえ触らせてもらうことができる機会が与えられます。そこでわたしは「ああ~これはなんて良いものだ!」とショックを受けるのです。するとどうにかしてそれを手に入れようとします。でも買えるほどのお金はありません。あきらめてしまいますか?

ナイコン族

私は小学生のころはナイコン族でした。ナイコン族というのはマイコンを持っている人に対して、マイコンを持っていない人々、マイコンがない、つまりナイコン族という意味です。

そのナイコン族だった私はどうしてもマイコンに触りたい。マイコン関係の雑誌を読んではため息をもらす日々。
そんなときふと思い出します。そういや友達がマイコン買ったって自慢してたな。そうだ友達の家に行こうとなるのです。

ずうずうしいやつ!

いま思えばなんてずうずうしいやつだと思いますが、それだけマイコンに対して一途な情熱を持っていたのです。休日はもちろん、学校が終わってからもお金持ちの友達の家に押しかけてはマイコンを使わせてもらいました。

友達はマイコンを持っていてもゲームくらいしかやらなかったのが多数です。その友達も親に勉強に役立つからとかいって買ってもらっていました。ほんとう友達はちょっとドキドキする系のゲームが目的だったんですけどね。

それでもマイコンに触らせてくれる友達はありがたい存在でした。お金持ちの友達のおかげで高級品だったマイコンに触わることができました。おかげで今でもコンピュータに対して苦手意識を感じることはありません。

自慢は思いやりの裏返し

「こんないいものお前みたいな貧乏人には買えないだろう」というような気持ちで自慢してくる人は意外といません。。単純に自分はこういう趣味の人間だよという自己紹介です。自慢に聞こえるのは、こっちの勝手な妄想です。

  • 車好きに新車を買ったと自慢してくる
  • 時計好きに高級時計を買ったと自慢してくる
  • お金好きに株でいくら儲けたと自慢してくる

自慢する人はこっちがその品物に興味があると知っているから自慢してくれるのです。こちらの趣味をちゃんとリサーチしてくれている思いやりのある人です。

たまに全然興味のないものを自慢されたりしますが、そのときは「あっ、そう」とか「ごめん、興味ない」という反応になります。そうならないためにこちらが興味のありそうなものを考えて自慢してくれているのです。なんてやさしいのでしょう。

そう考えると自慢されるのも悪くないですね。むしろありがたいとさえ思えてきます。

自慢されるって素晴らしい。わたしのために自慢してくれるひとよ、ありがとう。