2025年の大阪万博で日本の株はどうなるのか

こんにちは~こんにちは~、世界のモズークです。

先日11月23日に2025年の万博開催地が大阪に決定しました。これで前回の大阪万博開催の1970年から、55年ぶりに大阪で万博が開催されることになりました。

この万博決定で日本の株はどうなるのか、というのが投資家としては気になるところです。結論から言えば、「なんにも分からん」としか言えません。

ツイッターなどではやれVRだ、何とか倉庫だ、建築だ、建設だ、IRだと予想が飛び交っていますが、なんせ7年後のこと。その間にどんな新技術やテクノロジーが出てくるか全くわかりません。

まして2025年までに世界の経済が好調なのか不調なのかもわかりません。世界の経済の大きな流れに比べたら、日本で行われる万博なんて大した影響はないでしょう。

それでも東京オリンピック後の景気の冷え込みに、わずかながらでも希望の光が差すようなニュースになったのは確かだと思います。

万博よりも経済政策

大阪万博だけで日本の株が好調になるということはまずないと思います。それよりもやはり万博開催までの経済政策をどうするのかというほうが、景気や株には影響力があると思います。

まず来年に迫った消費税10%への引き上げ、これでまず2020年の東京オリンピックまでに消費は冷え込むことは確実です。ここで日本の株価は落ち込むでしょう。

つぎに安倍総理の任期が3年で終わります。すると安倍総理以外の総理候補はみんな緊縮財政、さらに金融緩和に否定的なのでここでも景気は落ち込むでしょう。

2025年までにすでにこれだけの不安要素があるので、万博くらいのインパクトでは日本の景気は良くならないことは簡単に想像できます。

逆に来年の消費税増税を延期、もしくは凍結し、さらに安倍総理の任期終了後も金融緩和の継続が続くならば、万博に関係なく日本の経済も株もよくなっていくと思われます。

万博よりも米中対立

また最近の懸念材料としては、アメリカと中国の関税合戦に始まる米中対立です。

先日のペンス副大統領の演説でもわかるように、アメリカは中国共産党と徹底的にやりあうつもりです。噂によれば、完全に中国共産党を消滅するところまでやるという話も出るほどです。

そんな状態では日本で万博があろうがなかろうが関係なく、世界の経済は不安定になります。

世界経済が安定するためには、この米中対立がいつ終わるのかが重要になりますが、おそらく早くても5年はかかります。長引けば米ソの冷戦のように数十年規模になるかもしれません。

そんな世界規模の経済の波の中では、万博の影響なんてないに等しいです。

せっかくだからパーッとやろう

とはいえせっかくの大阪万博なんだから、盛大にパーッとやったほうがいいと思います。今の日本はなんだかんだと理由を付けて、お金を使うことを渋る傾向があります。

賃金は上がらない、増税で将来が不安、買いたいものがないなど、一般の人はお金を使わずに貯めようとしてしまいます。そんな時には国が率先してお金を使うしかありません。

せっかく万博というお金を使える理由ができたのだから、万博の準備費用は国債をバンバン発行して日銀に買い取ってもらい、ジャンジャンお金を刷って金融緩和しましょう。

そして大阪に仕事を求めるたくさんの人に来てもらい、バンバンお金を稼いでもらい、ジャンジャカお金を使ってもらって経済を回しましょう。

すでに昨日の大阪万博決定直後から「無駄遣い」「そんなことにお金を使うのはもったいない」とか言って水を差す人がいますが、そんな声は無視してパーッとやればいいんです。

2020年のオリンピックでは、間抜けな都知事や邪魔をする政党や怪しい団体のせいで経済効果がショボくなってしまい、いまいち盛り上がっていません。大阪万博の時はその反省を生かしてパーッと派手にやりましょう。

サラリーマンは投資にて最強

みんさんこんにちは、無職のモズークです。

最近というか、今年はかなり厳しい相場になっています。こういうときに無職だとかなり不安になってきます。生活費を貯金の中から出さなければいけないし、それが尽きたらいよいよ資産の取り崩しが視野に入ってくるからです。

含み益があるときなら少しくらい資産を取り崩しても精神的には余裕があるのですが、含み益が減っている状況や含み損が発生してる状況ではなかなか苦しいものがあります。

配当金も入るとはいえ、生活費に使ってしまうと追加投資できなくなるので資産形成のスピードも鈍化します。

こんなときにはやっぱり毎月安定した収入のあるサラリーマン、会社員が最強だと痛感します。無職なのでなおさら。

やっぱりサラリーマンは最強

世間では毎日同じ時間に出勤して、長時間時間を拘束されて働く人のことを社畜などと呼びます。自虐的に自らのことを社畜という人もいます。ですがその見返りとして毎月給料をもらえます。

資産形成において安定した追加投資は重要なのですが、サラリーマンであれば毎月の給料から追加投資することが可能です。これは本当に強いです。最強です。

毎月追加投資できるということは、今年のような不安定な状態の相場でも確実に資産を積み上げていくことができます。安定した収入を投資にまわせるサラリーマンこそ投資にて最強なのです。

給料日の天引きが最強

そんなこといったって、毎月の給料は全然残らないので投資にまわせないと言う人もいるでしょう。なぜ給料が残らないのか、それは残った給料を投資にまわそうとしているからです。

人間は弱い生き物です。誘惑が目の前にあるとあっさり負けてしまいます。誘惑が目の間に合ったときに、自由に使えるお金があったら簡単にお金を使ってしまいます。なので毎月給料は残りません。わたしもそうでした。

その誘惑に勝つには使えるお金を減らせばいいのです。具体的には給料が入ったら、まず決まった金額を証券口座に移動してしまうことです。

銀行口座の預金が減ったら生活できなくなるじゃないかと言われるかもしれませんが、騙されたと思って実際に試してみてください。意外と生活できてしまいます。つまり資産を形成しながら、使うお金も減るということが起きます。

当時は年収400万に満たなかったわたしでも、実際にこれで株式投資の初期の資産を作ることができました。効果は抜群です。

最強のサラリーマンが、最強の給料天引きを使う。まさにこれこそが最強×最強の資産形成方法です。

みなさんも投資を楽しんで!!

図解「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書

図解「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書

小宮 一慶 著

  • あやふやな知識だった経営指標をちゃんと学べる
  • 決算書を読むことができるようになる
  • 文字が適度な大きさで読みやすい

お勧め度 ☆☆☆☆☆

ROEは知っているけれど

まだ全部しっかり読んだわけではないのですが、軽く読み終えた感想はこれ良書です。この本は会社でそろそろ経営にかかわる社員がターゲットらしいのですが、普通に投資家が読んでも勉強になります。

わたしも株式投資家としてROEという指標は高いほうが良いというのは知っていますが、そのROEが何なのかというのはちゃんと勉強していませんでした。またROEとROAの違いもネット調べたくらいの知識だったので、この本を読んでよくわかりました。

10年以上株式投資をやっているのに、かなり適当に指標を読んでいたんだなというのがわかりました。

例えるならば、エンジンの構造を知らなくても自動車は運転できます。しかし自動車をもっとよく知るためにエンジンのことも知っておきたいという人向けの本です。(?)

決算発表の楽しみが増える

株式投資家にとって年に4回の決算発表は重要なイベントです。決算の内容次第で株価が大きく変動します。

そんなときに決算書が読めるのは投資家にとって大きな武器になります。逆に言えば読めなければ、サングラスをかけて夜の山道を歩くようなものです。

この本を読めば決算書が読めるようになるので、決算書が読めない投資家よりかなり有利になります。決算書が読めるようになれば、決算発表も楽しむことができるようになります。(好決算なら読めなくても楽しいですが・・・)

ちゃんと決算書が読めれば、パッと見は好決算でも資産を売却しただけであったり、微妙な決算でも先行投資のために一時的に利益が伸びてないなどの数字のマジックも読めるようになります。

いままで経営指標も決算書もあまり見なかったという人や、あやふやな知識ではなくしっかりと覚えたいという人にピッタリな本だと思います。

文字の大きさも適度なサイズでかなり読みやすかったです。かなりおすすめ。

結局のところ習慣化がものをいう

みなさんこんにちは、どちゃくそ資産が減ってげっそりとした感覚のモズークです。

今日は最近のブログ運営について書きます。以前の記事で書いたように、『CAMERA OBSCURA』という趣味の写真の別ブログを立ち上げました。そっちのほうもよろしくね!

まあぶっちゃけ株のほうが芳しくないので、逃避先を作ったという感じです。人間そんなに強くはないので、逃げ場は必要。

そっちのブログはかなり気楽に書いているので、何も気負わずにのびのびとやっています。書く内容を悩むこともないので毎日更新を続けることができています。

そのためかブログを書くことが徐々に習慣化され、思わぬ副作用が出ました。ブログを書くということに抵抗がなくなり、このブログの更新頻度も少し上がり始めました。

これはうれしい誤算でした。

習慣化してしまえば楽になる

当ブログは株式投資のブログなので、あまり適当なことは書けません。できるだけ正しい情報を書くよう気を付けています。

しかしその正しいことを書くということのプレッシャーか、なかなかブログを書くことができなくなっていました。もちろんもともと怠け癖があるので、さらにブログを書くのが億劫になり更新頻度もどんどん低くなってきました。

ですが別ブログで気楽に書くことによって、考えるより手を動かすということが習慣になりつつあります。「ブログの更新めんどい」というメンタルブロックが、習慣によって弱くなって楽になってきているのを感じています。

お金持ちになるのは手法ではなく習慣

一応このブログは株式投資ブログなので投資ブログっぽいことを書きますと、お金持ちになるには手法より習慣のほうが大切です。

どんなに優れた手法でお金を稼いでも、入ってくるお金より出ていくお金が多ければお金持ちにはなれません。

逆にそれほど優れた成績を上げられなくても、入ってくるお金より出ていくお金を少なくする習慣を身に付けている人はお金持ちになれます。

習慣は一度身に付けてしまえば、特に苦にすることなく続けていくことができるものです。そして無意識のうちに実行できる。無意識に無駄なお金の支出を無くせば、そりゃ金持ちに近づきますよね。

そんな無意識のレベルまでブログの更新を習慣化できればいいなぁ。と、どちゃくそ資産が減ったげっそりとした感覚の脳みそで記事を書きました。

げっそり。

7809壽屋1Q決算

みなさんこんにちは、明日は死亡確定のモズークです。

今日の引け後に保有株の壽屋の1Q決算発表がありました。結果はまさか(?)の赤字決算でした。

  • 売り上げ 前期比マイナス28%
  • 営業利益 1億1200万円の赤字
  • 経常利益 1億2100万円の赤字
  • 純利益 8700万円の赤字

となりました。うーんこれは厳しい。明日はストップ安かなぁ?

フレームアームズ・ガールの一本足打法

赤字原因は前期に絶好調だった、主力のフレームアームズ・ガールに大きな動きがなかったからでしょう。ここ最近の壽屋の製品状況はこまめにチェックしていたのですが、フレームアームズ・ガールの新製品はほとんどありませんでした。

フレームアームズ・ガールの一歩足打法で起こった特需は、フレームアームズ・ガールが不調になれば売り上げが激しく落ち込んでしまいます。フレームアームズ・ガール以外ではメガミデバイスなどの商品はちょこちょこ出ていましたが、フレームアームズ・ガールを超えるような大きなヒットにはならなかったようです。

壽屋のようなプラモデル制作会社は新商品を出すまでの開発スパンがかなり長く、この1Qの期間は大きなヒット商品のないエアポケットになってしまいました。これまでは色変え商法でバリエーションを増やして凌いでいたのですが、この期間ではそれもほとんどありませんでした。

これからはフレームアームズ・ガール以外にも、版権で稼げるような強力なコンテンツを育てていくことが課題と思われます。

秋以降の新製品ラッシュで巻き返せるか

新製品の発売が少なかった今夏ですが、壽屋の製品発売予定を見てみると秋以降には新作の発売予定がかなり多い模様です。(予定は伸びる可能性が・・・)これらの製品が売れるか売れないかで今期の業績を左右しそうです。

先も述べましたがプラモデルの製品化には長いスパンが必要で、コンスタントに新商品を出すことが難しいです。金型などの先行投資による開発コストもかかり、四半期ごとの決算のように短期間ではかなり業績が不安定になります。

今期の期末決算の予想は修正していないので、2Q以降で巻き返す予定なのでしょう。来年にはフレームアームズ・ガールの劇場版の公開も予定しており、今後の動向を注視していきたいです。

しかし決算概要の「台風の影響で消費マインドが減少」って・・・壽屋さん、それってどうなの?もうちょっと真面目に分析しましょうよ。