【映画レビュー】スター・ウォーズ/最後のジェダイ|例えるなら楠木正成のいない太平記

みなさんこんにちは、モズークです。今日は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観てきました。

ちなみに、スター・ウォーズをまともに観るのはこれが初めてです。

スター・ウォーズをまともに観るのはこれが初めてです。

別に大事でもないけど2回言いました。

だってわたしたち団塊ジュニア世代はスター・ウォーズ直撃世代ではありません。なので直撃世代に比べたらどうしても乗り遅れている感があり、これまでちゃんと観ていませんでした。これはファーストガンダムや宇宙戦艦ヤマトなども同じで、微妙に世代がずれているため、当時の熱を感じることができず、いまいち乗り切れないのです。

さらに子供のときに思ったのはエピソード4から始まる謎仕様。純粋な少年だったわたしは、エピソード1〜3の知識が無いので、いきなり4から観ても意味がわからないだろうなと感じました。しかもしばらくしてから、エピソード1〜3など無いと知った時のショックもあり、なんか騙された気がして「もうスター・ウォーズなんか知らない!!」というような状態でした。なので後にエピソード1〜3が作られると発表された時も「ほ〜ん、それで?」というくらいの感想でした。

そんなわけで今まであまり関心を持たなかったスター・ウォーズなのですが、何の気まぐれか知りませんが今回初めて劇場で観たわけです。なのでわたしはスター・ウォーズについての知識がほとんどない状態です。そのため今作をシリーズ物としてではなく、1本の映画作品としてレビューを書くことをご了承ください。

広告

容赦ない攻撃で笑う

まず上映が始まってすぐ、スター・ウォーズ名物の奥に向かってどこいくねーんスクロールで物語が語られます。まあこれくらいはスター・ウォーズに詳しくなくても知ってるよね。

そこで唐突に前回のあらすじぽいものが説明がされます。うわー親切だなー。そして字幕に出てきた「容赦ない攻撃」で思わず吹き出しそうになりました。「容赦ない攻撃」という字面は某国の「無慈悲な攻撃」と同じくらいの破壊力でツボにはまりました。そうか〜、「容赦ない攻撃」なら仕方ないな、と納得しました。

あとちょっとで手が届かない演出を久しぶりに見る

気になったのが、爆弾のスイッチがあとちょっとで届かない演出。昔ウルトラマンで見た覚えがあります。あとシャンゼリオンのシャンバイザーとかでも見ました。サバじゃねぇ!!

この演出って見てる方が妙にイライラするんですよね。どうせ最後は届くんだからはよせい!!ってな感じで。ここカットすればもうちょっとテンポ良くなったんじゃない?

お前らは素人の集団か!?

いろいろとツッコミどころしかないストーリーですが、さらにツッコミたいのが戦闘シーン。どうやら敵も味方も戦略どころか戦術すらない模様。いや、こういうところを突っ込むのがこの映画の楽しさなんでしょうけど、それにしても酷い有様。

  • ヒャッハー一人で突っ込むぜ!
  • やべー全滅しちまったぞ!!逃げろー!!
  • 追いつけないから燃料が切れるまで適当にケツに攻撃しておけ!!
  • 敵戦艦にこっそり忍び込んで追跡装置を壊そうぜ!!
  • この艦を囮にして逃げましょう!!
  • この艦をぶつけましょう!!
  • 扉を正面からぶち壊せ!!
  • あのでっかい大砲に突っ込もうぜ!!

あっちもこっちも、全部行き当たりばったりでおじさんもう観てらんない。やることなすことが全て裏目です。彼らの戦いっぷりを例えるならば、楠木正成のいない太平記という感じでした。

若さゆえの過ちか

あの最初ブラックヘルメット付けてた黒い人がものすごくつおくて悪い人らしいのですが、どうにも詰めが甘い様子。なんか不思議なパワーを使い、戦闘能力は高そうなのですが、感情に流されすぎるあまりにどんどんダメ人間になっていってます。まるで赤い彗星の人を見ているようでした。これはたぶん若さゆえの未熟さを表現してるんでしょうね。認めたくないものですね。

あまりの落ちぶれっぷりに最後に部下からも呆れられてしまったような描写もありました。彼はこのあと立ち直れるんでしょうか。ダメ男を好きになってしまうような女性陣の母性をくすぐるのかな?

戦闘シーンは迫力がありました

ストーリーのツギハギ感や、作戦のグダグダ感さえ目をつぶれば戦闘シーンの迫力は素晴らしいものがあります。スピード感もあり、映像もそれほどCG臭くない気がしました。

あと美しい自然の風景も良かったです。あの島はどこでロケしたのか、どこまでCGなのかはわかりませんが、こういう自然の美しさが洋画の魅力ですね。

やっぱり浅かった

ほら予想通り、スター・ウォーズのたいした知識もなく書いたものですから、ものすごく浅いレビューになりました。わたし個人がスター・ウォーズにあんまり思い入れがないからでしょう。だからといって今からエピソード4〜6、1〜3、7をちゃんと見る気力もありません。

どうせガンダムみたいに後付け設定てんこ盛りで、調べれば調べるほどドツボにハマるのが目に見えています。なんかいっぱいあるアニメとかまでフォローすると、たぶん死にます。こういうときは深入りせず、あまり近づかないで軽く流したほうがよさそうです。濃いレビューは濃い人達に任せましょう!!

そんなわけで案の定、踏み込めないで軽く流したレビューになりましたとさ。ちゃんちゃん。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ 総評

ストーリー:グダグダな反乱軍の逃亡劇は面白かった10点
演出:島と宇宙がころころ場面転換するのがわかりにくかった9点
配役:なんかスポンサーやいろんな団体に気を使った配役という感じ8点
映像:自然は美しい、爆発も美しい15点
音楽:上映開始直後の大音量はビビるのでやめて欲しい12点
総合:54点

ちょっと時間が長いよね。

広告