なぜ自分がやりたいことを人に聞くのか?

アイキャッチ

みなさんこんにちは、やりたいことは誰にも相談しないで勝手にやってしまうモズークです。

今日ある人にこう聞かれました。

「iPadが欲しいんだけど買っていい?」

わたしはこう答えました。

「買いたいなら買えばいいじゃん?なんでそんなこと聞くの?」

すると帰ってきた答えが、

「だってどこで売っているかわからないし、使い方もわからないから教えて欲しい。」

広告

欲しいなら買えばいいじゃん

そのときわたしはこう思いました。

どこで売っててどうやって使うのかも自分で調べられないものが本当に欲しいものなの?本当にiPadを使うことがやりたいことなの?本当にやりたいことなら相談なんかしないでとっとと買ったらどうなの?わからないことは自分で調べないで全部人に聞く気なの?

その程度の気持で本当に欲しいものなの?

やりたいことは勝手にやってた

わたしはやりたいことは誰のも相談せずにやりはじめます。

株式投資も誰にも相談せずに本を読んでいろいろ調べてはじめました。ギターも誰にも相談せずに買いました。
ブログも相談せずにはじめました。パソコンもiPhoneもiPadもカメラも誰にも相談せずに買いました。自動車も誰にも相談せずに納車されてから家族に見せました。

それはぜんぶ自分がやりたい、買いたいと思ったからです。誰かに買っていい?やってみていい?なんて相談しませんでした。

相談してとめられたらやめるの?

それはあなたには向いてないからやめておいたほうがいいよと言ったとします。相談してきた人があっさりやめるとおもいます?たぶんやめろと言われた人はなんだかんだ言い訳して、やりたい理由なんかをつらつらと語ります。わたしがあなたのやりたい理由なんか聞いてもしかたがないのに。

おそらく相談に来ている時点で最初からやると気持ちは固まっているはずなんです。ただ同意してほしいためだけに相談しにくるのです。自分のやりたいことなのに?なぜ?

相談しに来る理由は責任を押し付けるため

その理由は責任を逃れるためです。

やったことが失敗したり、変なものを買ったりしたらきっと相談に乗った人に責任を押し付けます。

「あなたがやれと言ったからやって失敗した、責任を取れ。」
「あなたが買えと言ったから買って失敗した、責任を取れ。」

自分でやりたいこと、欲しいものですら自分で責任を取らずに他人のせいにします。最初から相談なんかしないで自分で自由にやっててください、って感じです。

自由にやるということは責任も自分

自分の好き勝手自由にやる。自由にやるということは失敗しても責任は自分にあります。本当にやりたいことだったら最初から最後まで全部自分で責任を持てるはずです。

成功したら自分のおかげ、失敗したら相談して同意した人の責任。自分のやりたいことなのに他人の同意を求める人は、心からやりたいことではないのです。その程度のことならたしかにやらないほうがいいでしょう。

やるやらないは、やりたいと思った人自身の問題です。他人に聞いても単純に時間の無駄です。やりたいことや欲しいものは自分で調べて、とっととはじめるなり買うなりご自由にどうぞ。

自分のやりたいことを楽しんで!!

広告