安倍政権の支持率下落は消費税減税のチャンス?

みなさんこんにちは、モズークです。

みなさんは税金好きですか?
そんなもん好きなやつおるか!!という声が聞こえますが、当然わたしも嫌いです。
しかし稼いだ分の税金はもちろん真面目に払っています。
というか以前はサラリーマンだったので強制的に払っていましたし、株式投資の利益や配当は特定口座ですので勝手に払われています。
稼ぐ能力がある人は所得に応じて課税されるのはまだ納得できます。

しかし消費税、オメーはダメだ。

稼ぐ人からだけでなく、所得の低い人達からも同じように課税される非情な税金です。

最近もアベノミクスがせっかく好調だったのに、消費税が5%から8%に上がった時に景気の停滞を招きました。
いまだにその影響で金融緩和にも関わらずインフレ率が全く上がっていきません。
とにかく消費税は今の状態では上げてはいけません。
むしろ下げるべきです。

さて下げるといえばテロ等準備罪のせいか加計学園のせいかマスコミの偏向報道のせいで安倍政権の支持率が下がっています。
このことで隣の国を忖度しているマスコミや野党はチャンスとばかりに大喜びしていますが、逆に開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまうことになるかもしれません。

それは安倍政権の消費税減税の賛否を問う衆議院解散総選挙です。

広告

消費税が下がって嬉しくない人はいない

消費税下がってうれしいですか?
そりゃ嬉しくない人はいないでしょう。
消費税が下がって嬉しくない人はどんだけマゾなんですか?

さて安倍総理はこれまで消費税増税を2回ほど延期しています。
この流れからみると経済回復を確実なものにするためには増税無期延期、もしくは凍結、究極的には減税をする可能性は高いと思います。
しかし消費税増税再々延期及び減税なんてことを許すはずがない奴らがいます。

それは財◯省、そしてその傀儡である民◯党です。
いまの加計学園を始め安倍おろしが激しいものになっているのも、それらの財◯省の関係者が安倍総理の消費税減税を察知しているからではないでしょうか?
安倍政権の支持率が下がれば辞任すると思っているようです。

パラドキシカル・ロジック

しかし北風と太陽、もしくはエドワード・ルトワックのパラドキシカル・ロジックのように強く攻撃すればするほど逆の効果が起きます。
あまりに攻撃して支持率を下げると、逆に安倍総理の切り札である消費税減税を大義にした衆議院解散総選挙を切られてしまう可能性が高くなります。

「消費税減税をするかしないか、国民に問てみたいと思います、解散!!」
これで勝てない占拠があると思いますか?

そして残念なことに財◯省の傀儡である民◯党は減税を旗印に選挙活動を行うことができません。
おそらく民◯党はあとかたもなく消滅するでしょう。

タイミングは都議選から3ヶ月後

もしこの妄想が実現するなら一番可能性が高いのは、今年7月にある都議選の3ヶ月後の10月くらいでしょう。
理由は言わなくてもわかると思いますが、連立与党の某党の組織票の住民票がゴニョゴニョ・・・

そしてその選挙で与党が大勝出来れば、安倍総理の念願の憲法改正が見えてきます。
これは完全にわたしの妄想ですが、そこまでに安倍総理の支持率が回復していなければ可能性はゼロではないと思います。

むしろ政権の支持率が低ければ低いほどこの妄想が実現してしまうかもしれません。
財◯省や隣の国を忖度したマスコミによる安倍おろしが、逆に最強政権を生むことになるかもしれません。

安倍総理を辞めさせたかったら

マスコミや野党は安倍総理を引きずり下ろすために難癖を付けまくって攻撃しています。
しかし本当に安倍総理を辞めさせたいのならば、このまま安倍総理のやりたいことを全部やらせてしまったほうがいいと思います。
経済が回復してインフレ率が上がれば、金融緩和の出口戦略で消費税増税も視野に入るでしょう。
日本の景気が回復し、隣国からの脅威に対抗できる状態になれば、やり遂げたした安倍総理は自らパーティー会場から退場していくと思います。

このまま支持率を下げようと工作すればするほど、消費税減税が実現する可能性が高まります。
というか支持率が高くても消費税減税は行ってほしいところです。
5%と言わずに景気良く0%にしましょう。
それがいいです、そうしましょう。

できればこの妄想が実現し、消費税減税になることを願います。


広告

  • 広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*