上田城跡を歩いてみた

みなさんこんにちは、モズークです。

去る6月22日、長野県の上田市に行き上田の街を散策してきました。
上田に行った理由は翌23日に株を保有しているシーティーエスの株主総会に出席するためです。
わたしの住んでいる場所から上田まで列車で行くと4時間以上かかります。
そのため午前10時から始まる株主総会に間に合わないので、旅行も兼ねて前日から1泊してしまおうと。

そんなわけで名古屋から特急しなのに乗って上田市にやってきたのでした。

広告

上田といえば真田幸村

上田の駅で出迎えてくれたのはこの御方、真田幸村。
真田幸村といえば去年NHKで放送された平成最高傑作と呼ばれの高い大河ドラマ「真田丸」です。
残念ながらわたしはテレビをあまりみない生活ですので、たまに観るくらいでした。
つまりドラマについては何も言えません。

それはともかく、上田といえば徳川の軍勢を2度も追い払った上田合戦です。
細田監督の映画サマーウォーズの陣内家のモデルにもなった上田城跡にさっそく行ってみることにしました。

真田といえば六文銭の旗をモチーフにした時計と温度計。
気温は24度で長野県にしては涼しくないです。
しかし千曲川方面から心地よい風が吹いていて涼しかったです。

駅前には巨大な謎の水車が涼しげに回っておりました。

とりあえず上田城跡を目指して歩きます。
綺麗な道路で交差点はスクランブルでした。

確実に脚を痛めつける高低差

上田の街を歩き、やってきました上田城跡。

何も考えずに線路沿いを歩いてきたので、上田城跡の駐車場に来てしまいました。
そして見上げるとそこには櫓ががが・・・嫌な予感がするぞい。

すごーい、たかーい。

ふむふむ、現在地はここで・・・上に登るには・・・急な階段!!

急な階段!!

はい死んだー!!完全にマイ両脚死んだー!!

ウボァ・・・
見まごうことなき急な階段!!

ちょ、待てよ!!
急すぎるでしょ!!

脚ガクガクになりながらもなんとか登りきることに成功。
いきなりここで体力の半分近くを消耗させられた模様。
階段を振り返ると、こえーよ!!ってくらい急な階段。
これ登ることはできても降りることは怖くてできんでしょ。

どうやら登ってきたところはもともと川のあった場所で、いちばん底から這い登る格好になった模様。
一番きついとこ登っちゃったかー。

無謀にも登ってくる輩は銃で撃たれる模様。
ここから攻めるのはむずかしいようですな。
フムー。

本丸の中心であったと思われる場所は木々が生い茂る公園になっていました。
地図を見ても天守閣は書かれておらず、城というより砦っぽい?
上田城の天守閣の存在は不明で、あったともなかったとも諸説紛々らしいです。

お堀には水があります。
かなりの高低差があり、攻めるのは難しかったでしょう。
もともと自然の地形を利用して作られている城で、さらに堀などを掘って守りやすくなっています。
もちろん今と当時では地形も多少変わっているはずですが、それでも攻めたくねぇ~という雰囲気は十分にあります。

攻めたくねぇ~!

櫓にときめく

上田城跡には立派な天守閣はありませんが、それでも櫓がある!!

立派な構えの東虎口櫓門、たまたま観たNHKの「真田丸」で第二次上田合戦のときの場所ははここかな?
最近復元されたので、当時はもっとしょぼかったのかもしれませんが。
しかしなかなかときめく門構えです。

南櫓

北櫓

なにやら立て札があります。
なになに、真田石とな、どれどれ。

デデーン!でけえ!
信之が松代に持っていこうとしたらしいですが、動かすこともできなかったらしいです。
っていうか持っていこうとするなよ。

そんなわけで櫓にノ・ボール。
あ、お金要ります300円。

誰だったかは忘れましたが、昔の偉い人は言いました。
「旅をしたときは、まず高いところからその場所を眺めよ」と。

櫓の中、わりと大雑把な作り。
見張りや防衛が目的なので綺麗にする必要はないのですが。

これは上から目線で敵が丸見えになりますな。

幸村「こいつで綺麗な顔に風穴を開けてやるぜ!!」
と言ったかどうかは知りません。
たぶん言ってない。

六文銭が描かれたビッグシールドガードナーを守備表示で召喚。
これで敵の弓矢を防いだのでしょう。
弓矢は放物線を描きますからね?

ヒャッハー!敵の姿が丸見えだぜ!!
狙い撃つぜ!!

石も落とすぜ!!
ロックシューターだぜ!!
敵「やめてください、死んでしまいます!」

ここから鉄砲でズドン!だぜ。

FPSでこういうところから狙うと楽しそう。
廃人相手だと逆にヘッドショットされるかもですが。

と、そんな感じで櫓の見学は終了。
再び上田城跡の散策を続けます。

石垣にロマンを

二の丸北虎口の説明。
ここの石垣は保存状態が良かった模様です。

なるほど、説明にもある緑色凝灰岩という名前の通り緑がかっていますね。

なになに・・・百間堀の樋?
坂を降りていただき、ぜひ実物をご覧ください?
よっしゃぜひ実物をご覧になるぜ!!

坂を下って・・・

あった!!これかぁー!?

せっかくだから覗いてみるぜ!!
うん、穴だな!?
昔はここから堀に水を引いていたようです。

ちなみにお堀だった場所は今は陸上競技場になっています。
もうちょっと向こう側には野球場もあります。
ずいぶん広いお堀だったようです。

X軸Y軸Z軸でダメージを蓄積

上田城跡散策で長時間歩いて、さすがに疲れたのでそろそろ退散します。

途中に経ってた謎の塔、スピーカーが付いてますね。
何かの放送用かな?

おっと、昔お堀だった深いところを利用した通路発見したので降りてみます。
しかしこの城跡、X軸Y軸だけでなく、メガドラのランドストーカー並にZ軸も使ってマイ両脚にダメージを与えてきます。

お堀の階段おーりるー。

いまわたし、お堀の底だった場所を歩いているの!
なかなかいい雰囲気です。

てくてく歩いていくと・・・

最初の駐車場付近に出ました。
なんだ、こっちから行けば急な階段を使わなくても済んだのか・・・

君も真田幸村になって真田十勇士と写真を取ろう!!

このあと千曲川や上田駅前の商店街を見て回りましたが、立体的な移動を強いられて容赦なく体力を奪っていく上田城散策により疲労していたため写真をほとんど撮れませんでした。
できれば別所温泉にも行きたかったのですが、来年以降に持ち越します。

そしてその時点で両脚が限界に達した模様。
両脚ともに死亡確認!
翌日のシーティーエスの株主総会に備えるため、疲労困憊で駅前に予約してあるホテルへと向かいました。

つ、つかれた~。

広告