Googleドキュメントの音声入力で適当に喋ってみた

みなさんこんにちは、モズークです。

今日は、Googleドキュメントで音声入力してみる実験で記事を書いてみます。テストしている限り思ったより使えそうな感じです。今回はiPadのGoogleドキュメントアプリで適当に喋って文章にしてみました。

以下がそのテストです。

広告

まるでいじめのようなテレビ放送と新聞

今のマスコミは連日連夜、四六時中まるでいじめのように安倍総理を叩き続けています。現代人は鬱が多いと言いますが、こんな放送を見続けていれば鬱になるのも当然です。まるで学級会で何も悪くないのに気に入らないからといって吊し上げているようなものです。

なのでもうテレビや新聞は見ない方が良いでしょう。そうすれば鬱な人は鬱も治り、健康になることに間違いありません。

テレビや新聞の時代はもう終わった

もはや時代はテレビや新聞を必要としていません。インターネットで情報を得ることが出来るようになりました。

確かにインターネットは間違った情報もありますが、自分で情報を取捨選択し選ぶことができます。その点において世論を誘導するような放送ばかり続けているテレビやマスコミとはまるで違います。

テレビ放送が始まって70年以上経ちますが、その目的は主に世論を誘導したり、スポンサーに都合の良い情報を発信し視聴者の気持ちを操作することが目的です。簡単に言えば洗脳です。

もはやテレビを見ているのは高齢者や情報弱者といった自分で情報を得ることができない人達だけになっています。そのような人達は、いつまでそのような情報弱者に甘んじているつもりでしょうか。

はやくたくさんの情報に触れどれが正しいか正しくないかを選択する能力を身につけなければこの先生きていくことができません。お年寄りなどはもう先が短いので改善するような余地は少ないかと思います。

若い子たちが既にインターネットでたくさんの情報に触れ自分で情報を選択するという能力に目覚めつつあります。なので徐々にマスメディア等の洗脳から解き放たれていくことでしょう。あと10年もすれば日本はマスコミの好き勝手なこのような状況から抜け出すことになるでしょう。

既にテレビの役割は終わっているのです。

オールドメディアとしての自覚がないテレビや新聞

すでにオールドメディアとなってしまったことに、テレビや新聞は気づいていません。これからはもっと自由にたくさんのチャンネルから、自分で情報を選択できるような状態状態の形式にするべきだと思います。

しかしマスコミは自分たちの既得権益守りたいがために、自由な放送ができるはずの放送法を撤廃することに反対しています。マスコミはまるで平等な構想していると言う前提で偏った放送しているので、放送法を撤廃されると嘘がばれてしまうので困ってしまいます。なので放送法の撤廃に反対しています。まるで自由な放送をしたくないかのようです。そんな事はネットで情報を得ている人たちはみんな知ってることですが。

とにかくもはやテレビ新聞などのオールドメディアは役割を終えました。日本のためにならないことばかりで、国益を損なうようなメディアもういりません。我々投資家にとっても国家運営を邪魔ばかりじて、経済を不安定にするマスコミははっきり言って邪魔な存在です。まともに政策を出さない邪魔な野党とともに滅んでください。

今まさにシリア情勢が緊迫し第三次世界大戦が始まるかもしれないというのに、モリカケばかり言っている阿呆なメディアはもう役割を終えて廃業してください。

というわけで今日はGoogleドキュメントで音声合成音声入力をして記事を書いていました。これから修正する作業に入ります。

音声入力はかなりつかえる

今回は音声入力した文章を修正してアップしました。面白いですね、これ。慣れれば適当に喋ってるだけで、文章の大まかな形ができてしまいます。音声の認識率もかなり高く、これなら寝ながらでも記事が書けそうです。もちろん間違えはあるので推敲や修正は必要ですが、かなり使えそうですね。

そんなわけで、それでは今日はこのへんで。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*