【悪魔のZ】自動車税を払ってきたヨ【2017】

こんにちは、モズークです。

少し遅くなりましたが、先日自動車税39,500円を払ってきました。
自動車を所有していると必ずやって来て、毎年払わなければいけないのでなかなか大きな出費です。

愛車は2リッターの車で約4万円の税金なんですが、一ヶ月にすると約3,300円。
月換算すれば一昔前の携帯代くらいなんですが、1年分まとめてとなるとさらに大きく感じますね。

しかも永く乗れば乗るほど税金は高くなっていきます。
愛車を気に入って大切に乗っている人ほどお金を払うのは、やっぱり納得いきませんね。

クルマに乗リ続けるかぎり、ヤツからは絶対に逃げられない・・
悪魔のZ(税金)!!

広告

ところで電気自動車の自動車税は?

ガソリンエンジンの場合は排気量で自動車税の税額が変わります。
ふと排気量という概念がない電気自動車の税金はいくらなのか気になりました。

調べてみると電気自動車や燃料電池車の自動車税は基本的には29,500円みたいです。
でもそれらのエコカーはグリーン化特例とかなんとかいう税金の軽減があり、75%減額されたり、自治体によっては新車購入から5年間全額免除なんて太っ腹なところもあります。

また新車購入時には国からも補助金が出るようです。
「クリーンエネルギー自動車導入促進対策費補助金」(長いよ!)なるものがあり、申請すれば補助金が貰えるようです。
しかしこの手続きを行っている「一般社団法人次世代自動車振興センター」ってまんま天下り団体ですね・・
この団体の維持費が我々の税金から出ていて、団体職員が高給でピンハネして自動車業界優遇に使われていると思うと微妙な顔になります。

こんな天下り団体、潰せヨ・・

たしかに新車購入の意欲は高くなる気もしますが、変な天下り団体を作って余計なコストをかけるより、全ての自動車税を減額したほうが自動車業界および一般消費者にはありがたいんじゃないでしょうか。

さらにこれまた自治体によっては補助金が出るこ地域もあります。
まさに至れりつくせりという感じです。
なんか不公平な気がしますが・・

自動車税をインターネットで払えるようになっていた・・

わたしの自治体ではどうやら自動車税のオンライン支払いがいつの間にかできるようになっていたようです。
シラナカッタヨ・・

今回は生活費を引き出すついでに銀行で払ってしまったのですが、ネットで払えるならポイントが付きます。
クレジットカードの支払いの引き落としは翌月以降になるので、5月にたまたまお金が苦しいというときでも助かります。
少額の支払手数料がかかるようなのですが、支払いのための外出がめんどくさいという人には微々たるコストです。

そこで気になったのが領収書というか納税証明書。
車検時にはディーラーが必ず持ってきてくださいね、と念を押されるくらい重要なものでした。
オンラインだとこれが発行されないので、車検の年はオンライン支払いできない・・ということはなさそうです。

自治体のホームページで調べたところ、このようにありました。

自動車税の納付確認の電子化について 
 平成27年4月から、車検(継続検査・構造等変更検査)時に運輸支局・自動車検査登録事務所で行う自動車税の納付確認について、従来の車検用の自動車税納税証明書を継続検査窓口に提示する方法に加え、電子的にも行えるようになりました。そのため、車検時の自動車税納税証明書の提示を、原則、省略することができます。

つまり「インターネットで支払って納税証明書がなくても、電子的に手続きされているから証明書はいらないよ。」ということらしいのです。(自治体によって違う可能性あり)

これってこの次の車検からはコンビニとかで払った場合でも納税証明書が不要になるのでしょか?
それともオンライン支払いのときだけ?
これの検証はタイミング良く来年2月に愛車の車検なので、納税証明書が要るのか要らないのか、ディーラーに聞いてみたいと思います。

納税の処理が電子化されたってことは便利になった反面、税金の未納状況も簡単にわかるってことになると思います。

クルマに乗リ続けるかぎり、ヤツからは絶対に逃げられない・・
悪魔のZ(税金)!!

あとガソリン税は二重課税を見直して安くして!!

広告