人の気持ちは空の雲

アイキャッチ

みなさんこんにちは、いつでも上の空のモズークです。

つくづく思いますが人の機嫌ってわからないですよね。さっきまで機嫌が良かったと思ったら数分後に急に怒り出す。怒っていたと思ったら何事もなかったのように接してくる。そんな喜怒哀楽にまともに付き合っていたらこっちが疲れてダウンしてしまいます。最悪その感情につられてこっちの機嫌も悪くなってしまいます。

そんな困った状況のときは「人の気持ちは空の雲」だと思うと楽になるでしょう。

広告

人の気持ちはこちらからは変えられない

雲は色んな形に姿を変えますよね。人の気持ちも雲と同じようにいろいろな形に姿を変えます。

雲の形を見ることはできるけど、こちらから手を伸ばして思い通りの形に変えることは不可能ですよね。同じように人の気持ちもこちらが思い通りに操ることはできません。天気予報でこの先の天気がどうなるかを予測することはできますが、天気を操ることができないのと同じです。

機嫌が悪い人からは離れるのが一番

機嫌が悪い人をたしなめようとして色々話しかけてはいけません。ほぼお互いの意見の叫び合いになってしまい、更に険悪になってしまいます。

人の気持ちを雲だとすると機嫌の悪い人の状態は雷雨や台風のようなものです。

「雷が近づいているから傘さして観察してくる!」
「台風で田んぼが心配だからちょっと様子見てくる!」

こんなことしたらどうなるかはわかりますね。最悪お亡くなりになるフラグビンビンです。

そんなときはじっと避難しておくのが一番です。機嫌の悪い人の近くから離れて、嵐がおさまるまで近づかないのが解決の近道です。一晩もすれば嵐を起こす雲は通り過ぎてしまっているでしょう。

人の気持ちを遠くから眺める

遠くにある雲はあなたに影響を与えることはありません。雲が鬼や悪魔みたいな形になったとしてもあなたにはなんの影響もないのです。そのため冷静に眺めていられるでしょう。

人の気持ちもわたしたちの手に届きません。どんなに怒り狂ったり泣きわめいてもそれに付き合わなければ遠くにある雲と同じです。雲と思えば冷静に眺めることができるはずです。

怒りや悲しみなどの感情を抑えることができるのは、その感情に支配されている当人だけです。周りがなにを言っても本人にその気がなければ収まることはありません。

人の気持ちを変える、そんな無駄なことにエネルギーを費やす必要はありません。さあ、早く逃げましょう。

広告