2019年の目標を考えたけどほぼ去年とほぼ同じだったよ

みなさんこんにちは、モズークです。

さて年が明けて一週間にもなろうとしています。残念ながら大発会では下げて始まった日本の株式市場ですが、まだ株式市場は1日しか開いてないので現時点ではこの先どうなるかとかはなんとも言えません。

なので今日は今年の目標などを考えてみようと思います。以下が今年の目標です。

  • 去年より健康になる
  • VOOと米国株を買い増す
  • 生き残りつつ資産を増やす

見ての通りほぼ去年の目標のバージョンアップですね。何の面白みもないです。

広告

去年より健康になる

これは去年の年始がとてつもなく酷い状態でした。今年はあのときに比べたら健康そのものです。とはいえアグレッシブな健康かと言われると、かろうじて健康というレベルなので、今年はもうちょっとだけ健康になるんじゃ。

去年はカメラを買ってスナップ撮影に出かけることが増え、歩くようになったのですこし健康を取り戻しました。今年はもっと激しい運動をする・・・つもりはまったくなく、去年と同じくスナップ撮影で歩き回るつもりです。

カメラ持って撮影しようとすると自然と山とか森とかに行きたくなるので、かなり険しい道を歩くことになり、怪我さえしなければ十分な運動量になります。変に気張って無理をせず、怪我をすることのないようにしたいです。

VOOと米国株を買い増す

去年の目標はVOOを買うだったのですが、後半は米国株にも手を出しました。なのでこの目標はすでに去年にやっていることです。

今は米国株をはじめ、日本株、そのほかの世界の株も下げています。そのためにVOOの時価が投資額を下回っています。とはいえ米国株は長い目で見れば右肩上がりになる可能性が高いので、気にせずVOOを買い増すのみです。

米国株もNISA枠でVOOが買い終わり、その時点で安ければ買い増していきます。わざわざ個別株を買うよりVOO一本でいいという声もあります。

確かにその通りです。米国株を個別に買う理由は、毎日とめどなく配当を貰う幸せを感じたいからです。少額でも毎日配当が貰えたほうが、満足感が高そうですので。

去年も配当が貰えていたので、下げ相場でも何とかモチベーションを失わずに持ちこたえられました。やっぱりインカムゲインは正義。

生き残りつつ資産を増やす

ご存知の通り2018年は厳しい投資環境でした。わたしの資産も20%以上減少しました。

ですが信用取引をほぼ封印していたため、投資から退場してしまうような致命的な損失を出すことはありませんでした。おそらく信用取引を利用していたら、もっと損失を出していたと思います。

まだ現時点では日本の株および世界の株は上がっていく様子をみせていませんので、今年も信用取引を利用するのは控えると思います。

相場で稼ぐのはもっと簡単な相場になってからでも十分間に合います。わざわざ難しいときにあれこれやって、火傷する必要もありません。

なので今年も資産をできるだけ防衛しつつ、簡単な相場が訪れたら資産を増やすという方向で行きたいと思います。

と3つ目標を上げました。何の面白みもない目標ですが、投資とは面白みのないほうがいいと思っているのでこれでいいのです。

それでは今年も投資を楽しんで!

広告