2018年の目標は「健康」「VOO」「生き残る」

みなさん、あけましておめでとうございます、モズークです。

昨年はあまり更新頻度の多くない当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございました。今後ともなにとぞ変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

正月早々あまりいい話ではなく申し訳ないのですが、わたしは年末年始はほぼ毎日体調不良の日々でした。風邪にはじまり、腹痛、関節痛、頭痛、寒気に順番に身体を蝕まれ、ブログ更新どころではありませんでした。Twitterでちょこっと書き込むくらいが誠意いっぱい。ほんとうに辛い年末から年明けになってしまいました。

広告

まずは健康を取り戻す

そこで今年の抱負は健康を取り戻す最初の1年にしたいと思います。やはり40を超えて不摂生な生活をしていると、普段はいいのですが体調を崩したときのリカバリーが長引きます。

今回も風邪だけならはやいうちに暖かくして汗をかいたので一晩で治って良かったのですが、その汗を流したことにより脱水症状からの胃腸不良、関節痛へと発展してしまいました。その後は動けなくなってしまい、横になりすぎて血行不良からの頭痛、そして食欲不振からの貧血で寒気が止まらずとんでもない目に会いました。

そんなわけでまずは普通に動ける身体に戻すために、食生活と軽い運動からはじめてみようと思います。いくらお金が増えても健康じゃなかったら、あまり幸せではないと今回の件で思い知らされました。いまはやっとブログを更新できるくらい回復しまして、キーボードを打てる喜びに打ち震えながらタイプしております。

いや~、健康尊い!!

今年の投資方針

今年の投資の方針は、単純に米国株ETFのVOOをひたすら買うという作戦で行こうと思います。

昨年末に2018年分のNISAの非課税枠120万円が使えるようになりまして、すでに60万円分ほどVOOに突っ込んだという話は書きました。あと60万円ほどは配当だけでも十分達成できるでしょう。信用取引で細かく稼いで買い増していくのもありです。

そうなると120万円のNISA枠はおそらく今年前半くらいには使い切ってしまいます。その後をどうするのか?ということですが、これはもうめんどくさいから、特定口座でもVOO買い続ければいいんじゃね?と思っています。

歴史的にみれば米国株は、短期的な浮き沈みはあれどずっと右肩あがりです。つまり買ってホールドし続けていればよっぽど損することはありません。損するとしたらリーマンショックみたいな大きな下げのときに、狼狽して売ってしまったときだけです。なので今年1年はVOOをひたすら買い増すマンになろうと思います。

日本株はどうする

これが悩むところなのですが、来年2019年には消費税増税を予定しているため、日本株はそれほど積極的に買おうと思える理由がありません。増税前の駆け込み需要で需要の先食い現象が起こり、一時的に好決算になるかもしれません。ですが増税後は2015年あたりと同じような長い低迷期に入ると予想します。なのでもし日本株を仕込むなら増税後の停滞期まで待てばいいので、わざわざ今買う必要もないかなとも思います。

それまでに上でも書いたように米国株を買いながら、資産のウェイトを米国株にシフトしておきます。もちろん日本株をやめてしまうということではなく、景気や株式市場のサイクルを見通し、次の展開を予測しながら資金を移動させるだけのことです。

また増税後でも変わらず成長し続けられるような会社の株は探していくつもりです。しかしやはり大きな景気の波において、休むことがベストということもあるので、そこらへんは臨機応変にやっていきたいと思います。

あとこれは今年に限った話ではありませんが、とにかく生き残る。

モズーク2018年の目標

  • 健康を取り戻す
  • VOOをひたすら買い増しするマン
  • 生き残る

こんな感じで2018年はやっていこうと思いますので、よろしくおねがいします。

それではみなさんもお体をお大事に、健康にいきましょう!!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*