損切りする意志しない意志

みなさんこんにちは、モズークです。

わたしの場合、株式投資は長期投資なので損切りという概念自体はありません。
自分で調べてファンダメンタルズや業績がいいと思った株を買うので、下がったら逆にナンピンするくらいです。

しかしデイトレやスイングなどの短期トレーダーは損切りをする必要性に迫られます。

  • 5%下がったら損切りしよう
  • いやいや1%下げたらヤバイので損切る

など、それぞれ個人でルールを持っているでしょう。

せっかく買った株だから利益が乗るまで売らない、なんてことをやっていたら20%下げて塩漬け完成なんてことにもなります。
現物ならまだ良いのですが、信用取引だと保有しているだけで利子が付きます。
そうなれば長期保有しているだけで利益からさらに遠のき、制度信用ならば含み損でも返済期限の6ヶ月でオサラバです。

そんなことにならないためには自分で決めたルールを守る強い意志が必要になります。
ひょっとしたら上がるかもしれないという期待を否定し、マシーンのように損切らなければいけません。

ある意味そこには意志がないように感じるくらいの機械的な行動が必要になります。

広告

損切りしない意志

デイトレなどの短期トレードはあたかも意志が存在しないかのような、機械的な損切りをする強い意志が必要と書きました。

では逆に長期トレードの場合はどうでしょう。
長期トレードの場合、基本的に良好なファンダメンタルズや優れた経営、安定した業績、さらに成長性などを重視して株を買います。
そして今現在の株価が企業の価値と同等、もしくは割安の時に買うことになります。
そういう株ならば株価が上がる期待も可能性も高いでしょう。

とはいえ、株というものはどんなに優れた会社の株でも、外的要因によって10~30%くらいは普通に下がります。
大きな災害時などには50%の下落なんてこともよくあります。

ここで意志の弱い人なら株価が下がって含み損が増えたことに動揺して、損切りして損を確定してしまいます。
ですが外的要因による下落は永久に続くものではなく、いずれ元に戻るかそれ以上の上昇をします。
そんなときに株を売ってしまった場合、株価の上昇で得られる利益を失ってしまいます。

せっかくちゃんと調べてしっかりした企業の株を買ったのに、意志が弱いだけで損をしてしまうのです。

会社を調べることは損切りしない意志となる

しっかりと調べて問題ないと思って買った株なら、外的要因による下げでもまたもとに戻るという信念を持てます。

しかしちゃんと調べずにTwitterや掲示板で煽っていたから買ってしまったような株は、下がってしまったら損切りしたくなります。
他人任せで買った株には自分の意志が入り込んでいないので、本当にこれで大丈夫なのかという疑念が湧きます。

よく「この株はあがりますか?」や「どの株が上がりますか?」など聞く人がいますが、たとえ上がる株を教えてもらっても信念がないので下がったらすぐ売ります。
その場合、質問に応えた人は親切で教えたのにも関わらず「お前のせいで損した!」など言われてしまいます。

長期投資の場合は自分で調べない限り疑いが生じてしまい、含み損に耐え長く持つことは難しいのです。

逆に言えばちゃんと調べてしまえば、損切りという選択はなくなるのでむしろ強い意志は必要なくないます。
俗に言う「買っておいて気絶する」というやつです。

ですがやはりちゃんと調べずに適当に買ってしまえば、気絶している間に干からびてザ・マミーになってしまいます。
気をつけましょう。

強い意志には意志が存在しないようにみえる

上で述べたようにデイトレの場合、数%下げたら損切りするという自己ルールを徹底する強い意志があれば、損切りするという行為には意志は必要ありません。
長期投資の場合もちゃんと調べるという強い意志で買った株は、損切りせずに持ち続けるという行為にも意志は必要ありません。

どちらもただ損切りするだけ、保有し続けるだけという行為には意志の介入が要らなくなります。

よくアメコミヒーローは強靭な体や特殊能力を持っていますが、そういうヒーローは意志が弱いのですぐ悩んだり洗脳されたりしてピンチに陥ります。
そんな人間的弱さがキャラの魅力であり、ストーリー的に盛り上がります。

ですが中には物凄く強い意志の持ち主のヒーローもいます。
敵を倒すと決めたら迷わず倒す。
真実を追求すると決めたら最後まで絶対に追求する。
身体能力的にはただの人間と同じなのですが、その行動力はまさに超人です。
そんな彼は強すぎる意志ゆえに迷いがないので、逆に意志を持たずに行動しているように見えます。

本当に強い意志というものは意志が存在しないようにみえるのです。

結局最後は意志しだいである

話がずれましたが、何が言いたいかというと投資も含め、結局最後は自分自身の意志しだいだということです。

本屋で「必ず儲かるテクニック!!」や「これで安心!長期投資のすすめ!」みたいな本を買って読んでみても、それを実行する意志がなければ儲かることはありません。(そもそもその本自体が儲けることができるかは疑問ですが)
理由としては自分で試してきた手法でないので、これでいいという自信が持てないからです。

そして意志というのは自信の裏付けがないと、なかなか持てるものではありません。

自分で確立した手法であれば、それさえ守れば損をしないという自信もあるでしょう。
あとは強い意志でそのルールを守るだけです。

わたしの場合、短期トレードにおいては自信がないので、損切りルールを徹底することはできないのでやりません。
自分のルールが確立してないことには手をださない、という強い意志を持っています。

・・・たま~に実験的にデイトレの真似事をしますが、美味しい塩漬けを作っています。

それではみなさん、投資を楽しんで!!

広告