楽天証券の米国株・ETFの取引手数料が引き下げに

みなさんこんにちは、モズークです。

マネックス証券やSBI証券に対して割高だった楽天証券の米国株・エTFの取引手数料が、今回2017年9月25日より引き下げされます。

『米国株式・ETFの取引手数料が大幅に引下げ!業界最低水準へ!』

これでマネックス証券、SBI証券、楽天証券の米国株・ETF取引手数料が全くの横並びになりました。

わたしは今まで楽天証券で米国株を買おうとしても他の2社に比べて手数料が高いため、投資を躊躇していました。そのため米国株取引のためだけにSBI証券に口座を開こうと思っていたのですが、今回の引き下げでその必要もなくなりました。なかなか絶妙なタイミングです。

最近は楽天スーパーポイントで投資信託が買えるようになったり、アプリのiSPEEDの機能を強化したりと楽天証券攻めてますね。

広告

手数料は下限5ドルから上限20ドル

今回の引き下げで米国株の取引手数料は取引金額の0.45%となり、下限5ドルから上限20ドルになります。

いままでは1,000株まで25ドル、1,000株を超えたら1株ごとに2セント追加という、どうみても大変オトクじゃない感じでした。たった1株でも手数料は25ドルも取られてしまうため、少額で買っていこうと思うとどうしてもコストが高くなりがちです。

しかしこれからは少額取引でも5ドルからになり、これまでの25ドルと比べても単純に5分の1のコストになります。これだけみても今回の引き下げはメリットであり、とてもありがたいです。

コストを考えると1,100ドル以上で買いたい

更に詳しく見てみましょう。

手数料は基本は取引金額の0.045%なのですが、最低金額と上限があります。

上のグラフをみると1,100ドルあたりまでは最低5ドルの手数料が必要になります。そのため1,100ドル以下の金額で取引をしてしまうと、手数料の割合が大きくなってしまいコスト高になります。

投資というものは最初の買い付けコストが高ければその後の投資効率も悪くなってしまいます。できれば1,200ドル以上、1ドル110円として日本円で13,200円以上で取引したいところです。

そこからは取引金額に比例して手数料は上がっていきますが、4,500ドルあたりを超えるとそこで手数料は上限の20ドルから上がらなくなります。ここから上の金額で取引すれば手数料の割合が下がるので、取引コストはどんどん下がっていきます。1ドル110円として495,000円、およそ50万円以上の取引から上のであれば買い付けコストは減っていくので、大きめの金額を投入できる人は大変お得ということになります。

手数料引き下げで米国株がより身近に

米国の株式市場は日本の市場よりも大きく、人口や企業の成長性など非常に魅力的です。ですが実際に投資をしようと思うと手数料が高かったり、為替の両替手数料がかかるためにどうしても大きなコストが掛かりました。そのためこれまではなかなか踏み切れなかった人も多くいたでしょう。

しかし今回の引き下げで、ネット証券で米国株を扱っているところはほぼ横並びになりました。いままで楽天証券を使っていて米国株投資をしたかったけど、わざわざ他の証券会社に口座開くまではしたくないという人にも米国株投資が身近になります。今現在、日本とその周辺を取り巻く国々との状況は非常に不安定化しています。そのため日本の株式市場も安定した上昇を維持できずに停滞しています。

今回の引き下げで少なくとも日本よりは地理的不安が少なく、安心できる市場の米国株投資への道が広がったことは大変よいことだと思います。

それでは投資を楽しんで!!

広告