【株式投資における戦略と戦術】その9:戦略は不安を減らし安心をもたらす

みなさんこんにちは、毎度おなじみモズークです。

今回は【株式投資における戦略と戦術】の9回目ということで、『戦略は不安を減らし安心な生活をもたらす』をテーマに書きます。

戦略 戦術
システムづくり ノウハウ
自動 手動
ふわっとしていてわかりにくい 明確でわかりやすい
利益を守る 利益を上げる
資産全体の増加 取引毎の勝ち負け
長期間あるいは永久 短期間で有限
環境の変化に備える 環境の変化で切り替える
安心 不安

そもそも戦略とはなんのために使うのでしょうか。

軍事戦略なら隣接する相手国があり、その相手国からの攻撃や謀略を防き、安定した国家を営むためのものです。経営戦略ならライバル企業があり、その相手の会社よりも市場シェアをふやしたり、売上を増やし成長し安定した会社運営をするためのものです。

投資においての戦略には、一見するとそのような勝つべき相手がいないようにみえます。しかしちゃんと投資戦略も勝つべき相手がいます。それは人生や生活において、不安を感じる自分自身です。

そして戦略を用いればその不安を感じる自分自身を制し、安心した人生や生活を送ることができます。

広告

平和のためにこそ戦争への備えが必要

平和のためには戦争が必要とはこれまた過激に聞こえるかもしれませんが、平和を守るためだからこそ戦争になった場合に速やかに戦争状態を収めて解決する軍事力が必要です。隣の国が攻めてきて戦争が始まってから迎え撃つ準備をしても手遅れで、完全に間に合いません。戦略的に戦争に備えて準備をしておかなければ速やかに戦争を解決することはできず、平和および安心を得ることはできません。

投資も同じで日頃から暴落や不景気に備えて意識をしておかなければ、いざ市場が荒れた時に不安な気持ちに負けてしまい狼狽して正しい判断を下すことができません。意識の準備ができていなければ、慌てて何かをしなければと思い行動し、最悪の場合立ち直れないくらいの損をします。戦略を用いて資産を運用し、守り、増やし、日頃から備えておけば、いざというときの不安な気持ちに惑わされず冷静な判断ができます。冷静な判断ができれば狼狽して失敗することはなくなり、安心することができます。

安心には客観的事実が必要

安全ではあるが安心ではない、などとわけのわからないことを言う人がいますが、事実を客観的かつ冷静に判断し安全だと結論が出たのなら安心することができます。逆に安心だから安全ということはなく、安心だと勝手に思い込んでしまい、実は非常に危険な状態ということはよくあります。

これまで平和だったからこの先も平和で安心だというのは、安心だと思いこんで戦争という危険から目をそらしている平和ボケ状態です。そこには安全という客観的事実はなくただの妄想であり、いざ戦争になったら阿鼻叫喚です。

投資においても同じです。たまたま大きな暴落がなく調子よく投資で資産が増えてきたから、この先も暴落は起きないだろうと安心してはいけません。それは安心ではなくただの油断であり、気が緩んでいるだけで非常に危険な状態です。

本当に安心したいならばたとえ暴落しても被害を抑え、最悪即死せずに生き残ることができるような戦略を常に考え、準備実行することが必要です。

株式投資において市場が好調な時に利益を出すことは難しくありません。本当に重要なのは大きな変動の時に資産を失わずに守ることができるかどうかです。そして資産を守るためには日頃の投資を客観的に検証し、戦略的に運用しておくことが非常に有効です。そして大きな暴落でも生き残ることができると確信できて、やっと本当の安心が得られるのです。

戦術の勝ち負けはノイズ

戦略を用いずに資産を守ることを考えず、全力でデイトレを続けていた場合少しのミスが資産全体を失いかねない致命傷になります。そんな死ぬか生きるか、一寸先は闇の状態では常に不安がつきまといます。

戦略を用いて資産を守る投資を実行できていれば、デイトレードで多少ミスしても不安になることはありません。戦略は戦術的な失敗をカバーできるので、資産に及ぼす被害は限定的にできダメージを小さくします。そのため戦術的失敗は戦略においては小さなノイズになり、不安を感じる必要が無くなります。

失敗したらどうしよう、損したらどうしようと不安を抱えたままでは、リスクを取って株を買うこともできずに資産を増やすチャンスもみすみす見逃してしまいます。いざというときに不安を小さくし、チャンスには自信を持って行動するためにも戦略的思考は必要なのです。

戦略で人生の不安を減らす

人生においてお金の不安は大きな割合を占めます。もちろん人間関係や仕事の不安もありますが、せめてお金の不安を減らすことができれば生きていく上での不安はずっと軽くなるでしょう。

安定した安全な投資は資産を増やし、お金の不安を大きく減らすことができます。しかし何も考えずいきあたりばったりで手を出しても、逆にお金を減らすことになり不安が大きくなってしまいます。そんなときはこれまで書いてきたように、戦略的思考で資産を守り、増やしていくことができれば、不安を和らげることができるはずです。

もしこれらの記事があなたの資産運用に役立ち、人生や生活の不安を少しでも減らすことができたのなら幸いです。

まとめ

一応今回で【株式投資における戦略と戦術】のシリーズは終了となります。いかがだったでしょうか。

全9回に渡って株式投資と戦略と戦術を絡めて書いてきましたが、現時点では自分の中でまだまだ上手く整理しきれていません。そのため全体的にふんわりとして不明瞭になってしまい、大変わかりづらい内容になってしまったことをお詫びします。でもふんわりして分かりづらいのが戦略なので仕方がありません。

戦略というのは奥が深く人生をかけて研究し続けてもキリがないテーマです。今回は勉強不足で触れることができなかった部分もまだたくさんあります。この先もっと戦略の研究を続け理解を深め、もっと投資に役立てることができるように精進していきます。もしも将来もうちょっとマシな内容が書けるようになったら、再び記事にしたいと思います。

このシリーズを書くために普段使ってない頭を使いすぎたので、しばらくは頭を使う記事は控えてもうちょっと頭の悪い記事を書きたいですね。

それではみなさん、投資を楽しんで!

広告