【株式投資における戦略と戦術】その5:守りの戦略、攻めの戦術

こんにちは、モズークです。

【株式投資における戦略と戦術】も5回目になりました。今回は『守りの戦略、攻めの戦術』をテーマに書きます。

戦略 戦術
システムづくり ノウハウ
自動 手動
ふわっとしていてわかりにくい 明確でわかりやすい
利益を守る 利益を上げる
資産全体の増加 取引毎の勝ち負け
長期間あるいは永久 短期間で有限
環境の変化に備える 環境の変化で切り替える
安心 不安

資産を形成する時に重要視されるのは攻めと守り、どちらでしょうか。これは言うまでもなく守りです。

なぜなら攻める場合にはある程度の資産が必要だからです。現金で株を買うにもある程度の資本がなければ株は買えません。信用取引をする場合にも担保になる株がある程度なければできません。

守るべき資産がなければ、攻める手段すらとることができません。そしてその資産を守る方法はわかりやすいノウハウではなく、いろいろな要素や手法を合わせた仕組みや概念、つまり戦略になります。

広告

急な変動で即死しない状態を維持する

戦略を利用して資産を守ることは、災害や戦争や暴落などの突発的な出来事で資産の殆どを失うことを避けることです。

例えば為替の急激な変動で市場が大げさに反応して暴落し、持ち株の評価額が下がり信用取引の担保としての維持率が下がり、追証が発生してしまう。そして手持ちの現金がなければ資産はあっという間に消えていまいます。こんなときはだいたい信用の維持率が追証ギリギリの場合が多いでしょう。

ではどうすればいいのかといえば、急激な株価の下落に備えて、持ち株の株価が50%下がっても追証が発生しないレベルを維持しながら信用取引すれば安全性は高まります。安全なマージンを維持しつつ、信用取引で利益を積み上げていく。これが資産を守りながら信用取引をするという仕組みになります。

しかしガンガン攻めることしか頭になければ、信用の維持率など考えずに際限なく建玉を増やしてしまうでしょう。市場が安定していて利益を順調に上げていられればそれでもよいのですが、急激な暴落などはいつ起こってもおかしくありません。そこでこれ以上建玉を増やさないという我慢する意志、胆力が必要になります。

ちなみに保有資産が現物の株だけの場合は、よほど変な株でないかぎりは即死することはありません。下がったからといって売ってしまえば損を確定するだけになります。

資産の城を築く

株式投資で資産を守り、増やしていくためには安定した柱が必要です。具体的に言えば事業内容がよく、業績が安定していて成長性のある会社の株式です。こんな理想的な株が資産の割合を一定以上占めていれば、信用取引で少しくらい失敗して損失を出しても資産全体には影響を与えません。

信用取引やデイトレは攻めですので、勝ったり負けたりします。しかし安定した資産の柱がしっかりしていれば、トータルで勝っていけば資産は増加させることがたやすくなります。

もし安定した資産の柱がなければ、信用取引やデイトレの勝敗は即維持率の減少につながり、資産を失う確率が増大します。そうならないためには、まず安定した柱になるようなしっかりした会社の株をある程度買い集め、しっかりとした資産の城を築いてから信用取引やデイトレで攻めをおこないます。

この場合、ある程度の資産を気付くまでは信用取引やデイトレはできないということになりますが、そこを我慢するのも戦略において重要な意志ということになります。

そしてもちろん信用取引やデイトレで得た利益は焼肉ウマーで使ってしまうのではなく、資産の城をさらに堅固にするために柱になるような株を買ってけば完璧です。

理想はキャプテン・アメリカ

資産を守り増やしていく戦略で理想的なのはキャプテン・アメリカです。

「おまえはいきなりなにを言っているんだ?」
「ああ、あの盾だけが強い人ね!」

などと言われそうですが、みなさん知ってのとおりキャプテン・アメリカの盾は基本的に破壊することはできません。そう、どんなことがあっても壊れません。サノスに壊された事があると知っているあなたはアメコミ通好きですね?

話を戻しますと、キャプテン・アメリカの盾は絶対に破壊できません。そして破壊できないために、ぶん投げて攻撃にも利用することができます。キャプテン・アメリカはアメコミヒーローとしては身体能力はそれほど高くありませんが、この絶対破壊されない盾とそれを使いこなす優秀な頭脳、そして強靭な意志を持っています。

これを株式投資に当てはめると、破壊されない盾は安定した資産で、株取引に必要な経験と知識と技術、そして暴落などいざという時に行動できる強い意志。うまいことはてハマると思いませんか?思いませんか・・・残念!!

結局、何が言いたいかといえば戦略を用いて安定して資産を守ることができれば、その守った資産を軸にして攻めるのもやりやすいということです。戦略を用いて強力に資産を守り、戦術を使って資産を増やす。あなたの投資戦略に、こんな考え方も取り入れてはいかがでしょうか?

攻撃は最大の防御なり?ああそんな言葉もありますね。すみません、見逃してください。

それでは投資を楽しんで!

広告