サラリーマンは投資にて最強

みんさんこんにちは、無職のモズークです。

最近というか、今年はかなり厳しい相場になっています。こういうときに無職だとかなり不安になってきます。生活費を貯金の中から出さなければいけないし、それが尽きたらいよいよ資産の取り崩しが視野に入ってくるからです。

含み益があるときなら少しくらい資産を取り崩しても精神的には余裕があるのですが、含み益が減っている状況や含み損が発生してる状況ではなかなか苦しいものがあります。

配当金も入るとはいえ、生活費に使ってしまうと追加投資できなくなるので資産形成のスピードも鈍化します。

こんなときにはやっぱり毎月安定した収入のあるサラリーマン、会社員が最強だと痛感します。無職なのでなおさら。

広告

やっぱりサラリーマンは最強

世間では毎日同じ時間に出勤して、長時間時間を拘束されて働く人のことを社畜などと呼びます。自虐的に自らのことを社畜という人もいます。ですがその見返りとして毎月給料をもらえます。

資産形成において安定した追加投資は重要なのですが、サラリーマンであれば毎月の給料から追加投資することが可能です。これは本当に強いです。最強です。

毎月追加投資できるということは、今年のような不安定な状態の相場でも確実に資産を積み上げていくことができます。安定した収入を投資にまわせるサラリーマンこそ投資にて最強なのです。

給料日の天引きが最強

そんなこといったって、毎月の給料は全然残らないので投資にまわせないと言う人もいるでしょう。なぜ給料が残らないのか、それは残った給料を投資にまわそうとしているからです。

人間は弱い生き物です。誘惑が目の前にあるとあっさり負けてしまいます。誘惑が目の間に合ったときに、自由に使えるお金があったら簡単にお金を使ってしまいます。なので毎月給料は残りません。わたしもそうでした。

その誘惑に勝つには使えるお金を減らせばいいのです。具体的には給料が入ったら、まず決まった金額を証券口座に移動してしまうことです。

銀行口座の預金が減ったら生活できなくなるじゃないかと言われるかもしれませんが、騙されたと思って実際に試してみてください。意外と生活できてしまいます。つまり資産を形成しながら、使うお金も減るということが起きます。

当時は年収400万に満たなかったわたしでも、実際にこれで株式投資の初期の資産を作ることができました。効果は抜群です。

最強のサラリーマンが、最強の給料天引きを使う。まさにこれこそが最強×最強の資産形成方法です。

みなさんも投資を楽しんで!!

広告