100万円貯めることができれば1000万円は目の前

アイキャッチ

みなさんこんにちは、お金大好きモズークです。でもなかなかお金って貯まりませんよね。わたしも最初はそうでした。なぜなかなかお金を貯めることができないのでしょうか。

お金を貯めるコツは習慣化することです。習慣化するためにはまず100万円貯めることに挑戦してみましょう。そして100万円を貯めるころにはお金を貯める習慣が身につきます。お金の貯め方を習慣化することさえできれば、1000万円に増やすこともそれほど難しくありません。

今回はサラリーマンがお金を貯める習慣を身につける方法を書きます。

広告

貯蓄用の口座を作る

給料が振り込まれる銀行口座とは別に貯蓄用の銀行口座を作りましょう。

経験上生活費や引き落としの銀行口座と貯蓄用の口座が一緒だと、なかなか貯蓄額は増えていきません。できれば引き落とししにくい証券口座でも作ってそこに入れておきましょう。証券口座に入れておけばお金を下ろすとき、証券口座→銀行口座→ATMとワンクッション入るので手間が増えます。人間の面倒くさがりな性格を利用してお金を気軽に引き落とせないようにするのです。

使う前に口座に入れる

今日は嬉しい給料日、あなたは給料明細をみながらこう考えます。

「今月は3万円貯金できるように節約してお金を使おう。そして残ったお金を貯蓄用の口座に入れよう。」

では来月の給料日前に残金はどうなっているでしょうか?ちゃんと3万円残せているでしょうか?

答えはたぶんノーです。

人間は欲しいものや贅沢などの欲求に弱い生き物です。余ったお金を貯金しようなんてまずできません。

そうならないように給料の1~3割、手取り20万円だったら2~6万円を給料日当日に貯蓄用口座に入れてしまいましょう。そんなに引いてしまったら生活できないという声もあるでしょうが、意外と数万円少なくても次の給料日まではなんとかなるものです。もしやってみて無理だった場合は、貯蓄用口座に入れる額を少し減らせばいいだけです。

1年で100万円貯めたいなら毎月8万円

よし!1年で100万円貯めてやるぞ!という方もいるでしょう。その心意気や、よし!です。

毎月8万円貯めれば1年で100万円達成です。毎月8万円がきついなら半分の毎月4万円で2年で100万円になります。わたしの場合は実家に住んでいたので毎月6万円でボーナスの月は+20万くらい貯蓄用口座に入れることができたので1年以内に貯まりました。

そして貯蓄額が100万円を超えたらもう無駄なお金の使い方をしなくなっているはずです。100万円貯めたことにより、お金の上手な使い方と貯め方が習慣化されたからです。

100万円あれば投資家の入り口に立てる

貯金100万円を達成したあなた、おめでとうございます。あなたは投資家としての入り口に立つことができました。100万円貯めることによって確実にお金を出すより入れる意識が強くなっています。この習慣を続けることでもう貯蓄が大きく減ることはなくなるでしょう。

ここまできたら貯蓄を投資に回すことで資産にすることも可能になります。10万円では株式市場で株を買おうにも選択肢が殆どありません。100万円あれば株式市場でほぼ全種類に近い株を選ぶことができます。あとは貯金を増やす→投資に回す→資産がお金を生むのサイクルさえ出来上がってしまえば、1000万円まではすぐです。

わたしの場合は株の資産額が300万円をこえたあたりから、再投資による資産増加の加速を実感できました。そのままアベノミクスの初動の株高で資産は数倍になりました。たしかに運が良かったのもありますが、やはり最初の100万円がなければアベノミクスの恩恵にはあずかれませんでした。

お金を貯める習慣まとめ

  • 引き落としにくい貯蓄用の口座を作る
  • 給料日当日に貯蓄用口座に入金する
  • 100万円を貯めるまでの期間を決めて入金する額を決める
  • 100万円を超えたら投資に回す

よほど高給取りでもないかぎりは100万円貯まるまで1年以上かかるでしょう。その間に株式投資の勉強をしておけばベストですね。

それでは投資を楽しんで!!

広告