平成の株式相場を振り返ってみる

今日でいよいよ平成も終わり、明日から令和に御代替わりします。そこで大雑把に平成の株式相場を振り返ってみます。

とは言ってもわたしが株式投資をし始めたのがライブドアショックの頃なので、それ以前はよくわかりません。なのでかなりあいまいなところがありますが、お許しを。

広告

日経平均最高値38,915円

まず平成元年の12月に株式市場は38,915円の最高値を付けます。

このときはもちろん株式投資に興味がありませんでした。いま振り返ってみて平成元年だったんだ~と思うくらいです。てっきり昭和の出来事だと思っていました。

これ以降日経平均はこの高値を超えていません。そう考えると平成はひたすらバブル崩壊の影響を引きずった、時代といえるのかもしれません。

ITバブルそして崩壊

わたしがISDNでテレホマンタイムでインターネットをしてたころ、ITバブルが起き、そして崩壊しました。1990年代後半から2000年初頭のことです。

このときも株式投資には手を出していないので、テレビのニュースで知ったくらいでした。なんとかドットコムと付ければどんどん株価が上がった時代だと聞いています。このバブルで儲けた人も多かったのでしょうか。

ライブドア・ショック

そして2006年1月に起こったライブドア・ショックです。この時期にわたしは証券口座を開きました。まだ口座に入金してなかったので、直接の被害は受けていませんが、連日テレビでホリエモンを見ていたので印象深いです。

しかしチャートを見ると、日経平均への影響はあまりなかったようです。ここで損切で損した人が多かったんじゃないでしょうか。あとライブドア株を持っていた人も損したのでしょう。

あんまりテレビでもてはやされているような会社の株を買うもんじゃないな、というのをここで覚えました。

リーマン・ショック

2008年9月にアメリカの証券会社、リーマン・ブラザーズが経営破綻し、世界規模の金融混乱が起きました。いわゆるリーマン・ショックです。

このときは普通に就職していたので、仕事のほうに影響が大きかったのを覚えています。チャートを見ますとリーマン・ショック以前から株価が下がり続けていたので、世界的な景気の減速があり、リーマン・ショックでとどめを刺したように見えます。

このときに適切な対処を日本政府も日銀も財務省も取らなかったので、日本の不景気が長引き、結果として自民党は下野してしまいます。やはり政治は経済です。

そのあとの民主党政権は言うまでもなく地獄でした。

東日本大震災

2011年3月11日に起こった東日本大震災は、まるでこの世の終わりのような災害でした。震源地の東北のみならず、わたしの住んでいる中部地方でも余震は続きました。

原発を停止したので、電力供給が不安定になり製造業の企業などへも影響を及ぼしました。製造業が生産を控えると労働者の給料が減り、物を買わなくなるので小売りやサービス業などにも不景気が伝播していきました。

時の政権与党民主党は効果的な対策を打たないままで、さらには復興税という不況時に増税というバカげたことをしでかしました。

おかげで結果日本の経済はガタガタになり、もちろん株価も下がるので日経平均も落ち込みました。この不景気はしばらく続きます。

安倍政権誕生

そんな暗い民主党政権の時代も、安倍晋三氏が自民党代表選を制したことにより終わりの気配が近づきます。

2012年12月の衆議院選挙を自民党が制し、3年3か月ぶりに与党に返り咲きました。安倍総理は金融緩和政策、いわゆるリフレ政策を掲げていたので、株式市場はそれを材料に選挙前から株価が上がり始めます。

安倍総理は経済を重視し、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の三つの矢を掲げました。いわゆるアベノミクスです。

第1の矢の金融政策は翌年2013年に日銀総裁が黒田総裁になり、異次元の金融緩和をおもないます。通称黒田バズーカ。その影響で一気に株価は跳ね上がり、長い間日経平均も右肩上がりで上がり続けました。

結果論ですが東日本大震災辺りが底で、そこで株を買っていた人は大きく資産を増やすことができました。

その後は2014年に消費税を上げてしまったために、景気の回復は鈍化します。さらに年々財政出動もショボくなり、2015年にはチャイナショックが起き、今年2019年10月にはさらなる消費税増税が控えているために日経平均はやや足踏みしています。

令和でリベンジ

大雑把に振り返ってみましたが、平成元年の日経平均最高値を30年かけても超えられなかったことは、日本の景気の停滞を表しています。新しい時代の令和では平成の停滞を乗り越え、日経平均4万円を軽く超えてリベンジを願うところです。

そのためにはまず消費税増税の延期、凍結、減税が不可欠です。新しい天皇陛下が即位なさる年に増税なんかしたら、せっかくのお祝いムードに水を差すことになるので、それだけはやめてほしいところです。

広告