株式投資で法人化はアリなのか考えてみた

みなさんこんにちは、モズークです。

最近ちょっと株式投資をメイン事業に法人化するのはどうなのかを調べていました。ちゃんと税理士とかに聞いたわけではないのでかなり適当なのですが簡単に。

自分の会社を作ってそこで株式投資をした場合、自分に給料を払い経費をバンバン使い節税することができます。世間的にも社長や代表者印になれば、社会的地位も上がります。

そのかわり会社を経営するには、ちゃんとした手続きや会計をする必要があり税理士に依頼したりすると、そのコストが大きくかかります。さらに社会保険や厚生年金に入ればもっとコストが上がることになります。

個人投資家の場合、特定口座の源泉徴収なら利益や配当に対して20.315%の税金がかかります。利益から税金が引かれた状態で特定口座に入るので、確定申告は要らずにラクチンです。他に所得がなければ基本的に確定申告する必要もありません。

そのかわり経費に認められるものはほとんどありません。そのため節税効果は全くありません。

さて、どちらがいいのでしょうか?

広告

法人のメリットは節税

上にも書きましたが法人の最大のメリットは節税効果です。

個人投資家の場合は全く認められない経費も、法人なら事業に必要ならば経費としてほぼ認められます。法人で稼いだ利益を役員報酬として自分に払えば、経費になるので利益を圧縮することもできます。

他にも自分の土地を自分の会社に貸して家賃を取れば、それも経費になります。とにかく工夫をして経費にすれば利益圧縮で払う税金を少なくすることができます。

法人のデメリットはコスト

逆に法人のデメリットは事業運営にコストがかかるということです。

まずあたりまえですが、会社設立に費用が必要になります。

株式会社で20万円~24万円+委託する場合は手数料。合同会社であれば6万円~10万円+委託の手数料。

それに当面の運営資金として資本金はもちろん、記帳や会計を自分でできない場合は税理士に委託するため、その費用もかかります。どんなに安い税理士でも法人なら毎月2万円くらいは必要です。さらに決算処理は別料金なのでさらに数十万円必要です。税理士に払う費用は簡単にみて毎年50万円は必要になるでしょう。もちろんこれらは経費にはなりますが、利益が少なければマイナスになってしまうので本末転倒です。

それと黒字赤字にかかわらず、法人住民税はかならずかかるので、毎年最低7万円はかかります。

このようにいくら経費を計上して利益を圧縮できるといっても、法人であるだけでかかるコストは毎年100万円くらいはみておく必要があります。とにかく法人はコストがかかるため、少ない売上では利益がほとんど無くなりメリットはありません。

利益が1000万円をこえたら法人化を考える?

一般的には個人事業で利益が1000万円を超えたら法人化を考えるといわれています。1000万円くらいから税率が個人事業の場合の課税額を逆転し始めるという原理らしいです。(よくわからないけどそうらしい)

ですが、それは一般的な個人事業と法人を比べたときです。

株式投資で特定口座の源泉徴収だけの場合は、どんだけ稼いでも税金は20.315%です。しかもめんどくさい記帳や確定申告も不要です。(住民税と国民保険料のために無収入申告はしておいたほうがいい)

法人の場合は、わざわざ稼いだお金を無理やり(?)使って経費にし、税理士に依頼して高い料金を払い、頭を使ってあれこれ工夫して節税を試みる。そりゃ誰だって稼いだお金を税金で持っていかれるのは悔しいです。

ですが、これって実は非常にめんどくさくありませんか?その数多くの手間と時間に対して、残ったお金は割に合うのでしょうか?

手間を考えると無理に法人化する必要はない

もともとわたしの場合、面倒なことをしたくないから不労所得目的で株式投資を始めました。

よく考えれば法人でこれだけ手間とコストをかけて節税するより、源泉徴収でお手軽に済ませるほうが当初の目的に近いのです。いくら法人が節税効果があるといっても、やはり利益に対してある程度は税金が発生します。個人投資の場合と法人で比べてみたらトントンという可能性もあります。

もし手元に残る利益が同じだとしたら。家で寝転びTwitterでつぶやきながら株取引するのと、会社としてしっかりと経営しながら毎日ビシっと仕事をするのはどっちが楽かときかれたら、もちろん前者です。

繰り返しますが、もともと楽がしたいから株式投資を始めたのです。そのため個人投資家で食っていけるだけの利益が出せるならば、わざわざ法人化することもないのでは?とも思います。

他にやりたいことができたら考える

ただ他にやりたいことがあって、そのサブ事業的に株式投資もやるというなら法人化もメリットがあります。

その場合、たとえばメイン事業が不振でも株式投資で稼げれば会社は運営存続できます。逆にメイン事業が儲かり、株式投資で赤字の場合は利益通算できるので節税になります。

ですが株式投資をメイン事業にしての法人化はわざわざやる必要がない、というのが今のわたしの結論です。そしていまのところやりたい事業がないので、法人化は見送りです。

将来的になにか楽しくて面白そうなこと見つかり、幸運にも資本がのこっていれば起業したいとは思っていますが。

というわけで、今回はこのへんで。みなさんも投資を楽しんで!

広告