だろう運用とかもしれない運用

みなさんこんにちは、モズークです。

今回は投資においての危機管理としてのだろう運用と、かもしれない運用について書きたいと思います。

自動車免許を持っている方は自動車学校で、だろう運転とかもしれない運転というのを学んだかもしれません。自動車の運転というのは便利や移動のスピードと、事故を起こすリスクを天秤にかけているといえます。

自動車というものは普通に運転しているだけでも事故を起こす可能性が必ずあります。気を付けて運転すれば見通しの悪い交差点では徐行するとか、右折左折では死角を意識したりして事故の可能性を低くすることはできますが、事故の確率をゼロにすることはできません。

だろう運転とは見通しの悪い交差点でも何も飛び出してこないだろう、左折時に死角に自転車や原付なんかいないだろうと事故の可能性を甘く見る行為です。

逆にかもしれない運転とは見通しの悪い交差点では車や人が飛び出してくるかもしれない、左折時に自転車や原付が死角にいて巻き込むかもしれないと事故の可能性を常に考えている行為です。

どちらが事故を起こしやすいかといえば、いうまでもなくだろう運転です。運転の上手い事故の少ないといわれる人は、ほぼ間違いなくかもしれない運転です。

広告

だろう運用

さて前置きが長くなりましたが、これを投資に応用してみます。

この株は必ず上がるだろう。だから信用枠いっぱい買っても追証にはならないだろう。

こんな気持ちで投資(投機?)をしていたらまず確実に追証になります。

自動車で例えると、この道は安全でパトカーが巡回していないだろう。だからスピードを車の限界まで出して大丈夫だろう。

こんな感じです。運が良ければ目的地に早く着きますが、結果はパトカーに見つかって免許取り消し、もしくは電柱や他の車とぶつかって事故。すなわち死です。

これはわずかな時間と自分の命を天秤にかけているようなもので、リスクに対して得られる結果が割に合わない気がします。

株式投資ならわずかな利益と引き換えに追証ギリギリで取引するようなものです。

かもしれない運用

ではかもしれない運用はどうでしょうか。

この株は下がるかもしれない。だから信用枠いっぱい買ったら追証になるので控えめに買っておこう。

これも自動車で例えると、この道は危険かもしれないしパトカーが巡回してるかもしれない。だからスピード控えめで安全運転で行こう。

この結果は目的地に早く着かないかもしれませんが、警察のお世話になる可能性や事故の可能性は低くなります。

株式投資なら手っ取り早く儲けることはできませんが、追証の可能性も低く抑えることができます。

ふつうに考えれば買った株が必ず上がるわけはないので、手堅く追証になりにくい、かもしれない運用でいくのが当然でしょう。むしろ信用取引も利用しないくらいのほうがいいかもしれません。

どちらもリスクはゼロにはならない

とはいえいくら自分が気を付けていても、投資の世界は何が起こるかわかりません。

  • 災害が起これば下がる
  • テロが起これば下がる
  • 他の国が破綻しそうだとニュースが出れば下がる
  • 大統領がツイートしたら下がる
  • 何もないのに下がる

ぶっちゃけクソゲー並みの理不尽な動きをするのが投資の世界です。こんなときにはだろう運用だろうが、かもしれない運用だろうが関係なく資産は減りますが、生き残る可能性が少しでも高いのはかもしれない運用です。

自動車なら想定外の事故が起きても、最悪自動車保険に入っておけば破産する可能性はかなり抑えられます。無保険は自分は事故を起こさないだろうという、だろう思考ですね。

投資の世界には自動車保険のような便利なものはなく、自分で逆の売買をしてヘッジするか、CDSのように破綻したら儲かるような商品に手を出すしかありません。これはもう投資ではなく完全に投機ですが。

なので資産の運用については最悪すべてを失う取引は避け、かもしれない運用で手堅く慎重に運用するほうがよいと思います。

それでは今回はこのへんで、気を付けて投資を楽しんで!

広告