【ハンドレッドバガー計画】その1:Amazon.comを分析する

みなさんこんにちは、モズークです。

株価が10倍になることをピーター・リンチはテンバガーと呼びました。いまでは株式投資家の間では一般的な単語となっています。

あたりまえですが100万円分買っておいた株がテンバガーになれば1000万円です。あれ?思ったよりもインパクトが足りない気がしませんか?

そうです、確かに買った株が10倍になるというのは大変素晴らしいのですが、これで引退や~めた!というほどの効果はないのです。一般的にセミリタイアを目指す人が引退可能と想定している資産は1億円以上です。つまりテンバガーを達成した後、増えた資産でさらにテンバガーをもう一度達成しなければ1億にはなりません。

え?テンバガーを狙わなくても地道に投資していけば1億は可能?はい、そうですね。ですがその手法では売ったり買ったり売ったり買ったりと手間がかかります。普通のサラリーマンや仕事をしている人はそんな時間はありません。

つまり何が言いたいかというと最初から100倍、つまりハンドレッドバガーになる株を100万円買っておいて放置しておけば夢の億り人になれるのです。

はい、そんな株がわかれば苦労しませんよね。誰だってそー思う。わたしもそー思う。

ですが過去に100倍を達成した株は実際に存在しました。おそらく今現在上場している株の中にも将来100倍になる株は潜んでいるはずです。

そんな100倍になる株を見つける計画、それがハンドレッドバガー計画です。

広告

過去のハンドレッドバガーに学ぶ

100倍になる株を探すには、過去に100倍になった株を参考にすればええやんけ!!というわけで過去にハンドレッドバガーを達成した会社を分析してみます。

Amazon.com

ネットで通販するならアマゾン、というくらいの知名度を誇るアマゾン。小売とITと結びつけ、ITバブル時はもちろんITバブルが弾けた後でも、一時的に株価を下げたあとは順調に成長を続けています。

書籍ECから始まった事業も今では殆どの商品を網羅し、おまけに電子書籍ものシェアも4割以上という恐ろしい会社。それでいてAmazon Primeなどの新しいサービスもどんどん出してきて、保身などこれっぽっちも考えていません。企業はある程度の大きな規模になったら成長が鈍化するものですが、アマゾンにはそれがありません。おそらくこの先もなにか新しいサービスを出してくるでしょう。

一方、その成長に対してアマゾンに属する労働者の仕事量が急激増えたため、労働環境の悪化や運送会社との関係悪化なども招いています。

まだ赤字のうちに買っておく

そんなアマゾンですが、初期の数年間はは利益を出せない会社でした。あまりにも利益が出せないので、バカにされ続けたそうです。それでもそんな利益を出せないときに、先見の明でアマゾン株を買っておけば、はい!ハンドレッドバガーです。

つまりハンドレッドバガーの条件の一つは、

初期に利益を出せなくても、素晴らしい事業であれば買っておく

といったところでしょうか。

そんなアマゾンのように、初期は赤字ですが将来業界を変えてしまうほどの事業を展開している会社はあるでしょうか?もしあるならばそれはハンドレッドバガー候補かもしれません。

とまあこんな感じで過去のハンドレッドバガー株の会社を分析していきたいと思います。たぶん不定期のシリーズ企画になります、というかします。いま決めました。まさか書いてる途中までシリーズ企画になるとは思ってませんでしたが、結果オーライということで。

なおこの適当な分析を読み株式投資して損失を出しても、自己責任でお願いします。

それでは投資を楽しんで!

広告