【こんな会社の株を買え】Point10|あなたがなにかを感じた会社

アイキャッチ

みなさんこんにちは、モズークです。

10回に渡って書いてきました『こんな会社の株を買え』もいよいよ最終回になりました。さて最後の記事は『あなたが何かを感じた会社』というテーマで書きます。

なんじゃそりゃ、最後は精神論的な話かいなと思われるかもしれません。しかしわたしは声を大にして言いたい。

「人間の直感を舐めるな!」と。

広告

直感は潜在意識からのサイン

株式投資だけでなく人生における選択はすべて、最後は自分の直感に従って判断するしかありません。わたしは直感とは無意識下において、これまで積み重ねた経験や知識がはじき出したひらめきだと思っています。

スポーツ選手は膨大な時間を練習に費やすことによって、経験を積み重ねます。そうすることで瞬間的に次の判断を下すことができます。わたしのような素人の目からみたら、直感で動いているようにしか見えません。

長年運転してきたドライバーは事故が起こりそうな雰囲気を周辺状況から感じ取ります。曲がり角から人がとび出てこないか、いきなり前の車が急ブレーキで止まらないかなどを感じスピードを緩めます。これもいちいち頭で考えずに直感で行われます。

人間は生きている間に経験したことはたとえ忘れていると思われることも、潜在意識で覚えているものです。よく感が鋭いといわれる人は、自分の潜在意識からのサインに気づきやすいのでしょう。

やることをやったなら最後に直感が物を言う

四季報で業績の指標や経営状況を調べ、ネット検索や聞き込みで会社の評判を調べ、これなら株を買ってもいいかなという会社を選んだとします。そこでしばらく考えてください。本当にこの株を買ってもいいものか、何か見落としはないか。最低でも数日、できれば数ヶ月は監視しながら自問自答しましょう。そうすることで潜在意識が勝手に情報を整理し、数値や文章ではわからないことが見えてきます。

このようにやるだけのことをやったなら、あとは気づきに任せてみる。そして自分の直感を信じて、その株を買うか買わないかを決断してください。

考えるな、感じろ

ブルース・リーは映画「燃えよドラゴン」でこう言いました。

「考えるな、感じろ」

最後に頼れるのは自分の勘しかありません。

ウォーレン・バフェットは投資先の株を買うか買わないかの判断に10分もかけないといいます。バフェットは常に何千、何万という会社の資料を読みあさり、常に株のことばかり考えています。バフェットにとって株を買う買わないの判定は、ほんのすこし資料に目を通せば無意識にできるレベルになっています。まさに考えるな、感じろです。そこには一片の迷いもありません。

時間の空いているときは、常に会社を調べる癖を身につけてください。そうすれば自然と会社を見極める目が養われていきます。そしてその積み重ねがやがて習慣となります。そうなればあれこれ悩むことはなくなり、感じるように投資判断を下すことができるようになるでしょう。

まとめ

この10回にわたり『こんな会社の株を買え』で言いたかったことはとにかく自分で行動し判断することが大事ということです。

株を買うときには指標、業績、評判、経営陣の姿勢、ライバル会社など多方面から調査をする。調査の結果を熟考した上、買うか買わないかの判断は自分で行う。そしてその判断には自分で責任を持ち、成功も失敗も受け入れる。これができるようになって初めて一人前の投資家といえるでしょう。

わたしの書いた記事で、そのお手伝いができたのなら幸いです。ここまで読んでくださってありがとうございました。

「俺達の株式投資はこれからだ!!」

ブログ主の新しい作品にご期待下さい。

それでは投資を楽しんで!!

広告