正直期待はずれのNISA

こんにちは、モズークです。

毎年120万円までを上限に株や投資信託などの売却利益や配当が非課税になる制度、それがNISA。
本来は少額投資非課税制度などというやたら長ったらしい名前です。

2014年1月から鳴り物入りで開始された本制度は、当初非課税枠が100万円でスタートしました。
このNISAの開始によりこれまで投資に興味のなかった層が、資金を投資に回すという期待が膨らみました。

しかし、その期待は儚くも打ち砕かれました。
思ったほどNISAの口座数は増えず、2016年末の時点で1,069万口座となっています。

わたしはNISA開始当時はこの制度をどうやって上手に使おうか考えていました。
そして2年くらい使ったところで上手に活用するのを諦め、今では全く使っていません。

今回はそんな期待はずれな現状のNISAについて書きます。

広告

そもそも使いにくい

その理由がそもそも使いにくいからです。
まず年間120万円(開始時は100万円)という非課税枠が小さすぎて使いにくい。
この非課税枠ではそこそこの額の株を買ったら数単元しか買えません。
しかも一度使用したら、株式を売却しても非課税枠は回復しません。

120万円のうち10万株を買って売ったら、その年使える非課税枠は110万円に減ってしまいます。
そのため高値掴みをしてしまったら損切りや他の株に乗り換えることがなかなかできず、塩漬けになる可能性が高くなります。

これは120万円の範囲だったらその年は何度売買しても非課税枠は減らないようにしたほうが良かったと思います。
もし非課税枠が回復するとデイトレみたいな投機が増え、健全な株取引ができなくなるという声もあるでしょう。

ですがたった120万円くらいの少額では市場を不安定にするような売買はすることはできません。
仕手筋の投機家は億単位の大きな額を扱うので、そもそもNISAの120万円くらいでは影響はありません。
しかもおそらく12月くらいになれば、120万円の枠に収まるように資産額を調節しようとすることになり自然とデイトレも減ります。
これによって年末に向けて売買を繰り返し、ポートフォリオを調節、確立し次の年に挑むというサイクルも生まれます。

このような理由で使用した非課税枠は回復するように制度の変更を望みます。

利用期間が有限

NISAの利用できる期間は買い付けた年から5年でその年の非課税枠は終わります。
その最終年に売却するかロールオーバをするかを選択するのですが、これも期間が短すぎるため利用しにくいのが問題です。

株式投資はどんなに業績のいい企業の株でも、確実に5年で株価が大きく上がるとは言い切れません。
景気や世界情勢によって5年くらいは株価横ばいということもよくあります。

しかし10年、20年と持っていれば2倍、3倍になる可能性は高くなります。
5年などとケチくさい事は言わずに期限は無期限にしてしまえばいいです。

しかも2023年でNISA口座での買い付けは終了し、非課税枠である終了期間の5年後の2027年末で制度自体が終了してしまいます。
おそらく制度の恒久化については議論されるとは思いますが、NISAのいまのままの状態では制度の恒久化は難しいかもしれません。

信用取引の担保として利用できない

NISAは別口座なので、信用取引の担保として利用できません。
これもNISAで株を買うことにブレーキをかけてしまっています。

NISAといえども普通の口座と同じように、信用取引の担保として利用できるようにしたほうがよいです。
そして追証発生のときはNISA口座の株も普通の口座と同じように、自動売却するようにしてしまえばいいのです。

追証を発生させることは投資家としては失格の烙印を押されることです。
そこは投資家本人の責任なので仕方のないことでしょう。
そもそもNISAで担保として利用できないため、維持率も低くなるので追証が発生しやすくなるのではないでしょうか。

NISAを利用しやすくするためには

まとめますと、NISAをこの先利用しやすくするためには、

  • 売却時の非課税枠の回復
  • 口座枠の期間の5年を無期限化
  • 制度自体の恒久化
  • 信用取引の担保としての利用可

これくらいの変更をしないと、個人投資家にとっては使いにくいままで気軽には利用できません。

おそらくいまのNISAは雛形みたいなもので、この先の議論でいろいろと変更されるでしょう。
そのときは利用枠の額を僅かに増やすだけのような小手先の変更ではなく、個人投資家にとって利用しやすい制度になることを願っておきます。

それでは、投資を楽しんで!

広告