日経平均14連騰で迎える衆議院総選挙に注目

みなさんこんにちは、モズークです。

2017年10月20日の終値でも日経平均が上がり、57年ぶりの14日連続値上がりとなりました。・・・らしいです。さすがに57年前は生まれてないからわからないし・・・・1960年といっても何があったかなんて思い浮かばないし。

それくらい昔のことで、とにかくとんでもない事態ということです。思えば結構すごい時代に投資家やってるんじゃないかと思います。14連騰ときたら15連騰も期待したいのですが、どうやらその命運は22日の衆議院総選挙の結果次第になりそうです。

広告

自民党が圧勝すれば15連騰は確実?

選挙の結果が自民(と公明)が圧勝すれば、これまで通り金融緩和の継続は確実となります。また来年の黒田総裁の任期終了に伴う日銀総裁も、自民党によりリフレに明るい人事になるでしょう。

これまで続けてきて失業率改善や雇用において結果の出ているアベノミクスの継続ということで、株式市場にも安心感が生まれ翌日の株価は上になる可能性も高くなります。あくまで上がるという可能性が高いということですが。株式投資において絶対ということはありませんので。

ですが自民党がかなりの議席数を落とした場合は、まず間違いなく23日の株価は下がるでしょう。予想以上に議員を減らすことになれば、安倍総理の去就問題にも発展しかねません。そういう憶測が飛び交えば、アベノミクスも終了という雰囲気になります。そんな状態で株が上がるとは思えません。おそらく2012年から続いた株式市場の好調さも5年で終了という事態になります。

できれば株式市場は東京オリンピックのある2020年までは好調さを維持しておいてほしいのですが。

北のカリアゲ君がおとなしかった

この14連連騰の背景には、ずっとうるさかった北のカリアゲ君がおとなしかったことも影響していると思います。やれミサイルだ、核実験だ、ソウルを火の海だ、アメリカの老いぼれだ、などとカリアゲ君がアクションするたびに日経平均は下がり続けてきました。しかし近頃はお金が尽きたのか、米の収穫をしているのか、成人病が悪化したのかわかりませんが、カリアゲ君がおとなしかったおかげでスルスルと日経平均は上がり続けました。

わたしが思うに、もともと日本の株はもっと上でもおかしくない状態です。漬物石のように黒電話が蓋をし、株価だけが不当に押さえ付けられていただけなのです。なにもなければこれぐらいの連騰はあたりまえにできる、日経ちゃんはやればできる子だったのです。

日経平均5000兆円も目前ですね。

どんな結果でもいいように備えておく

22日の夜は台風も近づいており、おとなしく家で酒でも飲みながら選挙結果の観戦するつもりです。選挙の結果がどうであれ、その結果については文句をいうつもりはありません。それは国民ひとりひとりが選んだ結果です。もし経済オンチの政治家を選んでしまい、景気が悪くなってもそれはしかたのないことです。

ただわれわれ個人投資家のやることは、どのような結果になろうとも社会の先を読み準備をして対策をする。そして自分の資産をしっかり守り増やしていくことが、一番大事なことです。

でもできれば15連騰になってほしいですね。この14連騰でわたしの資産への恩恵はありませんでしたけどね・・・

それでは投資を楽しんで!!

広告