株式分割についてあれこれ考えてみた

こんにちは、モズークです。

本日持ち株のうちの一つの銘柄が株式分割を行いました。株式分割とは単純に言えば株を分割するということです、そのまんまですが。

1:2で株式分割を行うと株数全体が倍になるので、持ち株も倍になります。ですが株数が増えても会社の企業価値が変わらずそのままなので、企業価値を株数で割ると株価は半分になります。なにも難しいことではなく、ほんとうにそれだけのことです。

ではなぜ株式分割をするのかということと、株式分割を行ったことによりどんな影響があるかについて考えてみます。

広告

影響はとくにない

株式分割においての影響はとくにないです。

さきほど書いたように株数が倍になっても株価は半分なので、全体としては何もかわっていません。保有していた100株1,000円だった株が、1:2で株式分割した場合200株500円になるだけです。

どちらも資産としての10万円の価値は変わらずです。そんなわけでして、株式分割による影響はとくにありません、はい。

そうはいってもなにかあるんじゃ?

とくに意味はない株式分割にあえて意味を持たせようとするならば、1単元でみた場合の株価が半分になりますので買いやすくなります。

今まで1単元あたり20万だった購入金額が株式分割により1単元あたり10万円になれば、20万はちょっと高いなと思っていた人は買いやすくなります。20万円はPON☆と出せないけど、10万円ならHESOKURI☆でなんとか買えるぜ!っていう人にはメリットになります。

あと買いやすくなるのと同時に株数の絶対数が増えるので多少流動性が上がるかもしれません。ただ『株式投資に流動性って必要なの?』でも書きましたが、長期で保有する投資手法の場合は頻繁に売り買いするわけではないので流動性自体あまり影響はありません。

株価は上がりやすくなるのか?

株式分割で株価が上がりやすくなるのかどうか?ここは気になるところでしょう。ですがやはり株式分割でとくにファンダメンタルにおいては変化があるわけではないので、株価が上がる影響はありません。

無理やりこじつけるなら、限りなく注目されなかった地味な株が株式分割で話題に上がればひょっとしたら株価が上がるかもっていうくらいのレベルです。株式分割程度でちやほやするほど投資家は暇ではありません。

クラスで目立たなかった地味な子が、週明けにイメチェンで髪型を変えてみた程度の影響だと思います。時間が経てばすぐに目立たなくなるでしょう。

ただ話題になったときに企業の業績が見直されて価値の再評価という流れで、買いが増えるかもしれません。でもそれは別に株式分割が原因で株価が上がったのではなく、もともと優秀な会社だから上がったのです。

株式分割の発表があったから話題性で買おうといのはあまりおすすめできません。

東証2部などの銘柄なら東証1部への昇格への可能性・・・も?

株式分割を行う会社が東証2部やジャスダックなどの銘柄ならひょっとして東証1部への市場変更や昇格への合図かもしれません。

どういうことかといいますと、東証1部への昇格の条件に株主が2,200名以上というものがあります。単純に株数が1,000単元しかないとしたら、株主はどれだけ増えても1,000人にしかなりません。

しかし株式分割をして株数を2,200単元にしたなら2,200人が株主になることもできます。実際は2,200人を株主にしようと思ったらもっと株数を増やさなければいけませんがそれは置いておいて。

つまり現在の株主数が1,900人とかだった場合に、株主を2,200人以上に増やしたい目的で株式分割(や立会外分売)をするという場合もあります。株主が2,200人以上あれば東証1部への昇格条件が満たされることになりますので、目ざとい投資家は「この株式分割は東証1部への昇格の合図では?」と勘ぐります。

東証1部への昇格や市場変更はそれなりに話題性はありますので、ひょっとしたら株価が上がるということも考えられます。ですが実際は東証1部になったところで株価はそんなに反応しないことのほうが多いです。

また、市場変更しただけではやはりファンダメンタルにおいてはなんの影響もないので長期投資家にとってはとくに意味はありません。東証1部銘柄になることによってファンドが買い付けしやすくなるとか、銀行から融資を受けやすくなります。これは安定した資金調達をしやすくなるということで、会社側にはメリットがあります。

株式分割?そういえばあったな

投資家にとっては一株あたりの価値を高める自社株買いになどに比べて、株式分割はとくに意味を持ちません。数ヶ月前に株式分割の発表があってから忘れた頃に株数が増えていたとしても、「そういえば株式分割があったな」程度のものです。資産としての保有株にはそんなに大した意味はありません。

近年NISAの影響で株の最低購入価格を下げるために株式分割が行われやすくなっています。NISAは年間120万円の範囲しか株の買い付けができないので、もし1単元121万円だったら買えません。そんなときは株式分割で単元あたりの価格を抑え、投資家がNISAに組み込みやすくするのです。

それにつけてもNISAの使いづらさよ。

ピザの切れ目よりピザ自体に目を向ける

株式分割は大きいピザを食べやすいサイズに切り分けるようなものです。

いくらピザを切り分けてもピザ全体の味や大きさは変わりません。株式分割も結構ですがピザ生地の切り込みに注目するよりも、ピザ自体が美味しいかどうかのほうが重要なことです。さらに贅沢を言えば見てるだけで勝手に大きくなっていく、そんなピザであればなおよろしいと思います。

実際に勝手に大きくなるピザがにあったらホラーですが。それでは投資を楽しんで!

広告