米国株投資のいいところ

みなさんこんにちは、モズークです。

ここ最近は日本株よりも米国株に重心を移し始めています。今年の4月くらいからちょこちょこと米国株を買い始め、7月からはまとまった銘柄数を買い集めています。今現在では保有銘柄は43銘柄になりました。

そんな米国株投資を初めて半年もたっていないようなペーペーの若造(中年)ですが、若造なりに米国株を買ってみてよかったことを書いてみたいと思います。

広告

煽りがいない

日本株投資をしていてTwitterで情報を集めようとすれば、嫌でも買い煽りの銘柄連呼を目にします。

ところが米国株ではそういった買い煽りは全くいません。Amazon!!Amazon!!とかP&G!!P&G!!とか煽ってる人を見たことがありません。というか米国株のことをつぶやいている人がほとんどいないのですが。

日本株の場合、ちょっと小金を持っている有名人が買い煽れば、それに群がるイナゴと呼ばれる方々の影響で株価が吊り上がったりします。これは日本株の規模が小さいために株価誘導できてしまうからです。

その点米国株はちょと小金を持った有名人が煽っても、規模が大きいため日本のイナゴくらいでは全く影響が与えられません。だから煽る人がいません。なので米国株投資は静かで平穏な気持ちでいられます。

決算報告の封筒が届かない

日本株の場合、株を保有している会社から中間と期末に決算報告の封筒が届きます。配当を出す会社ならその通知も別に届きます。株式分割時にも届きます。そのほかにもいろいろと届きます。

保有銘柄が10以上超えてくると毎年数十通届きます。もっと多く保有している人には、下手したら100通以上も届くことになります。ぶっちゃけ紙資源の無駄遣いだと思うし、会社のコストもかかります。

報告がしっかりしているのは良いのですが、今は決算報告とかは会社のサイトで見れるのでせめて希望者は電子文書で見るようにして欲しいです。

その点アメリカ株は封筒が届きません。これは日本に住んでいるから、送ってこないだけかもしれません。送ってこなくていいですが。

調べてみたら、昔はもともとアメリカには株主に決算報告を郵送する習慣はなかったそうです。今ではどうなのか知りません。

ともかく各報告の封筒が届かないので、無駄にゴミは出ずに環境にも優しいです。

いい意味で冷めた目で見ることができる

数十銘柄の米国株を保有していますが、株価の上昇や下落を気にしたことがありません。微妙に無関心というか他人事というか、自分の資産なのにどこか冷めた目線で見ています。

考えられる理由として微妙にタイムラグがあり、どこか別の国の出来事のような気分になるのでしょうか。(別の国の出来事です)

これは別に悪いことではなく、株価の変動に一喜一憂しないで済んでいます。日本株だと株価のわずかな上昇でハラハラしてすぐ売ってしまうことが多いのですが、米国株にはそういうことがありません。

この冷めた目線というか、ちょうどいい距離感は長期投資にはいい方向に作用しそうな気がします。

こんな感じで簡単に米国株を始めてから、いいと思ったところを書いてみました。ほかにも配当が年4回とか、1株から買えるとか、日本より経済規模が大きいとかありますが、そこらへんはいつも言っているので今回は外しました。

まだ米国株を買い始めて半年なので、1年後は違うこと言っているかもしれません。

そんなわけでそれでは今回はこのへんで、投資を楽しんで!

広告