大昔のデジタル一眼を引っ張り出してスナップしてきた

みなさんこんにちは、モズークです。

今日は正月に体調を崩したのでこれは体力を付けなければいけないと思い、トレーニングとリハビリも兼ねてスナップ写真を撮ってきました。昔はよくスナップを撮り歩いて一日中そこら辺をさまよっても平気だったのですが、いまはもう歳のため今はもう3時間も歩けば脚がギブアップしてしまいます。できれば昔のようにどんだけ歩いても平気な状態まで持っていきたいと思っています。

そんなわけで使わず放置されていたカメラを掘り出して街に繰り出しました。

広告

コダックブルーのニクいやつ

掘り出したカメラはオリンパスの黒歴史フォーサーズ(マイクロフォーサーズじゃないよ)のデジタル一眼レフE-300です。昔このカメラを買ってわりとすぐに目の病気で手術したため、術後しばらくファインダーを覗くことができなくなって、使わなくなりそのままになっていたカメラです。軽く10年は放置していたのでちゃんと動くかどうかのチェックも兼ねてスナップしてきました。

結果は特に不具合もなくまだまだ十分使えるという感想です。画素数は今では少し心もとない800万画素ですがパソコンで見るには十分です。またこのカメラのCCDはコダック製を使っているため、独特な色合い通称コダックブルーなる色がマニアの間では評判です。

古いカメラなのでオートフォーカスは遅い、測光はかなりアバウト、記録メディアがコンパクトフラッシュといろいろと時代を感じますが、気楽にスナップ程度だったらまだまだ現役で使えます。そんなわけでオリンパスE-300で撮ってきた写真をアップしておきます。

よければ見てってくださいな。

広告