4345シーティーエスさんから配当をいただきました | 2019年6月

去る5月18日の早朝にシーティーエスさんから、2018年の期末配当が証券口座に入っていました。

配当額は1株6円の66,000株保有で税引き前396,000円。税引き後は315,553の配当金をいただきました。いつもありがとうございます。

これで中間配当と合わせた2018年のシーティーエスの配当額は、合計576,522円になりました。昨年2017年の配当合計額は468,150円なので、1年で1.23倍の配当額になりました。今年は計画のつまづきもあり業績は微増でしたが、配当はガッツリ増えています。

シーティーエスは業績のふるわない年などは増配が無かったりもしますが、この調子なら数年後には配当額は2倍くらいになってるかもしれません。はい妄想。

8年で80倍

調べてみたところ、わたしが最初にシーティーエスの株を買ったのが2011年の1月でした。保有株数は1株。その年の6月に配当を貰っていますが、その配当額は5,850円でした。 なかなかにささやか。その年2011年に貰った配当は中間配当も併せたら7,200円。

その後貰った配当でさらに株を買い増したり、株式分割があったりしてなんだかんだで8年の間に576,522円まで貰えるようになりました。

8年でおよそ80倍。なかなか夢のある数字じゃないですか。

あ、これ最初の1株の配当が80倍になったわけではありません。貰った配当の再投資や、普通に給料での株の買い増しも含めて保有株式の数も増やしています。お間違えのないように。

単純に1株当たりの配当の増額率は・・・株式分割しまくってるからわけわかりません。まあいいか・・・

それではみなさんも投資を楽しんで!

7809壽屋2Q決算

みなさんこんにちは、壽屋の2Q決算のIRを見て渇いた笑いが漏れたモズークです。

今日の引け後に保有株の壽屋の2Q決算発表がありました。結果はダメダナ(・×・)

  • 売り上げ 前期比マイナス12.2%
  • 営業利益 前期比マイナス80.6%
  • 経常利益 前期比マイナス84.6%
  • 純利益 前期比マイナス86.2%

となりました。赤字ではないにしてもこれまた1Qに続いて厳しい数字。また明日はストップ安かなぁ?やーめーてーよー。逆にアク抜けで上がったりしませんかね?しませんね、はい。

それに伴い通期の業績予想も下方修正されました。予想純利益がおよそ3分の1に修正されています。赤いザクが普通のザクになった感じですね。下方修正されても盛り返す例もいっぱいあるから、いっぱいあるから。

プラモは悪くない印象だったが

IRに目を通してみますと、アリス・ギア・アイギスとメガミデバイスのコラボ商品の「吾妻楓」は売れたっぽいです。発売前後のTwitterとかでも買っている人が多い印象でした。ひょっとしてこの楓ちゃそで今期の売上V字回復するかな~なんて思っていましたが、そこまで甘くなかったですね。

あとは出せば売れる時代もあった初音ミクとフレームアームズ・ガールのコラボ商品の「フレームミュージック・ガール 初音ミク」もかなり売れてた印象でした。しかしそれでも(以下略)

前期がアニメ効果で良すぎたというのもあるのでしょうが、今期は純粋に売り上げが落ちている数字です。

今後はメガミデバイスに期待できそう

1Q決算のときにフレームアームズ・ガールの一本足打法などと書いてしまいましたが、寿屋の商品展開を追っているうちにメガミデバイスがこれから期待できそうです。

前述のアリス・ギア・アイギスとメガミデバイスのコラボはこれからも続き、すでに「兼志谷シタラ」「一条綾香」と「相河愛花」の商品化も進んでいます。彼女らもゲームで熱狂的な変態長たちに人気のあるキャラばかりなので、かなりのヒットになるでしょう。

もちろんメガミデバイス自体の商品展開もあり、近日発売の「BULLET KIGHTS ランチャー/ランサー」をはじめ、アリス・ギア・アイギスからの逆コラボの「SOLストライクラプター」なんかも控えています。

先日行われたクリエイターの祭典ワンダーフェスティバル、通称ワンフェスでは、 試作品の展示などもありました。ここから見るに、メガミデバイスはかなり自由な商品展開でこれから面白くなりそうな印象を受けました。

また美少女プラモブームの始祖ともいうべき武装神姫とのコラボもあり、某コナミに絶望させられた大きなお友達たちに希望をもたらしています。はぐれ武装紳士をメガミデバイスに取り込むことができれば、かなり強いです。

フレームアームズ・ガールは定番商品へ

アニメ特需がはげ落ちたといってもフレームアームズ・ガールは安定して売れる商品です。

ラインナップを見るとまた轟雷か、またスティ子か、またバーゼか、またフレズか、またフレズか、またフレズか、またフレズか(コトブキヤフレズ大好き問題)みたいな印象を受けますが、轟雷は財団Bに例えると初代ガン〇ムみたいなものだから、これからもずっと出し続けると思います。

出すたびに関節の可動域やらがいろいろ改良されているみたいなので、出るたびに多々買うユーザーにしてみれば嬉しいでしょう。財団Bなんかどんだけ初代ガ〇ダム出すねん!を通り越して、敵も味方もガンダムだった時期もあり、まだコトブキヤはかわいいレベルです。

あとできればアニメの続編をちゃんと作って欲しいのですが、とりあえず今年の6月は劇場版(という名の総集編)が公開されるので、そこで再びフレームアームズ・ガールが盛り上がるといいですね。

ところで劇場版(総集編)とは別に続編もあるんですよね?まさか続編キャンセルで劇場版(総集編)というオチじゃないですよね?ちゃんとテレビ枠での続編もあるんですよね?

自社株買いもあるよ

今回ふがいない決算を出してきた壽屋ですが、株価対策として自社株買いも出してきました。

上限は8万株(全体の2.9%)の1億2千万の自社株買いです。浮動株が23.9%あるので焼け石に水かな。

7809壽屋がストップ高

みなさんこんにちは、モズークです。

本日保有している壽屋がストップ高になりました。日ごろなかなかストップ高に縁がないので、記念に記事にしておきます。

もちろんまだまだ含み損だよ!!あと2回はストップ高にならなにと含み益にならないよ!

アリババのECモール

ストップ高の要因の一つとして、昨日発表があったIRで中国の大手ECサイト「アリババグループ」のECモールに「KOTOBUKIYA海外旗艦店」を出店したというものがありました。

たしかに中国という大きい市場で壽屋の商品が売れるならば売り上げは上がります。でもこれだけでは材料としてはすこし弱い気がします。

今までのコトブキヤの株価が下がりすぎていただけで、適正な株価に戻しているだけにも見えます。たしかに1Q決算は赤字でしたが、年末あたりの株式相場全体の大き目な調整で必要以上に売り込まれていました。それがやっと戻りつつあるのではないのでしょうか。

今回のストップ高はそんな安く売られすぎた株価の適正化と、そこにたまたまIRが重なって起きたのだと思います。

6月ごろに商品展開が集中

ここ最近壽屋の商品ラインナップを調べているのですが、偶然なのか出荷スケジュールの都合なのか、それとも狙っているのか分かりませんが今年の6月前後にかなりの新商品が集中しています。

フレームアームズ・ガール ゼルフィカール 全高約190mm NONスケール プラモデル

フレームアームズ・ガール&ウェポンセット〈迅雷Ver.〉 全高約150mm NONスケール プラモデル

クロスフレーム・ガール 勇者王ガオガイガー ガオガイガー 全高約175mm NONスケール プラモデル

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランチャー 全高約345mm 1/1スケール プラモデル

これらの商品はまだほんの一部ですが、これだけ決算直前に発売が集中すると今期末の決算にかなりの影響を与えそうで、業績は最後まで読みにくいです。

女(フレームアームズ・ガール)を売ってゾイドを造る

女(フレームアームズ・ガール)を売ってゾイドを造るとまで言われるくらいハイクオリティなゾイドのプラモデルを造る壽屋ですが、そのゾイドのプラモもライガーゼロ他再販が控えています。

ZOIDS RZ-041 ライガーゼロ マーキングプラスVer. 全長約310mm 1/72スケール プラモデル

ZOIDS RZ-041 ライガーゼロ イエーガー マーキングプラスVer. 全長約320mm 1/72スケール プラモデル

ZOIDS RZ-041 ライガーゼロ シュナイダー マーキングプラスVer. 全長約320mm 1/72スケール プラモデル

ZOIDS RZ-041 ライガーゼロ パンツァー マーキングプラスVer. 全長約320mm 1/72スケール プラモデル

ZOIDS EZ-049 バーサークフューラー リパッケージVer. 全長約330mm 1/72スケール プラモデル

一時生産終了という噂の流れた壽屋のゾイドですが、いまは本家タカラトミーがゾイドワイルドというおもちゃを展開しているため、壽屋のほうは発売を控えているという話もあります。ゾイドワイルドの放映が終了したらまたいろんなゾイドが再販されるかもしれません。

タカラトミーのほうでも壽屋のM.S.G(モデリングサポートグッズ)をイベントで配布するなど、両社の関係は良いみたいなのでこれからも女(フレームアームズ・ガール)を売ってゾイドを作る関係は続いていく気がします。

今日のストップ高は交通事故のようなものですが、これらの商品スケジュールを見ると今期末の売り上げはそこそこいくんじゃないかな?と淡い期待を持っております。

いい業績を出してもらい、笑顔で立川の株主総会に行きたいものです。

7847グラファイトデザイン3Q決算 | 2019年1月

みなさんこんにちは、モズークです。

今日の15時にグラファイトデザインの3Q決算のIRが出ていました。それを見た感想は、まあ普通?悪くはないけど、良くもないという感じ。

  • 売り上げは前期比プラス4.3%
  • 営業利益はマイナス0.5%
  • 経常利益はプラス8.7%
  • 純利益はプラス14.6%

前期の3Qが上方修正からの謎の業績悪化だったので、今期はそれを取り戻したという印象です。

謎の建物が増えている

気になったのは資産の部にある 建物及び構築物という項目の額が増えていることです。前期を見てみると建設仮勘定という項目があります。その額が今期完成して建物及び構築物に計上されたっぽいです。

これを単純に考えると、新しい建物を建てて何か新しいことを始めるための設備投資をしたと推理できます。近いうちに何か新しい事業が発表されるかもしれないし、されないかもしれない。謎ですね。

まあ会社に電話して直接聞けばいいんでしょうけど。行けたら株主総会で聞いてみますか。

配当利回りは良い

グラファイトデザインの今の株価からすると、減配しなければ配当利回りは4%を超えます。そのためか年末年始の動きで配当目当てに、NISAなどで買われているような様子が覗えました。

今年もこのままいけば1株当たり20円の配当は心配なさそうです。今年でグラファイトデザインは設立30周年もあるので、ひょっとしたら記念配当があるかもしれません。

もし記念配当が出るとなれば、もうちょっと人気が出そうです。 記念配当自体は業績と何の関係もないので、できれば業績回復して増配のほうが嬉しいのですが。

ドローンとかEVとかで軽量化の技術が重要になってきており、そろそろ本格的にカーボンの時代が来そうな気がします。グラファイトデザインがその流れに乗れるかどうか、今のところはまったりと長い目で静観しておきます。

現在保有している米国株 | 2018年12月

みなさんこんにちは、モズークです。

特に意味はないのですが、今現在保有している米国株を公開しておきます。こうしておけば、来年の今頃どれくらい銘柄が増えたのか振り返ってみることができます。ブログでもないと、こういうのって記録しないですから。

今年の8月時点での米国株保有数はは32銘柄でした。あれから4か月でどらくらい増えたかというと・・・

2018年は47銘柄保有

はい、今年は47銘柄でフィニッシュです。8月の32銘柄から15銘柄増えました。毎日配当計画の目標銘柄数は91銘柄なので、既に目標の半分はクリアした感じです。

配当は47×4で年に188回貰える計算になります。ただ無配になっている銘柄がありますね・・・見なかったことにしよう。なかなか計画通りにいかないものです。

ティッカーコード銘柄名保有数量[株]
1ADNTアディエント10
2AWKアメリカンウォーターワークス10
3AXPアメリカン・エキスプレス10
4BPBP10
5BUDアンハイザー・ブッシュ・インベブ10
6CBRLクラッカー・バレル・オールド・カントリー・ストアー10
7CLコルゲート・パルモリブ10
8CSCOシスコシステムズ10
9CVSCVSヘルス10
10EATブリンカー・インターナショナル10
11FASTファスナル10
12GISゼネラル・ミルズ10
13GPSギャップ10
14GRMNガーミン10
15GSKグラクソ・スミスクライン10
16HBANハンティントン・バンクシェアーズ10
17HBIヘインズブランズ10
18HOGハーレーダビッドソン10
19HRBH&Rブロック10
20INFYインフォシス・テクノロジーズ20
21INTCインテル10
22JNJジョンソン・エンド・ジョンソン10
23Kケロッグ10
24KDPキューリグ・ドクターペッパー10
25KHCクラフト・ハインツ10
26KMBキンバリークラーク10
27KOコカ・コーラ10
28LEGレゲットアンドプラット10
29LVSラスベガス・サンズ10
30MDLZモンデリーズ・インターナショナル10
31MFGPマイクロ・フォーカス・インターナショナル10
32MMMスリーエム10
33MOアルトリア・グループ10
34OMCオムニコム・グループ10
35PAYXペイチェックス10
36PEPペプシコ10
37PFEファイザー10
38PGプロクター・アンド・ギャンブル10
39QSRレストラン・ブランズ・インターナショナル10
40RDS Bロイヤル・ダッチ・シェル10
41SBUXスターバックス10
42TAT&T10
43TRTNトライトン・インターナショナル・バミューダ10
44TUPタッパーウェア・ブランズ10
45ULユニリーバ10
46VOOバンガード・S&P 500 ETF89
47VZベライゾン・コミュニケーションズ10

しかしこんな買い方してていいのかな・・・?米国株のほうは集中投資の日本株の反対で、行き過ぎた分散投資はどうなるかの実験をしてる感じです。とりあえずやれるところまでやってみましょう。

個別株が乱高下しても、S&P500のVOOが安定する役割を果たしてくれると思うのですが、来年のアメリカ経済の先行きが不安定なのでどうなるかわかりません。アメリカの経済は右肩上がりのなのを信じて、黙々と投資し続けるしかないですね。

それでは投資を楽しんで!!