5Gに見るアメリカと中国の覇権争い

みなさんこんにちは、モズークです。

先日カナダで中国の通信機器メーカーであるファーウェイのCFO、孟晩舟が逮捕されました。容疑は傘下にある企業を通じて制裁中のイランと取引をし、決済に関与した米国金融機関に対してファーウェイとその傘下企業は無関係だと虚偽説明をした疑いです。

これは中国のメーカーは実質中国共産党が支配しているので、アメリカは中国共産党に真正面から喧嘩を売ったという形になります。

また遡ること今年4月、アメリカ商務省がアメリカの企業に対して中国のZTEに対して7年間の取引停止を通達しました。それによりアメリカでのZTEの端末はアメリカでは販売できていません。これも原因はイランへの違法取引です。

すでにアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスなどはすでに、次世代通信規格の5Gについて、中国の通信機器メーカーの製品を排除することになっています。

中国通信機器を使用するとアメリカと取引停止に?

これで大まかにアメリカ側対中国の大きな勢力がはっきりとしてきました。アメリカと中国では5Gの通信方式のシェア争いで、次世代通信の覇権争い真っ只中です。

上記のZTE締め出しや、ファーウェイ幹部逮捕も覇権争いの影響の一角でしょう。わりとアメリカさんもやることがえげつない。

そして遅ればせながら日本も先週12月7日に、中国の通信機器から「余計なものが見つかった」と、中国のファーウェイとZTEの2社の製品をを政府調達から排除することが決定しました。

これによって日本政府は中国の通信機器を使っているメーカーからの製品を購入しません。これは5Gで中国方式の機器導入を予定している企業は、政府や自衛隊ほかでの公的な使用ができなくなるということです。

また同じように中国製機器を使用している企業は、アメリカとの取引もできなくなる可能性が高くなります。次世代通信規格5Gの中国製機器導入を予定している某通信会社は、中国以外の通信機器に切り替えるかどうかの決断が迫られています。

日本の部品輸出企業はどうする

この流れからみて、この先アメリカは次世代通信規格の覇権争いにこれまで以上の注力をすることになります。そうなると中国の通信機器メーカーに部品を輸出している企業にも、中国との取引停止などの圧力をかけてくる可能性もあります。

先日ファーウェイのCEOが「ファーウェイ製品に使用しているテクノロジーの大部分は日本からきている。メイドインジャパンと言えるくらい、日本の部品の搭載が増えている。」と言っています。これは日本向けの発言でしょうが、あながち間違いではありません。アメリカはそこに手を突っ込んでくる可能性も高いです。

いままでのように中国に製品を輸出していると、いきなりアメリカとの取引停止になる。そんなこともあるかもしれません。

中国べったりで世界の情勢を読む力に乏しく、決断をあやふやにしているような企業はかなり危ないのではないのでしょうか。

どうなるかわからない

このようにアメリカ対中国、そしてその2国を取り巻く世界情勢は激しく変化をしています。このまま激化が進めば、圧倒的パワーを持つアメリカに対して中国が暴発する可能性もあります。

そうなればアメリカと中国のどちら側につくのか、決断を迫られることになります。日本はすでに中国製通信機器の排除から見てわかるように、アメリカ側につきました。

ドイツは中国製機器の排除をしないとしたので中国側につくのでしょうか。ドイツ経済はかなり中国依存なので仕方がないのかもしれませんが、またアメリカ、イギリスと反対側勢力になるのでしょうか。

5Gをきっかけにアメリカと中国を取り巻く世界の勢力図が固まりつつありますが、この先どうなるかはわかりません。注意深く見ておく必要があるでしょう。

株式市場への影響?わからん!!でもアメリカ株に投資してる身としてはアメリカに勝ってほしいですねぇ・・・

まだまだ消費税増税凍結はあきらめへんでぇ~

みなさんこんにちは、モズークです。

さて去る10月14日の読売新聞に、『消費増税、予定通り来年10月実施…首相表明へ』という見出しの記事が出ました。

わたしはこの記事が出たときから怪しいと思っていたので沈黙をしていたのですが、昨日の菅官房長官の記者会見で「リーマン・ショック級の経済危機が起こらない限り消費増税を実施する。」と述べています。つまりリーマン・ショック級の危機が来たら延期か凍結するということです。

すでにここ数日の私の資産はリーマン・ショック級の減少ですがなにか?

話を戻すと、これは今までの方針と何も変わっていません。読売新聞の記事は今までと同じことを、さも『安倍総理が今まさに増税を決断した』という印象操作が確定したわけです。来年10月に増税はすでに法律で決まっていて、総理の決断については今まで通りで何も変わっていないのに。

ではなぜこんな記事がどこから出てきたのか?

財務省の小細工

間違いなくこの記事は財務省が読売新聞に書かせた記事です。今までは朝日新聞に書かせていたのですけど、最近の朝日の凋落ぶりが激しいのでまだ影響力のある読売新聞にしたのでしょう。

新聞はじめマスコミと財務省の癒着はひどいもので、あることないこと情報をリークしまくりです。そして観測気球を上げたり、世論を操作して増税やむ無し的な空気を無理やり作り上げようとしています。

財務省は新聞社に増税の延期はもう絶対にないというような報道を書かせ世論を操作し、消費税増税の暁には新聞社は軽減税率で優遇されるというからくりです。

これ時代劇でよく見る悪代官と桔梗屋の関係じゃないですか。賄賂ですよ?

新聞社は消費税増税に賛成してるんだから、新聞の消費税はむしろ20パーセントくらいでもいいと思います。

追い詰められているのは財務省

財務省が今こんな記事を新聞社に書かせてまで、増税延期は不可能というを既成事実化しようと焦っているのはなぜか?

その理由は増税再々延期、もしくは凍結の可能性が逆に高まっているからではないでしょうか?だから焦ってこういう強引な方法に出てきたとも考えられます。

「バカめ!焦って先に動きおったな!」状態というわけです。

安倍総理は今でも予定通り増税を行う方針です。ですが今の状態ではまだ、何かあれば増税の延期もありえるということです。

方針とは、物事の方向性や道筋という意味です。それを固めた、つまり道筋を固めただけです。完全に決定はしていません。なので撤回も可能な状態です。ニホンゴムツカシイネ。

ねらうは時間切れ?

来年10月に増税、つまりあと1年しかないのにまだ軽減税率が決まらずグダグダやっています。これけっこう時間切れギリギリっぽいと思っているんですけど、どうでしょ?

またその3か月前には参議院選挙、もしくは衆参同時選挙があります。総理が選挙結果で国民に増税の信を問うなんて言って、そこまで増税の決断を遅らせたら選挙の結果以前にいろいろな対処はできずにすでにタイムオーバーです。

総理はこれを狙っているんじゃないかなぁ?のらりくらりと決定を遅らせれば、自動的に増税の準備は間に合わなくなってやむを得ず涙をのんで再々延期に・・・希望的観測すぎですね・・・

なーんて、わたしのようなのが考えていることは財務省も考えていると思うので、総理はそれ以上のことを考えているとは思いますけどね。

つまり結論としてはまだまだまだ増税凍結、もしくは延期はあきらめるんじゃないぞー!ってことです。まだだ!まだわからんよ!

安倍総理三選で期待する消費税のちゃぶ台返し

みなさんこんにちは、モズークです。

本日自民党総裁選挙がありまして、お昼寝してるうちに安倍総理の三選が決定していました。とりあえずはおめでとうです。

ほぼ織り込み済みとはいえ、この三選で憲法改正に向けて目先の憂い事は一つクリアできました。とはいえ良い関係であるトランプ大統領の影響力にかかわるアメリカの中間選挙や来年の参院選挙(おそらく衆院選も同時になる?)など、クリアする出来事は続きます。

安倍政権は2012年から始まった景気の好調、いわゆるアベノミクスのおかげで今まで強さを維持してきたといっても過言ではありません。日銀総裁に黒田総裁を据えた大幅な金融緩和は長らくデフレだった日本経済にとって効果が大きく、円安や雇用回復や賃金上昇などの効果を発揮しています。

ですがまだまだ道半ばであり、大胆な財政出動、規制緩和、成長戦略などは不十分で十分な効果を発揮していません。既得権益側の激しい抵抗は明らかで、加計学園設立に抵抗した獣医師会などはその代表的なものです。それだけ規制緩和は難しいのです。

逆に言えば今の経済状況からみて金融緩和だけでこれほどの効果があるので、財政出動や規制緩和が実現すればさらにアベノミクスは進み大幅な経済効果が期待できます。

目の上のたんこぶ消費税

ここで問題になってくるのは来年10月に控えている消費税増税です。2014年の5%から8%の増税でどれだけ消費が冷え込んだかは、みなさんもご存知だと思います。

消費税10%になれば景気は後退するのは火を見るより明らか。経済の好調で強かった安倍政権が経済の失速で力を失うのは確実です。経済状況が悪化すれば政権支持率なんてあっという間に地に落ちます。そうなれば憲法改正なんてできるわけありません。

なのでここは安倍総理には消費税増税の既定路線を改め、ちゃぶ台をひっくり返してほしいところです。

わたし個人的にはその確率はまだ0%ではないと思います。少なくともリーマンショック級の出来事が起これば増税はやめると言っています。さらに安倍総理の発言を聞いてる限りは「増税を行いたい」と願望形であり断定まではしていません。

財務省の抵抗も激しいために99%は増税確実なんでしょうが、1%でも増税回避の期待できるなら望みは捨てないでおこうと思います。

もちろん増税にも備えておく

増税回避には期待を残しておく一方、投資家の端くれとしては増税の可能性が高い現在それに備えておく必要はあります。

消費税増税で日本の消費が減速することは確実なので、日本株の割合を減らしておくとか、消費税関に関係ないアメリカに資産の重心を移しておくとか、絶好の仕込みだと思えば現金を用意しておくとか、いろいろ考えられると思います。

そのうえで消費税の増税回避ができれば万々歳。増税しても悪影響を最小限に抑える。そういう立ち回りがこれから先の1年くらいに重要になってくると思います。

最悪の自体に備える、これが投資で生き残る肝であると断言します。

そんなわけで今回はこのへんで、投資を楽しんで生き残りましょう!

Googleドキュメントの音声入力で適当に喋ってみた

みなさんこんにちは、モズークです。

今日は、Googleドキュメントで音声入力してみる実験で記事を書いてみます。テストしている限り思ったより使えそうな感じです。今回はiPadのGoogleドキュメントアプリで適当に喋って文章にしてみました。

以下がそのテストです。

まるでいじめのようなテレビ放送と新聞

今のマスコミは連日連夜、四六時中まるでいじめのように安倍総理を叩き続けています。現代人は鬱が多いと言いますが、こんな放送を見続けていれば鬱になるのも当然です。まるで学級会で何も悪くないのに気に入らないからといって吊し上げているようなものです。

なのでもうテレビや新聞は見ない方が良いでしょう。そうすれば鬱な人は鬱も治り、健康になることに間違いありません。

テレビや新聞の時代はもう終わった

もはや時代はテレビや新聞を必要としていません。インターネットで情報を得ることが出来るようになりました。

確かにインターネットは間違った情報もありますが、自分で情報を取捨選択し選ぶことができます。その点において世論を誘導するような放送ばかり続けているテレビやマスコミとはまるで違います。

テレビ放送が始まって70年以上経ちますが、その目的は主に世論を誘導したり、スポンサーに都合の良い情報を発信し視聴者の気持ちを操作することが目的です。簡単に言えば洗脳です。

もはやテレビを見ているのは高齢者や情報弱者といった自分で情報を得ることができない人達だけになっています。そのような人達は、いつまでそのような情報弱者に甘んじているつもりでしょうか。

はやくたくさんの情報に触れどれが正しいか正しくないかを選択する能力を身につけなければこの先生きていくことができません。お年寄りなどはもう先が短いので改善するような余地は少ないかと思います。

若い子たちが既にインターネットでたくさんの情報に触れ自分で情報を選択するという能力に目覚めつつあります。なので徐々にマスメディア等の洗脳から解き放たれていくことでしょう。あと10年もすれば日本はマスコミの好き勝手なこのような状況から抜け出すことになるでしょう。

既にテレビの役割は終わっているのです。

オールドメディアとしての自覚がないテレビや新聞

すでにオールドメディアとなってしまったことに、テレビや新聞は気づいていません。これからはもっと自由にたくさんのチャンネルから、自分で情報を選択できるような状態状態の形式にするべきだと思います。

しかしマスコミは自分たちの既得権益守りたいがために、自由な放送ができるはずの放送法を撤廃することに反対しています。マスコミはまるで平等な構想していると言う前提で偏った放送しているので、放送法を撤廃されると嘘がばれてしまうので困ってしまいます。なので放送法の撤廃に反対しています。まるで自由な放送をしたくないかのようです。そんな事はネットで情報を得ている人たちはみんな知ってることですが。

とにかくもはやテレビ新聞などのオールドメディアは役割を終えました。日本のためにならないことばかりで、国益を損なうようなメディアもういりません。我々投資家にとっても国家運営を邪魔ばかりじて、経済を不安定にするマスコミははっきり言って邪魔な存在です。まともに政策を出さない邪魔な野党とともに滅んでください。

今まさにシリア情勢が緊迫し第三次世界大戦が始まるかもしれないというのに、モリカケばかり言っている阿呆なメディアはもう役割を終えて廃業してください。

というわけで今日はGoogleドキュメントで音声合成音声入力をして記事を書いていました。これから修正する作業に入ります。

音声入力はかなりつかえる

今回は音声入力した文章を修正してアップしました。面白いですね、これ。慣れれば適当に喋ってるだけで、文章の大まかな形ができてしまいます。音声の認識率もかなり高く、これなら寝ながらでも記事が書けそうです。もちろん間違えはあるので推敲や修正は必要ですが、かなり使えそうですね。

そんなわけで、それでは今日はこのへんで。

2年ほど続けたソシャゲをやめたらスッキリした

みなさんこんにちは、モズークです。

実は2年ほど続けたソーシャルゲームを最近やめました。やっていたソシャゲはサービス開始からプレイしていたのですが、近頃はなんだか続けるのが辛くなってきたというのがやめた主な理由です。

いい年したおっさんのくせにソシャゲやんなよとか言われそうですが、おっさん世代直撃のゲームだったんでね・・・

最初はお気軽だったけど

そのソシャゲはサービス開始時の初期のゲーム内容はシンプルであまりやることがなく、一日数十分やればお手軽にそれでそこそこ楽しめていました。ですが最近は新しいプレイモードなどが後付で増え続け、やることがどっと増えて毎日のプレイが数時間になるようになりました。そうなると普通の生活にも支障が出始めてきます。

またキャラやアイテムは新しければ新しいほど性能がよく強かったり便利です。そのためどんどんゲームの難易度のインフレが加速してきます。強いキャラを手に入れても、またすぐ性能のインフレによって使えなくなります。無課金ではそのキャラやアイテムをガチャで当てることは困難になるので、インフレに取り残されてしまいます。そうなるとプレイヤー同士の対戦などでは全く勝てなくなります。

サービス開始から始めていたのでできるだけついていこうとは思っていましたが、結局この繰り返しなのでやる気が削がれてしまいました。

それがソシャゲというものなのは分かるんですがね。

ある日突然もういいやと思う

ソシャゲをやってて思ったのは、次から次へとイベントが行われ休む隙がないということです。おそらくユーザー離れを防ぐために間髪入れずにイベントを連続させているのでしょう。ですがそのせいで毎月同じことの繰り返しをやらされている気分になりました。

ストーリーやキャラは違うのですが、やっていることは毎月同じという印象です。そしてユーザーが飽きてきたら新モードでゲーム内容追加してユーザー離れを防ぐ。しかしそれも数ヶ月経てば飽きる。しかもやることだけが増えて時間を搾取されまくる。

そんな繰り返しにさすがに飽きてしまいました。この感覚はパチンコやパチスロをやってたときに、「あ、これ続けても意味ないな。やーめた。」とある日突然やる気が無くなったのと同じです。なんとなく時間とお金が釣り合ってないなといきなり気付くのです。もっと最初から気づけばいいんですけどね。

とりあえず2年やってもういいやという感じです。なのでパチンコやパチスロと同じく、この先ソシャゲに手を出すことはないでしょう。

やめてみてスッキリした

そんなわけで惰性で続けていただけのソシャゲをやめてみたのですが、スッキリしました。

まず時間に余裕ができました。いままで一日あわせると数時間くらい平気で浪費していたのが無くなりました。おかげで睡眠時間がたっぷりととれるように。イベント時だと睡眠時間を削ってやってましたからね。

つぎにうっかり課金することがなくなったので、お財布にも優しくなりました。いままでそこそこの金額を課金していたので、やめるともったいないとは思いましたが思い切って損切りしました。この先続ければもっと課金してしまうので、やめて正解でした。これでおもいきって投資の方に資金を回すことができます。

時間とお金の浪費が無くなったことにより、精神的なストレスも減りました。ソシャゲをやって良かったかと言われれば、やってみてこんなもんかというのがわかったので、そこそこ良かったのかなぁ?

自分がソーシャルゲーム会社に投資しない理由もなんとなくわかったかも。そのかわり10年以上やっても飽きない株式投資は、この先もずっと続けると思います。こっちのほうが楽しいもんね。

というわけで今日はこのへんで。