新聞を解約すれば1年で48,000円も節約できます

みなさんこんにちは、モズークです。

新聞って高いですよね。ひと月の購読料はおよそ4000円くらいします。1年で48,000円にもなります。

ではその新聞に48,000円もの値段を払う価値はあるのでしょうか。

  • 情報はネットに比べると遅い
  • 紙資源の無駄遣い
  • 情報にバイアスがかかっており正確さに欠ける
  • かさばるしゴミになる

こんなものに48,000円ものお金を払うのは無駄です。今すぐ新聞を解約して投資信託でも買ったほうが有益です。

新聞は1年で222万部減少

日本新聞協会の発表によると、 2018年10月現在の総発行部数は前年比5.3%減の3990万1576部で、減少幅は過去最大になりました。部数でみると約222万部落ち込んだようです。このままだと10年以内に発行部数は半減以下になりそうです。

この部数激減の原因はもちろんネットの普及によるものが大きいのですが、それ以外にも新聞という媒体の信頼性の低下、消費者の所得が低いために新聞を購読する余裕がないというのもあると思われます。

ぶっちゃけ新聞は近い将来に滅びる産業だと思います。昔は早く情報を仕入れるためには新聞くらいしかなかったのですが、いまではネットがあれば新聞なんかより早く情報を入手できます。

スピードというアドバンテージのなくなった新聞は、既にその役目を終えているので、緩やかに死んでいくのは当然でしょう。

情報の正確さが無い新聞

新聞に正確な情報が無いというのも衰退の原因です。

朝日新聞のいわゆる慰安婦ねつ造報道や、メタタグによる検索除け問題。毎日新聞の日本を貶める記事。朝日新聞、毎日新聞、東京新聞に共通している中韓目線の反日報道。

これらの新聞社は数えきれないほどの誤報という名のねつ造を繰り返しており、何一つ日本のためにならないものばかりです。

毎日新聞に至っては英国のガーディアン紙に中国から莫大なお金をもらって、中国に有利な提灯記事を書いているとまで暴露されてしまう始末。なお毎日新聞はガーディアン紙に抗議していないようなので本当なのでしょう。

そんなバイアスがかかりまくった新聞が出す記事には正確性などなく、信用もあ失われています。部数が減っているのはそんな怪しい情報で自ら信用を落としている、新聞自身の自業自得もあるでしょう。

消費税に賛成して軽減税率という見返りを得る新聞

予定通りならば今年の10月に消費税は8%から10%へと上がります。増税の影響を抑えるためにバカが考えたような軽減税率が実施されますが、新聞も何故かその軽減税率の恩恵を受ける側なのです。

自分たちはさんざん紙面で消費税賛成しておきながら、ちゃっかり増税の影響を回避している卑怯者です。増税したい財務省の言いなりの記事を載せ、自分たちは見返りに軽減税率の見返りを得る。

新聞の軽減税率は、ぶっちゃけ財務省からの賄賂ですね。新聞はそんなに増税賛成するなら、新聞だけ消費税20%にするのが筋ってもんでしょう。

新聞は消費税増税しても税率は今まで通りで、購読料は変わらずおトク!!

でも解約すれば毎月4,000円、1年で48,000円も節約できちゃうのでもっとおトク!!

というわけでとっとと新聞は解約しましょう。

痛風マジ痛い

みなさんこんにちは、痛風怖いモズークです。

去年の正月は胃腸風邪にかかり、酷い下痢の脱水症状によって痛風の発作を引き起こしました。頭は痛いわお腹は痛いわ関節は痛いわで最悪でした。

痛風はマジ痛くてマジ怖いです。当たり前ですが、痛すぎて本当に動けません。発作を和らげるために水分補給をしなくてはいけないのですが、水分を摂るともちろんトイレが近くなります。しかしトイレまでの道のりが痛すぎて地獄。本当に地獄。風が吹いても痛いのに、歩くと痛いを通り越して遺体になります。

投資家にとって健康は財産です。どんなに資産が増えても、健康でなければ嬉しくありません。

痛風予防には水分と栄養バランス

痛風の原因は血液中の尿酸の濃度が高まり結晶にります。結晶になった尿酸が関節などに溜まり、その結晶を白血球が攻撃するときに発作が起きます。

なので結晶ができないように、血液中の尿酸濃度を低く抑えることが必要です。そのためには十分な水分補給が大事です。風邪をひいて発汗したり、胃腸風邪で下痢を起こすと脱水症状になり痛風の発作が起こりやすくなります。

あとは栄養バランスに気を付けることです。一般に肉食が多いと尿酸値が高くなるといいますが、ここ1年わたしはかなり肉を食べました。また野菜は普通の人より摂ってないほうだと思います。

そのかわりマルチビタミンとマルチミネラルのサプリを摂るようにしていたところ、痛風の発作は起こりませんでした。これから考えられるのは肉食をやめるとかやめないの問題ではなくて、栄養のバランスのほうが重要だということです。

なので肉を食べてもよいですが、足りなくなるビタミンやミネラルなどの栄養はサプリメントで補うことが必要になります。

その際サプリはどこのメーカーがいいというより、薬局などで手に入りやすいもので十分だと思います。わたしは値段が手ごろなDHCのサプリを買っています。

【最大P15倍以上&400pt開催】 1日に必要なミネラルをまとめて摂取! 【DHC直販】ビタミン カルシウム マグネシウム 銅 亜鉛 鉄 クロム セレン マルチミネラル 徳用90日分 well| サプリ サプリメント 健康食品 dhc カルシュウム ミネラル ディーエイチシー DHC 健康サプリ

【最大P15倍以上&400pt開催】 ビタミン12種類をまとめて1粒に!【DHC直販】 サプリメント サプリ ビタミン ミネラル マルチビタミン 徳用90日分|健康食品 ビタミンサプリメント パントテン酸 ビオチン ビタミンc 葉酸 ビタミンe DHC ディーエイチシー 健康サプリ 葉酸サプリ

アンセリンも試してみた

噂によると尿酸値を下げるにはアンセリンが効くという評判だったので試してみました。多少は効いているとは思いますが、目に見て分かるような劇的な効果は感じられませんでした。そもそも予防のためのサプリなので、効果はわかりにくいです。

【最大P15倍以上&400pt開催】 プリン体が気になる方に! 【DHC直販サプリメント】 1日3粒で60mg!マグロやカツオといった回遊魚の特有成分を30倍に濃縮したフィッシュペプチドを配合! アンセリン30日分 | サプリ サプリメント 健康食品 健康サプリ フィッシュ

効き目がわかりにくいアンセリンのサプリを摂るより、普通にマルチビタミン、マルチミネラルを摂っておけば十分だと思います。

適度な運動と栄養バランスと水分補給

痛風の予防には適度な運動と栄養バランス、そして充分な水分補給が重要です。 わたしはこの3つに気を付けてきたところ、ここ1年ほど痛風の発作は起こっていません。

あとやはり風邪や下痢の脱水症状が痛風の原因になりやすいので、外出するときはマスクを着け、日ごろから風邪などをひかないように体調に気を付けておくことも痛風予防になります。

やっぱり健康という財産あっての株式投資だと、しみじみ思います。

2019年の目標を考えたけどほぼ去年とほぼ同じだったよ

みなさんこんにちは、モズークです。

さて年が明けて一週間にもなろうとしています。残念ながら大発会では下げて始まった日本の株式市場ですが、まだ株式市場は1日しか開いてないので現時点ではこの先どうなるかとかはなんとも言えません。

なので今日は今年の目標などを考えてみようと思います。以下が今年の目標です。

  • 去年より健康になる
  • VOOと米国株を買い増す
  • 生き残りつつ資産を増やす

見ての通りほぼ去年の目標のバージョンアップですね。何の面白みもないです。

去年より健康になる

これは去年の年始がとてつもなく酷い状態でした。今年はあのときに比べたら健康そのものです。とはいえアグレッシブな健康かと言われると、かろうじて健康というレベルなので、今年はもうちょっとだけ健康になるんじゃ。

去年はカメラを買ってスナップ撮影に出かけることが増え、歩くようになったのですこし健康を取り戻しました。今年はもっと激しい運動をする・・・つもりはまったくなく、去年と同じくスナップ撮影で歩き回るつもりです。

カメラ持って撮影しようとすると自然と山とか森とかに行きたくなるので、かなり険しい道を歩くことになり、怪我さえしなければ十分な運動量になります。変に気張って無理をせず、怪我をすることのないようにしたいです。

VOOと米国株を買い増す

去年の目標はVOOを買うだったのですが、後半は米国株にも手を出しました。なのでこの目標はすでに去年にやっていることです。

今は米国株をはじめ、日本株、そのほかの世界の株も下げています。そのためにVOOの時価が投資額を下回っています。とはいえ米国株は長い目で見れば右肩上がりになる可能性が高いので、気にせずVOOを買い増すのみです。

米国株もNISA枠でVOOが買い終わり、その時点で安ければ買い増していきます。わざわざ個別株を買うよりVOO一本でいいという声もあります。

確かにその通りです。米国株を個別に買う理由は、毎日とめどなく配当を貰う幸せを感じたいからです。少額でも毎日配当が貰えたほうが、満足感が高そうですので。

去年も配当が貰えていたので、下げ相場でも何とかモチベーションを失わずに持ちこたえられました。やっぱりインカムゲインは正義。

生き残りつつ資産を増やす

ご存知の通り2018年は厳しい投資環境でした。わたしの資産も20%以上減少しました。

ですが信用取引をほぼ封印していたため、投資から退場してしまうような致命的な損失を出すことはありませんでした。おそらく信用取引を利用していたら、もっと損失を出していたと思います。

まだ現時点では日本の株および世界の株は上がっていく様子をみせていませんので、今年も信用取引を利用するのは控えると思います。

相場で稼ぐのはもっと簡単な相場になってからでも十分間に合います。わざわざ難しいときにあれこれやって、火傷する必要もありません。

なので今年も資産をできるだけ防衛しつつ、簡単な相場が訪れたら資産を増やすという方向で行きたいと思います。

と3つ目標を上げました。何の面白みもない目標ですが、投資とは面白みのないほうがいいと思っているのでこれでいいのです。

それでは今年も投資を楽しんで!

2018年を振り返る

みなさんこんにちは、モズークです。

今年も残すところ数日となりました。そこで今年1年を振り返ってみようと思います。

今年初めに掲げた目標は、

  • 健康を取り戻す
  • VOOをひたすら買うマン
  • 生き残る

という3つでした。それぞれ見ていきましょう。

健康は合格

去年の今頃はひどい胃腸風邪にかかり、9割くらい死んでました。大納会はスマホでツイッターを覗いていましたが、書き込みする力も残っていないくらいでした。

それに比べたら、今年は健康そのもの!!う~ん健康最高。これは達成です。

今年の初めにX100Fというデジタルカメラを買いまして、かなりそこら辺をウロウロ歩き回ったのが体調を維持できた秘訣だと思っています。

去年はあまり外に出る機会がなかったので、体力が落ちていたんでしょう。カメラを買ってから歩き始めの頃は、かなりズタボロになりながら痛い足を引きずって歩いていました。

1年歩き回ったおかげで最近では歩くだけでズタボロになることはなくなりました。体力も少しは付いたのでしょう。無職だと基本家から出ないので、外に出る趣味を無理やりにでも作らないと体力は衰える一方だったので、財布の中身を生贄にしてカメラを買って良かったなと。

VOOをひたすら買うマン

次にVOOをひたすら買うマンですが、これはNISAの120万円枠いっぱいにVOOを買うことができました。ただひたすら買ったかと言われると違います。NISAの120万円以外では米国の個別株を買うようになりました。

なのでVOOをひたすら買うという目標は半分達成かな。来年もNISA枠はVOOをひたすら買うマンのつもりです。

ここ最近の大幅な調整で、VOOの評価額が買い付け価格を下回ってしまいましたが、安く買えるのは嬉しいので気にしていません。安いときこそ仕込み時。

生きてる・・・ッ!!

最後の生き残るという目標ですが、生きてます。なんとか生きてます。なので達成ですね。

しかし振り返れば今年の株式市場はかなりヤバい年でした。2月に大幅な調整があり、ずっと軟調でさらに年末にまたもや大きな調整。大きな信用ポジションを抱えていたら、確実に死んでました。

2月にひどく痛い目にあったため、この1年は信用取引も現物株のナンピンも封印していました。結果的にこの年末の調整でも即死せずに生き残れています。

できれば利が乗っている株を少しずつ売って、資金を米国株にシフトしたかったのですが、それは叶いませんでした。来年は消費税増税があるので、日本株は軟調のままのような気がします。一年くらい行動が遅かったのが悔やまれます。

それでも生きてる、生き残っているので結果オーライです。退場しないで生き残っていれば投資は成功です。儲けるのはもっと簡単な相場環境の時で良いのです。

まとめ

今年は持ち株がかなり軟調だったために、資産的にはマイナスの年になってしまいました。ですが長い間投資を続けていけば、こんな年は何度もあります。

資産が減ったのが悔しくないということはありませんが、今年1年を退場せずに過ごせたという経験はこの先の投資人生にとって必ず役に立つと思っています。

というわけでまとめますと、今年はそこそこ目標を達成できてよかったね!来年もこの調子でいきまっしょい!という感じです。

楽天Payを使ったら財布の中の小銭を増やさなくて便利だった

みなさんこんにちは、ゾンビからいよいよ灰になったモズークです。

最近の世界的なリスクオフの流れで、資産が減りまくっています。ポートフォリオの時価総額を見ていると落ち込むので、現実から目をそらして気晴らしするために写真を撮りに出かけまくっています。

そんな写真を撮りに行くときにはかなり歩くので、あまり荷物を重くしたくありません。写真の機材はもちろん、財布の中身も(物理的に)軽くしておきたいです。小銭って結構重たいので、できるだけ財布に紙幣しか入れないようにしています。

ですが外出しているとのどが渇きます。水分を摂る為に、コンビニでドリンクを買いたい。しかし財布には紙幣しかないので、ペットボトルのドリンクを買うとおつりで小銭じゃらじゃらになってしまいます。

小銭が増えすぎると財布の中身が(物理的に)重くなり、小銭が増えすぎると重すぎて最終的には動けなくなってしまいます。(ハイドライド3か!)

そこで楽天Payを利用してドリンクを買えば、スマホさえあればアプリでバーコードを見せれば買い物できます。もちろん小銭は増えません。うわー便利だなー。

なぜ楽天Payなのか

最近はなんとかPayがタケノコのようにニョキニョキと増えまくっています。ちょっと前に大胆なキャッシュバックで話題になったPayPayとかLINE Payとか、ちょっとはお前ら統一しろよってくらい種類があります。

そのなかでなぜ楽天Payを利用しているのかといえば、

  • 楽天カードを普段から利用しているから
  • 楽天ポイントで投資信託を買えるから
  • いろいろ使い分けるのめんどいから

そんなかんじです。

なかでも楽天ポイントで投資信託を変えるのが一番でかいですね。以前は楽天ポイントを貰っても正直あんまり使い道はなかったのですが、投資信託が買えるようになって楽天使いまくりです。

世界的にリスクオフの現状、ちょっとずつでも資産を増やすことのできる楽天ポイントとそれに関係する楽天のサービスは、投資家にとってはかなり大きなポイントです。ポイントだけに。

いつのまにか使えるコンビニが増えた

楽天Payはもともとローソンで使えたのですが、最近ファミリーマートとミニストップとポプラでも使えるようになりました。これでわざわざローソンを探す必要がなくなります。

いまはまだコンビニくらいでしか使ってませんが、もっといろんな店で使えるようになればさらに便利になります。外食とか本屋で使えると嬉しいですね。

これから各社激しいシェア争いが起きると思いますが、この先生き残るのは何Payなんでしょう。使うほうにとっては使いやすくなればどれでもいいんですけど。

そのまえにわたしは投資のほうで生き残らねば。