ホルガデジタルのレンズフィルターで遊んでみた

みなさんこんにちは、モズークです。

最近は株が軟調だったのでカメラを持ってスナップに出かけて投資から逃避していたのですが(とうしからとうひ・・・ププ)、ホルガデジタルでのスナップは思いのほか上手に撮れません。なので修行のつもりでコツを掴めるようにアレコレ実験してきました。

さらに昔買って持ってはいたんだけど使っていなかった秘密道具、フィルターホイールを使ってみました。これはホルガデジタルのレンズに装着してカラーフィルタや分身撮影や接写ができるというスグレモノ。ちゃんと使えればという条件付きですが。

そんなわけで撮ってきた結果は、昨日撮ったのは全滅だったよ。あれ?

このまま終わってははシャクなので、リベンジとして今日もスナップを撮りに出かけてきました。今日撮ったのはまだ見れる出来だったので、公開します。それではどうぞ。

とにかく撮ってみようズェ・・・

いやぁ・・・フィルターホイールは強敵でしたね・・・面白い絵が撮れたのは事実なんですが・・・

まずこのフィルター、四隅のケラレがスッゴイです。盗撮物のビデオじゃないんだからさ・・・さらに露出制御が四隅の暗い所に反応して、ほぼ露出オーバーになります。これは・・・どうなの?

しかも使っているうちにホイール部分がポロポロ外れます。なのであんまり外で使うとどっかに飛んで行ってしまうかもしれません。しかもかさばる。はっきりいって使いづらかったです。

結局めんどくさくなった

そんなわけであまりにポロポロ外れるので、途中でめんどくさくなってフィルターホイールを外してスナップ続行。そして帰宅して写真を確認してみると・・・

あれ・・・?まともに撮れてるじゃん?あれ?こんなにちゃんと撮れるカメラだったの?今までは何だったの?じゃじゃ馬がいきなりデレた?ツンデレか?まったくよー分からんカメラですね。

そんなわけで、すこしホルガデジタルのコツが掴めたかもしれないモズークでした。

それでは今回はこのへんで、ごきげんよう。

ホルガデジタルの手ブレ対策をしながらスナップしてきた

みなさんこんにちは、モズークです。

株のほうがひどい有様なので、久しぶりにホルガデジタルを持ってちょっとスナップ写真撮ってきました。ええ、現実からの逃避です。

今回はホルガデジタルの最大の弱点である手ブレを極力抑えようと思い、小型の三脚を付けて行ってきました。この三脚なら重さもそこそこありますし、畳んだまま足を握れば疑似的なグリップとして使えるので手ブレを抑制できるかもといった考えです。

そんなわけで体中から汗を拭きだしながら炎天下の街をぶらついてきました。良ければ見てってください。

ダメでした

結果は・・・やっぱブレるわwwwwwwたしかにカメラ自体は握りやすいのですが、レンジファインダーとも言えない素抜けのファインダーは全くあてにならず被写体は明後日の方向に。

そのうえ謎の露出制御でアンダー露出連発し、数枚に1枚使える写真があればましという結果に。なるほど、あいかわらずおもしれーカメラじゃねーの。今回公開したのはその中でも比較的ましなほうの写真です。

さらに流石にいろいろ酷かったので補正もかけておきました。こんだけいじれば多少は見られるように・・・写真の補正はバイト時代でネガフィルムの現像を7年やったのでまかせろーバリバリ。ほんとはあんまり補正したくないんですけどね。

Googleフォトの埋め込みコード生成サービスが便利

今回スナップを公開するにあたって、セルティスラボさんのGoogleフォトのアルバムを WordPressに埋め込む為のコード生成サービス、フォトエンベッドメーカーを使わせていただきました。

これは本当に便利です。Googleフォトを利用しているWordPressユーザーは簡単にアルバムの写真をサムネで公開できます。これならプラグインもいらないし、サーバーの容量も圧迫しません。Googleの気まぐれで仕様が変わらない限りはこれでいいんじゃないでしょうか。

そんなわけで今日はこの辺で。

HOLGA DIGITAL Black

新品価格
¥10,899から
(2018/7/11 19:44時点)

寒かったので屋内で写真撮影してきた

みなさんこんにちは、寒さにはめっぽう弱いモズークです。

なんだか最近気温も上がらず、生半可な決意では心が折れるような寒さなので外に出て写真を撮る気にもなりません。軟弱者!よかろう、ならば屋内だ。というわけで近所のテーマパークの温室でお花やら何やらを撮ってきました。

マクロ撮影の実験場

で、X100Fでお花をマクロ領域で撮ってみたのですがプログラムだと光量が足りない場合、ほぼ絞り開放になってしまいます。そのため被写界深度がかせげずにピントがシビアになるのと、被写体の花の前と後ろもボケてしまいます。なのでマクロでは絞り優先で撮るべきでしたが、今回はあまりそこらへんを意識せずにパシャパシャやってしまったため、ピント位置においては納得できる写真がありません。今度からは絞り値と被写界深度をもっと意識せねばなりませぬ。

またX100Fのレンズは絞り開放でおもいっくそふんわかする描写になるので、意図的でもない限りぼや~っとした写真になりがちです。良く言えばファンタジック!ですが悪くいえばもやもやです。これも使い所を考えなければなりませぬ。

まあそんなわけで半分実験みたいな写真ばかりになってしまいましたが、お暇なら見ていってください。

今日のおでかけスポット

今回の狩場は愛知県安城市のデンパークです。ここはデンマークをモチーフにしたお花が楽しめるテーマパークです。地ビールもありますが、車で来たら飲めません。ちなみにわたしは痛風が恐いのでビールは飲めません。ここはどうやらコスプレイヤーの撮影にもよく利用されているようです。いや知らんけど。

今の時期は屋外の植物は元気がないですが、もう少ししたら梅や桜が咲くのでそのときまた撮影しに行こうと思います。

それでは今日はこのへんで。ところで単焦点レンズで写真撮ってるとモテるって本当!?

X100Fが生えてきたのでスナップしてきた

みなさんこんにちは、モズークです。

先日久しぶりにE-300を引っ張り出してスナップしてきたら、いつのまにか部屋の片隅にX100Fが生えていたのでスナップしてきました。こころなしか財布が軽くなってるような気がします。多分気のせいです。気にしちゃダメだ。

名古屋へと繰り出す

そんなわけで久しぶりに名古屋まで繰り出してスナップしてきました。が、人多すぎてなんじゃこりゃです。人の少ない田舎でのほほんと暮らしてきたので、人が波のように押し寄せてきてはまともに歩けません。こりゃやべえということで自然と足は人通りの少ない路地裏に向かいます。

なおアップロード時にリサイズと圧縮が行われていますので撮って出しの画像とは異なります。

かつてのホームグラウンド大須

学生の頃はよく来ていた大須商店街。昔はよくパソコンパーツを漁りに来てたホームグラウンドでしたが、数年ぶりに訪れたらいろいろと変わっていて外国人の方が多かったです。あとからあげ屋多くね?でも変わってないところもたくさんあって、少し落ち着きました。

途中から脚が限界になってもう帰りたいモードになってしまったので、名古屋駅までの帰路になっていますが気にしない。もうちょっと体力が残っていれば夕方や夜景も撮るつもりだったんですが、寒いからもう帰ゆ。

X100Fを使ってみて

いやーいいすね、これ。持った感触は小柄なのにずっしりしてるのでシャッターを切ってもブレにくいし、OVFの素抜けのファインダーで見る景色はスッキリしていてスナップ撮影に最適です。パララックスも想像していたほど気になりません。マクロ撮影以外はOVFでいけます。

f=23mm(35mm判換算:約35mm相当)のレンズの画角は、昔ニコンの35mmでスナップしていたので違和感なく使えました。被写界深度が23mm相当なのでパンフォーカスも使いやすそうです。今回は久しぶりだったので、被写体に対して少し寄りがたりなかったかな?

今回はほぼプログラムモードで撮ったのですが、撮影記録情報を見るとISO感度はほぼ200で固定で暗いところは絞りを開いてシャッタースピードを稼いでいる模様。夜景とかを撮るんだったら手動でISO感度を上げたほうが良さそうです。

バッテリーは3時間ちょっとのスナップ撮影で残量が40%くらいでした。半日くらいは持ちそうです。一日撮影しまくるという猛者は替えのバッテリーを2~3個持っていったほうがいいですね。

X100Fを使ってみて、このカメラはスナップや旅のパートナーとして最適なカメラだと思いました。これから暖かくなるのでX100Fを持って外に繰り出す機会も増えると思います。その前に体力の増強を図らないと数時間で動けなくなってしまいますが。

それでは今回はこのへんで。

大昔のデジタル一眼を引っ張り出してスナップしてきた

みなさんこんにちは、モズークです。

今日は正月に体調を崩したのでこれは体力を付けなければいけないと思い、トレーニングとリハビリも兼ねてスナップ写真を撮ってきました。昔はよくスナップを撮り歩いて一日中そこら辺をさまよっても平気だったのですが、いまはもう歳のため今はもう3時間も歩けば脚がギブアップしてしまいます。できれば昔のようにどんだけ歩いても平気な状態まで持っていきたいと思っています。

そんなわけで使わず放置されていたカメラを掘り出して街に繰り出しました。

コダックブルーのニクいやつ

掘り出したカメラはオリンパスの黒歴史フォーサーズ(マイクロフォーサーズじゃないよ)のデジタル一眼レフE-300です。昔このカメラを買ってわりとすぐに目の病気で手術したため、術後しばらくファインダーを覗くことができなくなって、使わなくなりそのままになっていたカメラです。軽く10年は放置していたのでちゃんと動くかどうかのチェックも兼ねてスナップしてきました。

結果は特に不具合もなくまだまだ十分使えるという感想です。画素数は今では少し心もとない800万画素ですがパソコンで見るには十分です。またこのカメラのCCDはコダック製を使っているため、独特な色合い通称コダックブルーなる色がマニアの間では評判です。

古いカメラなのでオートフォーカスは遅い、測光はかなりアバウト、記録メディアがコンパクトフラッシュといろいろと時代を感じますが、気楽にスナップ程度だったらまだまだ現役で使えます。そんなわけでオリンパスE-300で撮ってきた写真をアップしておきます。

よければ見てってくださいな。