【書評】バフェットとソロス勝利の投資学 最強の投資家に共通する23の習慣

バフェットとソロス勝利の投資学
最強の投資家に共通する23の習慣

マーク・ティアー著
望月衛訳

The Winning Investment Habits of Warren Buffett & George Soros
What You Can Learn From the World’s Richest Investors

とても読みやすくこれから投資を始めようとする方に特に読んで欲しい一冊

おすすめ度 ☆☆☆☆☆

広告

初心者にも熟練者にも役に立つ一冊

本書はこれから投資を始めよとする人にはもちろん、長い投資歴を持つ熟練者にもオススメです。バフェットとソロスという世界で最高の投資家、投機家を分析し、それぞれの哲学、手法に共通する習慣を23に分けてわかりやすく紹介しています。株と為替、投資と投機、まるで反対のことをやっているように見える二人ですが、根本には同じ投資哲学があるというなかなか興味深い内容です。

本書は必ず儲かる投資法が書いてあるわけではありません。バフェットやソロス、あるいは他の投資家の考え方を紹介しつつ、どれを選択するのか捨てるのかは読者に委ねられています。読者自信に投資について考えさせ、独自の投資法、独自の投資哲学の確立を手助けをしてくれます。

投資家には自分の中心にしっかりとした軸が必要

投資で大事なのは自分の考え方、性格、哲学に合っている自分独自の投資法を確立すること。そして自分で確立した投資法を信じて続けることです。

有名な誰かの投資法を真似してもうまくいく確率は低いです。あっちこっちから借りてきた投資法や哲学はいざというときに信用しきれなくなります。そのため大きな損を生み出したり、本来受け取るはずだった利益をみすみす逃すことになります。

投資家に必要なブレない軸を作り出すヒントが本書にはたくさん書かれています。

初心者には投資脳を鍛えるトレーニングとして最適

投資初心者の人はまず自分がなにから始めればいいのかすらわからないでしょう。そんな人はまずこの本を一通り目を通してみましょう。バフェットやソロスの手法や考え方はあなたの投資哲学の礎になります。

かなり優しく書かれている本書ですが、初心者の場合まず一回では理解できないと思います。ですがそれで良いのです。繰り返し読むことで自然に投資に関する用語はもちろん、投資哲学、投資脳が鍛えられます。本書を読んでおけば、他の投資に関する本を読んでも理解できないということはほとんどなくなります。

熟練者はさらに投資法を見直すきっかけにもなる

どんなに投資歴が長くても自分の投資法を見直すときが必ず来ます。知らないうちに自分に合っている投資法から外れ失敗することもあります。時代にそぐわなくなって投資法を変える必要に迫られることもあります。

バフェットやソロスも最初からずっと投資法を変えないできたわけではありません。数多くの失敗から学び、投資法や考え方を見直し試行錯誤のすえにあれだけの結果を残す投資法にたどり着いたのです。

本書には先人たちの失敗の経験にも多くのページ書かれています。本来自分がするはずだった失敗を、約2000円払うだけで知ることができるなら素晴らしいコストパフォーマンスです。

常に手元においておきたい一冊

わたしは本書を必ず部屋の手の届く場所に置いています。すでに数十回と読み返しているのですが、暇な時にパラパラとめくって目を通しています。読み方は適当に開いた場所を眺めるように読み流しています。各章が読みやすい量で書かれているので、5分もあれば1章読むことができます。この5分で忘れていたことを思い出したり、新しい発見があったりします。

本書は人生において常に繰り返し読み続けることのできる名著です。おすすめです。

広告