秋なので大量の本を処分しました

みなさんこんにちは、非情な断捨離マンのモズークです。

そろそろ秋の気配も近づき、朝夕はかなり涼しくなってきました。まさに秋のインディケーション。

そんな少し涼しくなってきたこともあり、部屋の大掃除を始めたりしています。暑いときは少し動くだけで汗が吹き出てアウトなので、秋は掃除にはちょうどよい季節です。それでこれから冬にかけていろいろ処分していくのですが、まず困ったのが大量の書籍。

投資やブログをやっているとインプットを大量にする必要があるため、気付いたらいつのまにやら数百冊の本が溜まっていました。それだけ本があると部屋のスペースが圧迫されるので、非情になって思い切って処分してしまいました。

「もったいない!」
「本に対して愛がない!」
「お金と資源の無駄遣いだ!」

おっしゃる通り、弁解の余地はありません。ですが今回おもいきって処分してみて、自分の中で踏ん切りがついたという気分です。ある意味清々しさすら覚えます。これがいわゆる断捨離ってやつですか?

広告

思い切って処分してみて思ったこと

まだまだ部屋には処分する本はいっぱいあります。とりあえず10分の1くらいは減ったでしょうか。最初は処分するのもったいないなーとか、とりあえず持っておけば読み返したときに新しいことが発見できるかもしれない、という考えもありました。たしかにそのとおりです。

『本はボロボロになるまで繰り返し読む』でも書いているように、基本的には本は捨てずに何度も読む派です。

ですがあえて今回は処分という方法を選びました。理由としては読んだ本を保存しておくと、持っていることに満足してしまい、その本の内容を自分の知識と勘違いしてしまうのではないか。そうなると自分の頭で物を考えなくなるのではないか、と思ったからです。

たとえば自己啓発的な本もたくさんありました。ですがその中のどれか一つを選んで実践しているかといえばそんなことはなく、少しずついいとこどりをしようとして結局なにも実践できないという状態です。

自己啓発本は悪いとは言いません。ですが所詮成功した人の体験談なので、本を読んだくらいで真似してもなかなかうまくいきません。著者の考え方くらいは参考になりますが、やはり自分の頭で考える結果になります。

だったら一度全て処分してしまうことで、自分の考えをはっきりさせてみようという意味もありました。もちろん自己啓発だけでなく、お金に対しての哲学や、経済の分野なども同じです。色んな本から得た知識を一度捨てることで、頭のスペースを物理的に空けることができるのではないのでしょうか。

ぶっちゃけ大量の本を残しておくと、部屋の掃除が全く進まなかったというのも大きな理由です。

死ぬまで持っておきたい本

とはいえ、死ぬまで読み続けたい鉄板の本はちゃっかり残してあります。


ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け


バフェットとソロス 勝利の投資学


フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために


上のこれらの本は暇な時や、ある程度時間が経ったら読み返している本です。わたしの場合は上の3冊を読んでおけば自分の投資哲学を見失わないでしょう。墓場まで持っていくつもりです。みなさんにはそういう大切な本はありますか?

それでは読書を楽しんで!

広告