スマホ時代のブログ運営について考えてみる

みなさんこんにちは、モズークです。

最近ブログを運営していて思うことがあります。
それはスマホからのアクセスが明らかに増えつつあるということです。

Google Analyticsでみてもスマホからの流入が約6割ですでに過半数を超えています。
次にデスクトップで3割、タブレットで1割といったところです。

もはや時代は完全にスマホ時代に突入しました。
これは今までのブログの運営方法を見直す時期に来ていることをしめします。

Googleはこのことをすでに数年前から見越していて、スマホでも見やすいレスポンシブデザイン対応サイトの評価を高くするようにしています。
WordPressのテーマもすでにレスポンシブデザイン対応のものがほとんどになりました。
これは一見スマホ時代のブログの対応はすでに行われているとされています。

しかしこれだけで十分なのでしょうか?
いくら自動的にブログのデザインがスマホ対応になったとしても、投稿記事の文章は同じままです。
なかにはPCで読むことを前提に書かれた文章も多く、改行が少なかったり適度な段落の間隔がない場合もあります。

そんなわけで、今回はスマホ時代のブログ運営について色々と考えてみました。

広告

文字数は2000文字以上?

これまでブログ投稿に対して文字数は2000文字以上が良いとされていました。
これは2000文字以上あればGoogleに評価されやすく、検索流入が増えやすいというSEO対策の常識とされていました。
たしかに2000文字くらいなら3分以内に読め、ちょうどよい文字数というのもわかります。
人間の集中力はそれほど持続性がなく、あまりに長文でも読みづらくなってしまいます。

しかしスマホ時代の現在、2000文字は適切といえるのでしょうか。
家でゆっくりくつろぎながらスマホでブログを見ているときならともかく、通勤の電車の中、学校の授業中(こらこら)、仕事中(こらこらこら)、仕事サボってトイレの中(こらこらこらこら)など、限られた時間で読む場合も多いはずです。

そんな限られた時間のなかで読む2000文字とは、すでに多すぎる文字数になっているのかもしれません。

スマホで読むなら1分くらいでさっと読める1000文字くらいが適切でしょう。
もちろん文字数が少なければ、必然的に検索キーワード数が減るため検索流入が減ることになります。
これはSEOから考えると悪手ですが、読み手のことを考えると適切となるかもそしれません。

まだいまのところは2000文字以上信仰が常識とされてます。
ですが、Googleも文字数においてスマホで読みやすい文字数を評価することになるかもしれません。

スマホ時代の文章はより切れ味の鋭く適切でシンプル、そんな文章が好まれるようになるかもしれないのです。
そうなれば薄い内容の記事をわざわざ意味のない単語で薄めて、だらだら2000文字を稼ぐというような投稿も減ります。

画像多めのほうがいい?

電車の中でスマホを使っている人が何をしているのか観察したことがあります。
「おっ、プライバシーの侵害!!」「キメェおやじだな!!」
すいません、すいません、許してください。

話を戻しまして、スマホを使用している人は主にゲーム、漫画アプリ、SNSがほとんどでした。
スマホでブログを読んでいる人はほとんど見かけませんでした。
これの意味することは何でしょうか?

実は電車の中ではスマホでブログはあまり読まれない存在なのかもしれません。
おいおい、それじゃあ文字数1000文字で読みやすい文章量なんて意味ないじゃなかと言われそうです。
逆に考えれば電車の中という次の駅まで時間が限られている状態では、文章量の多いブログ読まれないとも推測できます。

そんななかでもスマホで漫画を読んでいる人が多いことに気づきました。
スマホの画面で漫画を読むのは正直読みづらいでしょう。
それでも漫画を読む人は多かったのです。

おそらく文字数の多いブログと漫画では同じくらいの読みづらさでしょう。
それでも漫画の方が読まれやすいことは事実です。

これが意味することは、同じ読みづらさなら画像が多めのほうが読まれやすいことを意味します。
つまりこれをブログに利用するなら文字数少なめ、画像多めでライトに読めるほうがいいのかもしれません。

絵を描くことができる人ならイラストや、簡単なマンガ形式にすれば有利になります。
そのかわりに文章少なめ。

これがスマホ時代のライトなブログ、ライトブログのあり方なのかもしれません。

スマホ時代は始まったばかり

スマホでブログを書くことについて考えてみましたが、正直何が正解なのかまったくわかっていません。
画像が多めがいいというのはPCで読む場合も当てはまりますし、ブログの文章量を減らしていいたいことだけズバッと書くのは経験と才能を求められます。
同じ内容の文章なら、まだまだ文字数が多いほうが評価されやすいのも事実です。
ここらへんは人工知能の発達で、人間に読みやすい文章をGoogleがどのように評価するにかかっていると思います。

しかしやはり最後は読んでくれる読者が読みやすいかどうか、というところが大事です。
たまたま検索でたどりついてくれた読者が、面白い、また読みたいと思えるブログを書くことに意識を向けたほうが正解です。

まだまだスマホ時代は始まったばかりです。
おそらくこの先スマホのブログ運営において、なにかしらのブレイクスルーが生まれます。

その時に読者が喜んでくれる良質なブログを提供できるように精進していきたいと思います。

というわけでスマホ時代に全くふさわしくない2316文字の投稿をお送りしました。

それではみなさん、ブログを楽しんで!!

広告