日本の投資アレルギーを治したい

アイキャッチ

みなさんこんにちは、モズークです。

アベノミクスで起こった株高の動きも、ここ1年以上あまりぱっとしない状況です。日銀やGPIFが日本株を買いまくっている状況でも、思ったほど株価が上がっていません。

たしかに旧民主党政権時は日経平均7,000円だったことを考えれば、約2倍の14,000円を割ることはない今の状況は十分とも考えられます。でもやはりもう一度日経平均20,000円を超えていって欲しいところです。株価が停滞している原因はなんでしょう。

投資家の弱気が株価低迷の原因

アベノミクス初動は投資家の株価上昇への期待で株価は大きく上げました。多くの投資家の気持ちは、株価上昇に染まっていました。

ところが日経平均20,000円を超えてすぐに、また20,000円台を割り大きく下がってしまいました。そのときに持ち株の下落で含み損が増え、弱気になった一般投資家が手を引いてしまったのではと予想します。株価の下落で損切りした人の中には、もう株はこりごりと思い投資をやめてしまった人もいるのでしょう。

投資の知識を得る機会が少ない

日本人の株に対するイメージはギャンブル、損をする可能性が高い、儲かってもあぶく銭というものが多数派です。わたしの母親も株が下がると損してるんじゃない?と心配そうに聞いてきます。日本人はいったいなぜ投資に対して良いイメージを持っていないのでしょうか。

その理由は日本の子供は投資を勉強する機会を与えられていないのが原因のひとつです。義務教育の小学校、中学校で投資の授業をしている学校などほとんどないでしょう。

それどころか大人でさえも投資に対する正しい知識を勉強する場所は多くありません。自分で積極的に本を読んだり勉強しなければ、投資の初歩知識すら得ることは難しいです。

投資と投機を混同して悪いイメージを植え付けるメデイア

テレビでは株のデイトレードやFXの投機で大損をし、狭いアパートで貧乏暮しというような報道番組も流されます。デイトレやFX、バイナリオプションのように短期的に大儲けようとするのは投機です。これらはよっぽど運がなければ損をする確率が高い、丁半博打のようなものです。しかし投資と投機の区別もつかない人はそんな番組を見て思うでしょう。

「やっぱり投資は危険だ、近付かないでおこう。」
「やっぱり額に汗を流してお金を稼ぐのが一番だ。」
「儲かっている奴はインサイダーで得た情報があるから儲けられるんだ。」
「株なんかやる奴にはろくな人間がいない。」

マスメディアは投資家に恨みでもあるかのような印象操作をします。これでは普通の人が株式投資から目を背けるのも当然です。

バブル崩壊の後遺症

日本のバブル経済は1980年代からはじまり1990年代に崩壊しました。わたしが小学生の頃なので覚えているはずですが、残念ながらわが家は景気が良かったという記憶はありません。どんな株や土地でも買えば必ず上がる(という思い込み)で、借金をしてでも買ったほうがいいというくらいの勢いだったらしいです。

その後土地価格の高騰を抑えようとした旧大蔵省(現財務省)の総量規制、日銀の公定歩合引き上げが重なりバブルは崩壊しました。土地や株に手を出していた人は大幅な価格下落により大損をしました。その後バブルで存した人々は一切の投資に手を出さず、まじめに貯金だけをする世代になりました。

そしてその世代は、投資を始めようと思っている若者にこう言います。

「株なんかやめとけ。絶対に損するから。」

若者の投資意欲を否定し、株はは恐ろしいという恐怖概念の押し付けです。そんなことをいうバブル崩壊直撃世代の言うことは無視してかまいません。いまの若い子はネットで情報を探す能力に長けているから、それほど心配する必要はないと思いますが。

日本国民の金融資産は1,700兆円

日本人の保有する家計の金融資産は1,700兆円あります。世界中でもトップクラスの金融資産を持っています。

内訳を見てみますと、その50%以上が銀行への預貯金です。株式には10%以下しか投資していません。アメリカを見ると貯金が約14%で、株式投資は35%にも及びます。

預貯金のうち10%でも株式投資に回すことができれば、日本の株はもっと上がるはずです。しかし投資アレルギーのせいでリスクを極端に怖がり、投資より貯金を選んでしまいます。

投資はおもしろい

投資の正しい知識をつけ、投資へのアレルギーを減らしていくこと。投資は楽しい、おもしろいという考えを若者はじめ広い世代に広めたい。日本の株式市場を活性化させ、ひとびとの資産を増やし暮らしを豊かにしたい。それはわたしがこのブログを作った理由のひとつです。

みなさんも投資を楽しんで!

インデックス投資は勝者のゲーム──株式市場から確実な利益を得る常識的方法 (ウィザードブックシリーズ Vol.263)

資産と負債を考える

アイキャッチ

みなさんこんにちは、モズークです。

しっかりとした資産形成には資産と負債を把握することが大事です。資産にもいろいろな特徴があります。資産と思っていたものが実は負債だったということもあります。資産とは持っているだけでお金が増えるものをいいます。例えば株、投資信託、国債、社債、活用されている不動産などです。

株は素晴らしい資産

株主はなにもしなくても、会社が利益を追求して企業活動をしてくれます。会社が利益を上げて会社の価値を高めれば、会社の株が価値を高めたのと同じです。株は持っているだけで資産価値が増えていくのです。株は土地や建物と違って、持っているだけでは税金はかからないので維持コストもありません。

これらの理由で、株は資産の中でもトップクラスのエリート資産です。

投資信託は無駄が多い

投資信託においては『投資信託を買ってはいけない3つの理由』で書きました。

顧客に買付手数料や信託報酬で負担をしいて、儲からなくても売る側が有利な投資信託。資産としてはそれほど優れているとはいいがたいです。

国債や社債はインフレを超えることができない

国債や社債などの債権も資産といえますが、株のように自ら価値を高めることはありません。満期が来れば全額帰ってくる元本保証のようにみえます。しかし満期時にインフレが進んで物価が上がっていれば、受け取るお金は実質下がっているのと同じです。国債の金利はできればインフレ率の2~3倍は欲しいです。今の国債の金利は1%を割っている状態で、まったくお話になりません。しかも途中で換金するとペナルティまでつきます。

わたしは資産としての魅力が低い国債は買いません。

不動産は資産化するためのハードルが高い

不動産も活上手に用できれば資産といえます。

土地をを人に貸して賃貸料金を得る。所有地にアパートを立てて部屋を貸し家賃収入を得る。自分が働かなくてもアパート経営で不労所得、いいですね。

ただお金を生み出す資産にするまでのハードルが高めです。アパートを経営して家賃収入を得るとしましょう。まず土地を購入しなければいけません。アパートを建てる建設費用も必要です。先祖代々の土地や遺産がたくさんあるという人なら問題ないでしょう。

普通の人はそんな資金がないと思いますので、銀行で融資を受ける必要があります。融資を受けるためにはそれなりの社会的信用が必要です。無職や職歴の浅い若者では信用がなくなかなか貸してくれません。

建ててもそれから費用も手間もかかる

運良く銀行の融資がおりて、土地を購入できアパートを建てることができたとします。アパートを建てても入居希望者が勝手に来てくれることはありません。入居者を集めるのに広告を出したり、アパート紹介の業者に委託する費用もかかります。アパート管理も自分でやれば経費はいりませんが、管理会社に頼めばもちろん費用が必要です。アパートの修繕や消耗品などにも当然費用はかかります。入居者が入らず、空き部屋が出ると当然収益は下がります。

このように不動産は数えればきりがないくらいの苦労をして、やっとお金を生み出す資産になります。ここまでして得た家賃収入は、おおくの手間や経費に見合ったものでしょうか?

社会的信用もなくめんどくさがりのわたしは、とてもじゃないが無理です。

お金を払うものは負債

負債とは持っているだけではお金を生み出さない、また逆にお金を取られてしまうものです。例をあげれば借金、自宅や土地、自動車などです。

借金はいうまでもなく負債です。借りたお金はちゃんと返しましょう。

自宅や土地、自動車は売ればお金にすることができます。これらは資産だと思うかもしれません。でも実は負債なのです。

自宅や自動車は負債

なぜ自宅や土地が負債なのかと思われるでしょう。

自宅など不動産には固定資産税がかかります。毎年固定資産税を取られます。商売をしたり人に貸して収入が得られなければ、お金を生み出さない自宅や土地は負債なのです。

相続などで受け継いで遊ばせている土地があるなら、有効活用できないか考えてもいいでしょう。毎年固定資産税をとられるだけの負債から、人に貸したりして資産にすることもできます。

ただ土地の資産活用でうまい話をもちかけ、身内でグルになって所有者に費用を負担させる。そのような詐欺まがいの話を持ちかけてくる人や業者がいるのも事実です。不勉強で騙されてしまうより、少しくらいは勉強しておいても損にはならないでしょう。

資産と負債はコントロールすることが大事

広い土地はあるのに生活が苦しい、そんなときは資産と負債を考えるいい機会です。使わない土地は売って負債を減らす。人に貸して収入を得られる資産ににする。資産と負債は割合をコントロールすることが大事です。

それが財産を増やしていく手助けになるはずです。

自動車も負債だけど好きなら仕方がない

仕事で使う商用車は経費ですが、自家用車はお金を生み出しません。維持コストもガソリン、オイル交換、駐車場料金、自動車保険、自動車税もろもろ。これだけみたら完全に負債としか言いようがありません。

でもその自動車が好きで、気に入って買ったのならいいと思います。趣味にお金がかかるのは当然です。家族や恋人と行ったドライブや旅行、自動車とともに過ごした日々はプライスレスでしょう。負債だからと売ったりしないで大切に使ってあげましょう。

例外として、ポルシェやGT-R、その他スーパーカーのように時間がたって希少価値が出て、資産価値の上昇するものもあったりします。この場合はもちろん資産になります。そのような自動車をもっていたら大切にしてあげてください。

やっぱり資産形成には株がオススメ

資産と負債についていろいろ書きましたが、株が資産形成において最も有利というのがわたしの結論です。ちゃんと選んだ株は、売る必要がなく資産価値を増やし続けてくれます。そんな銘柄を探して積極的に投資していきたいです。

この他にもタンス預金や銀行預金、保険や各会員権などがありますが、資産といえるか微妙なので取り上げませんでした。

それでは投資を楽しんで!!

お金は寝かせて増やしなさい

ありがとうはありがたい

アイキャッチ

みなさんこんにちは、みんなに感謝モズークです。

突然ですが、ありがとう言っていますか?身近な人や気の知れた仲間には、いまさら恥ずかしくて言えないなんてことはありませんか。今回はそんなちょっと恥ずかしがりやのあなたでも、ありがとうと言いやすくなる話です。

ありがとうはありえない

「ありがとう」はもともと「ありがたい」からきています。「ありがたい」を漢字にすると「有り難い」です。ありがたや~ありがたや~のありがたいですね。それは本来ならあることが難しい、ありえないという意味です。

ありえないことがありえたらすごいことですね。

人にありがとう

誰かに「コップ持ってきて」と頼んだら持ってきてくれる。本来なら自分で取りにいくところを、頼んだだけで物を持ってきてくれることはありえないのです。それどころか頼んでもないのにプレゼントや親切にしてくれる人までいます。ありえないですよね。

だから言ってみましょう、人にありがとう。

太陽にもありがとう

太陽は頼まれもしないのに朝日が昇り、大地を光で照らして温めてくれます。植物を育て、野菜を育て、それを家畜が食べ、人間がお肉を食べます。すべて太陽がなかったらありえなことです。

太陽がもしもなかったら、地球はたちまち凍りつきます。花は枯れ鳥も空を捨てます。そもそも太陽の重力に集まる惑星もないので地球もありません。

だから言ってみましょう、太陽にありがとう。

自分にありがとう

こう考えてみてください。

  • 魂だけの存在である私達が身体という動かせる器に入っています
  • その器は望んだだけで腕を動かして物を掴んでくれます
  • その器は望んだだけで足を動かして歩いてくれます
  • その器は望んでないのに目でものを見たり、口で喋ったり食べたり、耳で聞いてくれます
  • もしも身体がなかったらありえないことです

だから言ってみましょう、自分の身体にありがとう。

とにかく、なにがなんでもありがとう

こう考えればありがとうはとても素敵な言葉だと思いませんか。この世すべての事柄にありがとうと言ってもいいくらいです。宗教法人ありが党を設立してしまう勢いです。

すみませんよりありがとう

親切にしてくれたときに「すみません、すみません」という人がいます。そこは照れくさいかもせいれませんが、ありがとうにしてみませんか。言われた方も「すみません」と謝られると冷たく感じます。感謝の「ありがとう」のほうが暖かく嬉しいはずです。

そしてこのブログを開き、記事を読んでくれたあなたに。ほんとうにありがとう。

ありがとうの魔法

本はボロボロになるまで繰り返し読む

アイキャッチ

こんにちは、モズークです。

書店で本を買うとき、サービスでブックカバーを掛けるか聞かれることがありますよね。わたしはブックカバーを掛けてもらいません。表紙が見えなくなるブックカバーは好きじゃないからです。

ブックカバーも付けないなんて本を大事にしていない、と思われるかもしれません。でもカバーを掛けて大事に扱い、綺麗なままにしておくのは本の役目としては正しいのでしょうか。

というわけで、今回はわたしの読書のしかたについて書きます。

何度でも復読する

わたしは気に入った本は何回も読み返します。記憶力がよくないので一回読んだくらいでは内容が頭に入りません。二度三度繰り返し読んでやっと書かれていることがうっすらと理解できるようになります。

最初の一回目の読書は頭のなかに目次を作ると思って読みます。そしてその目次を頼りに何回も読み込んで理解を深めます。

時間をおいてまた読む

わたしは一度読んだ本でも売ることはしません。数ヶ月後、数年後にもう一度読み返すからです。すると最初に読んだときは気づかなかたことや、以前と違う解釈を発見できることがあります。また数ヶ月も経てば忘れている内容もたくさんあり、それを思い出し再確認することにも役立ちます。

いつもどこでも読む

わたしの読書のしかたは決して上品ではありません。

  • まず床でもソファでもベッドでも寝転んで読みます
  • お風呂で湯船に浸かりながら読みます(至福の時間!)
  • トイレでも読みます(汚い!)
  • 食事しながらも読みます(行儀悪い!)
  • 外出先の暇な時間でも読みます
  • 就寝前も読みながら寝落ちしてよだれがつくこともあります(YODARE!)

当然そんな読み方をしていれば本はボロボロのヨレヨレになります。そこら中折れ曲がって破れます。つけた覚えのない謎の血までついていたりします。でもそれでいいんです。

ボロボロの本は美しい

とにかく貴重で文化遺産的に重要な本ならともかく、書店で売ってる普通の本は読んで汚れてなんぼだと思っています。ボロボロになればなるほど、繰り返し読んだ証拠です。ボロボロの本を見るたび、本がわたしの知識および血肉になっていると実感できます。

本の方もそれだけ読まれれば幸せでしょう。そんなボロボロの本は、逆に美しくいとさえ思えます。

人には貸せないから新しい本をプレゼント

このようにわたしは本をボロボロにするので、恥ずかしくて人には貸せません。誰も汚いボロボロの本は借りたくないでしょう。

そんなときは新しい本を買ってプレゼントすることにしています。プレゼントされた方も借りた本だと気兼ねして読み込むことができないでしょう。本一冊くらいなら数百円から数千円で収まります。プレゼントとしてはちょうどよい価格です。

それに本の作者にも印税が入ります。みんなが得をする素晴らしいことではないでしょうか。わたしは出版業界の回し者ではないです、誤解なきように。

電子書籍は便利!!でも

Kindleをはじめ、最近の電子書籍は本当に便利です。数十冊の本を持ち歩いても重さは端末の重さのまま増えません。欲しい本もわざわざ書店や通販で買う必要もありません。
カードで支払って即ダウンロード。ほんとうに便利すぎます。

でも少し物足りなさも感じます。電子書籍はいくら読みこんでも綺麗なままです。電子書籍はデジタルデータなのだからあらりまえです。ただボロボロ読書派のわたしとしては寂しさも感じます。

そこで提案ですが、電子書籍のソフト側で読んだ回数だけ紙がボロボロになるような、汚れエフェクトをかけるのはどうでしょう。わたしと同じように本が汚れることに快感を得るタイプの人に好評を得るでしょう。そんなかわった趣味の人がどれくらいいるのかはわかりませんが・・・

読書しながら聴くサウンドトラック

トラブルの解決法はぐっすり眠ること

アイキャッチ

みなさんこんにちは、モズークです。

仕事でトラブルが起きて作業が進まず、イライラする事ってありますよね。迫り来る納期、上司からの叱咤。退社の時間は過ぎ、残業してもトラブルの原因は見つからない。事態は好転せず、ただむなしく時間だけが過ぎ、疲労が蓄積していく。

考えただけでもいやなシチュエーションですね。そんなときにトラブルを簡単に解決するいい方法があります。その方法とは・・・

今日は定時で帰ってぐっすり眠るんだ!!

はい、ゆっくり休むことです。

定時まで解決しなければその日は諦めて帰りましょう。残業なんてしてはいけません。仕事のトラブルのことなど忘れて、一晩ぐっすり眠りましょう。

すると不思議な事が起きます。翌日出社して仕事を再開すると、昨日あれだけハマってたトラブルがほんの数十分で分で解決します。嘘だと思いますか?ほんとなんだなぁ~。

残業?とんでもない

わたしが工場で働いていたころの話です。自動運転のマシントラブルで何度プログラムの数値をいじってもを、いろいろツールをセットしなおしても不良品しかできないことがよくありました。

そんなときは原因究明で残業・・・などしないでとっとと定時で帰ります。そして美味しいものを食べて一晩ぐっすり眠ります。退社してから次の日始業するまでトラブルのことなど考えません。

次の日出社し始業後マシンをチェックしてみると、不思議なことに昨日見落としたところを発見して10分で解決してしまうのです。なぜこんなことがおきるのでしょうか?

睡眠は潜在意識が情報整理をする時間

わたしの大胆過ぎる予想はこうです。

人間は顕在意識と潜在意識のふたつがあります。顕在意識とは人間が起きているときに使われる意識で、会話や生活行動、反射行動に使われます。顕在意識は行動は早いのですが、熟考することができないので大切なことをよく見落とします。

潜在意識は人間が休んでいるときに働きやすく、思考や技術の習得などが役割です。潜在意識は目でみたものや耳で聞いたもの、その他五感で感じたもの正確に処理し解決することができます。そのかわり膨大な情報を処理するのでスピードが遅く、反射的な思考には向いていません。

人が起きて生活行動をしているときは顕在意識の支配力が強く、潜在意識は身を潜めています。そのときでも潜在意識は五感から受け取った情報を受け取り、顕在意識の裏でゆっくりと情報を蓄積します。

トラブルが起こっても、熟考が苦手な顕在意識の影響が強い時間に解決方法を探しても見落としが多くなります。そこでゆっくり休んで睡眠をとる。そうすることで顕在意識は活動を弱め、潜在意識が活動しやすくなります。

潜在意識を働かせてやれば、顕在意識の裏で集められた情報を処理し解決方法を出します。そして昨日気づかなかった原因を、次の日あっさり解決することができます。

これが一晩ゆっくり休めばあっさりトラブルが解決するプロセスです。

とにかくゆっくり休む

顕在意識を潜在意識はわたしの想像ですが、休息や睡眠がトラブル解決に役立つことはたしかです。疲れたままドツボにはまって疲弊するよりも、ゆっくり休んでリフレッシュしましょう。それが一番です。遠回りに見みえることが一番の近道。それはよくあることです。

とにかくトラブルで煮詰まったら、その日は諦めてぐっすり寝てしまいましょう。それではおやすみなさい。

スタンフォード式 最高の睡眠