5Gに見るアメリカと中国の覇権争い

みなさんこんにちは、モズークです。

先日カナダで中国の通信機器メーカーであるファーウェイのCFO、孟晩舟が逮捕されました。容疑は傘下にある企業を通じて制裁中のイランと取引をし、決済に関与した米国金融機関に対してファーウェイとその傘下企業は無関係だと虚偽説明をした疑いです。

これは中国のメーカーは実質中国共産党が支配しているので、アメリカは中国共産党に真正面から喧嘩を売ったという形になります。

また遡ること今年4月、アメリカ商務省がアメリカの企業に対して中国のZTEに対して7年間の取引停止を通達しました。それによりアメリカでのZTEの端末はアメリカでは販売できていません。これも原因はイランへの違法取引です。

すでにアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスなどはすでに、次世代通信規格の5Gについて、中国の通信機器メーカーの製品を排除することになっています。

中国通信機器を使用するとアメリカと取引停止に?

これで大まかにアメリカ側対中国の大きな勢力がはっきりとしてきました。アメリカと中国では5Gの通信方式のシェア争いで、次世代通信の覇権争い真っ只中です。

上記のZTE締め出しや、ファーウェイ幹部逮捕も覇権争いの影響の一角でしょう。わりとアメリカさんもやることがえげつない。

そして遅ればせながら日本も先週12月7日に、中国の通信機器から「余計なものが見つかった」と、中国のファーウェイとZTEの2社の製品をを政府調達から排除することが決定しました。

これによって日本政府は中国の通信機器を使っているメーカーからの製品を購入しません。これは5Gで中国方式の機器導入を予定している企業は、政府や自衛隊ほかでの公的な使用ができなくなるということです。

また同じように中国製機器を使用している企業は、アメリカとの取引もできなくなる可能性が高くなります。次世代通信規格5Gの中国製機器導入を予定している某通信会社は、中国以外の通信機器に切り替えるかどうかの決断が迫られています。

日本の部品輸出企業はどうする

この流れからみて、この先アメリカは次世代通信規格の覇権争いにこれまで以上の注力をすることになります。そうなると中国の通信機器メーカーに部品を輸出している企業にも、中国との取引停止などの圧力をかけてくる可能性もあります。

先日ファーウェイのCEOが「ファーウェイ製品に使用しているテクノロジーの大部分は日本からきている。メイドインジャパンと言えるくらい、日本の部品の搭載が増えている。」と言っています。これは日本向けの発言でしょうが、あながち間違いではありません。アメリカはそこに手を突っ込んでくる可能性も高いです。

いままでのように中国に製品を輸出していると、いきなりアメリカとの取引停止になる。そんなこともあるかもしれません。

中国べったりで世界の情勢を読む力に乏しく、決断をあやふやにしているような企業はかなり危ないのではないのでしょうか。

どうなるかわからない

このようにアメリカ対中国、そしてその2国を取り巻く世界情勢は激しく変化をしています。このまま激化が進めば、圧倒的パワーを持つアメリカに対して中国が暴発する可能性もあります。

そうなればアメリカと中国のどちら側につくのか、決断を迫られることになります。日本はすでに中国製通信機器の排除から見てわかるように、アメリカ側につきました。

ドイツは中国製機器の排除をしないとしたので中国側につくのでしょうか。ドイツ経済はかなり中国依存なので仕方がないのかもしれませんが、またアメリカ、イギリスと反対側勢力になるのでしょうか。

5Gをきっかけにアメリカと中国を取り巻く世界の勢力図が固まりつつありますが、この先どうなるかはわかりません。注意深く見ておく必要があるでしょう。

株式市場への影響?わからん!!でもアメリカ株に投資してる身としてはアメリカに勝ってほしいですねぇ・・・

相場環境の変化で投資手法を変えるべきなのか考えてみた

みなさんこんにちは、モズークです。

今年の株式市場は去年までの楽観的だった状況に比べ、かなり激しく乱高下している印象です。さらに大幅な下落も頻繁に起こり、わたしの資産もなかなか増えていかない状況になっています。

こういう相場では今までの投資スタイルが通用せず、どのように立ち回ればいいのかわからなくなりがちです。そのためにいろいろ別の手法に手を出したくなりがちです。

では今年のように相場環境の変化が起こっていると思われた場合、投資手法を変えるべきなのでしょうか。

わたしは相場環境が変わったとしても、今まで通りの投資を続けるつもりです。

今まで通りの投資を貫く

今のわたしの資産は東日本大震災直後から買い始め、アベノミクスで大きく増えたものです。今考えれば日本中が総悲観だった時に、偶然上手く仕込めただけです。

手法としてはできるだけいろいろな会社の業績を自分で調べ、いいと思った株を買って持ち続けるというものです。いわゆるファンダメンタルズ重視の投資法です。

2015年にチャイナショックでかなりピンチになりましたが、何とか乗り越えて今ではその時の倍にはなっています。そのときも投資の手法は変えていません。

ですが今年の運用成績は、このままだとマイナスで終わりそうです。

この手法は今年の相場では通用しなくなってしまったのか?もしそうならば、新しい手法に切り替えるべきなのか?

と問われればそれはNOです。

結果論とはいえ2015年のチャイナショックを乗り切った経験から、今までの投資手法の有効性はまだ高いと思います。なので下手に手法を変えずに、このまま今の投資を貫くつもりです。

タイミングを無視して続ける

今年みたいな弱気な相場環境で資産を減らすと、それを見てやっぱりその投資手法はダメだよとか、別の投資手法に変えたら?という声が増えてきます。

ハイテクはダメだ、グロースはダメだ、バリューはダメだ、これからは債権だ、金だ、、現金だ。いろんなことを言う人も増えてきます。

それでもやっぱり株に投資をしていきます。そりゃタイミングよく株を売り払って他の商品に変え、また株が安くなったら株に乗り換える。それを上手に何回も繰り返すことができればあっというまにお金持ちでしょう。

ですが今までの経験からしても、そういうタイミングを読むことは不可能です。なんかチャートの形を解読することで、相場の大きな流れを予測できる人もいるみたいですが、わたしはさっぱりできません。

なのでやはり今まで通り淡々といいと思った株を買い続けるだけです。この先どんなタイミングで何が来るのかわからないのですから。その結果資産を減らすことになっても仕方ないかと。

ただ資産全部失うことは避けたいので、せめて日本株とアメリカ株くらいに分散はしておきます。ぶっちゃけアメリカがだめなら日本もダメなので、全然リスクヘッジにはなってませんが。

そんなわけで、最近はあまり楽しくない株式投資ですが、まだまだ続けますよ!

4345シーティーエスさんから配当をいただきました | 2018年12月

12月にしては暖かい日々が続いていますが、今朝は毎年この時期恒例のシーティーエスさんからの配当金が入金されました。

配当額は税引き前327,500円、税引き後で260,969円になりました。シーティーエスさん、ありがとうございます。

去年の12月の配当金が207,181円(税引き後)だったので、約1.26倍の配当金の増額になりました。これかなり大きくない?株主は何もしないのにちゃんと増配してくれる、ほんとにいい会社ですねぇ。

ブログで配当金の記録を付けてると、去年からどんだけ増配されたのかが実感できるのがメリットですね。意外と過去に貰った配当金の額なんて覚えてないですから。

配当金は強い

最近は相場のほうがあまりパッせずに心がすさむ一方だったので、唯一配当金が心のオアシスになります。やっぱり配当金は強い。おかげで株式投資を続けるモチベーションも保つことができます。

それで貰った配当金の使い道ですが、今月末には来年のNISA枠120万円が使えるようになるので、この資金で米国株の買い増しでもしようかと考えています。日本株は来年の消費税の増税を控えているから、しばらくはちょっと様子見ですね。

それではみなさんも投資を楽しんで!

2018年11月の米国株配当

みなさんこんにちは、モズークです。今月の米国株の配当発表の時間です。

11月の米国株からの配当は計13社からいただきました。今月はちょっと少なめだったかな?

税引き後の合計金額は46.92ドルで、1ドル113円で計算すると約5,300円となり額のほうも少なめの月でした。別に毎月配当が平均化するように株を買っているわけではないので、月によって額や回数が偏るのは気にしていません。

入金日 銘柄コード 単価(USD) 数量(株) 配当合計(税引前/USD) 受取金額(USD)
11/06 GPS 0.2425 10 2.43 1.77
11/07 CVS 0.5 10 5 3.6
11/07 GIS 0.49 10 4.9 3.53
11/07 INFY 0.09493 20 1.9 1.37
11/07 T 0.5 10 5 3.6
11/07 VZ 0.6025 10 6.03 4.35
11/09 CBRL 1.25 10 12.5 8.98
11/15 AXP 0.39 10 3.9 2.82
11/21 ADNT 0.275 10 2.75 1.78
11/21 CL 0.42 10 4.2 3.03
11/21 PAYX 0.56 10 5.6 4.04
11/21 PG 0.7172 10 7.17 5.16
11/28 FAST 0.4 10 4 2.89
合計 65.38 46.92

安いときに仕込みたい

アメリカFRBによる利上げの動向で米国株の株価が激しく上下しています。少し前までアメリカは金融緩和してインフレ傾向でしたが、これからも利上げ続けばさらに金融引き締めになります。そうなれば景気の減速を招き、株価を下げる要因にもなっています。

とはいえ、長い目で見れば米国株は右肩上がりです。ひょっとしたらこの先ずっと下がるかもしれませんが、過去の歴史を見れば右肩上がりです。相場は予測はできませんが、わたしは右肩上がりを信じたいです。

また株価が下がれば投資家にとっては絶好の仕込み時ですし、もちろん配当利回りも高くなります。配当貴族になるには安いときに仕込むのも必要なことです。

そんなわけで目指せ未来の配当貴族!みなさんも投資を楽しんで!

【運用成績】2018年11月

2018年9月28日現在の資産状況は以下のとおりです。

保有株式
名称 保有株数 株価 評価額
4345 シーティーエス 65,500 757 49,583,500
7833 アイフィスJ 5,000 663 3,315,000
7847 グラファイトD 5,000 505 2,525,000
2159 フルスピード 2,500 633 1,582,500
7809 壽屋 500 1,500 750,000
米国株・ETF 5,592,717
投資信託 122,322
合計 63,471,039

資産運用成績
先月比+17.31% 年初比-9.06%

備考

11月も今日で終了!!泣いても笑っても2018年はあと1か月になりました。相変わらず米中冷戦の和らぐ兆しは見えず、トランプ大統領の言動で日本も米国も株式市場は乱高下が続いています。

そんな中、我が資産ポートフォリオは回復の兆しが見えてきました。先月末には年初比マイナス22%だった資産額が、今月末にはマイナス9%まで回復しています。もうちょっと頑張れば今年もプラスで終われそうです。頑張れ、頑張れ。

その回復の要因はやはり主力の4345シーティーエスです。1Q決算でズッコケて以来3か月冴えなかった株価が、2Q決算の数字と自社株買いの影響で少しずつ株価を戻しつつあります。このままゆっくりでいいから、株価を4桁まで戻していってくれないかなと。その後の展開は来年1月末の3Q決算次第になるんでしょうけど。

7833アイフィスジャパンも今月に3Q決算の発表があり、業績は素晴らしかったのですが、立会外分売が悪いほうに取られて株価を下げました。この立会外分配は一部上場維持のための株主数が不足しているので、仕方なく行っただけなので心配はしていません。業績が見直されれば株価を戻していくでしょう。

7847グラファイトデザインはCFRP(カーボンコンポジット)の新しい利用分野の模索が続いています。何かいい分野が見つかればいいのですが。

2159フルスピードもこの株価にいるのが不思議な業績だと思います。来月に2Q決算発表があるので注目です。

7809壽屋なぁ~。さすがに赤字決算はあかーん。なんとか来年のフレームアームズ・ガールの劇場公開までに、業績が回復してくれるといいのですが。

米国株はまあこんなものでしょう。そろそろ配当金の貰える日が増えてきましたので、続けてこの調子で買っていきます。

投資信託も楽天ポイントでの追加購入のみです。いつも通り。

相場は予想しても意味がないのはわかりますが、年末から来年にかけて株式市場の上昇を願わずにはいられません。まあどんな天才的な投資家でも、マイナスで終わる年はあるんだから気にしなくてもいいのですが。それでも減るよりは増えて、気持ちよく新年を迎えたいなっと。

来年は新元号にもなるので、ぱぁーっと景気よくいきましょう。ぱぁーっと!!消費税増税のことは考えちゃだめだ!!

そんなわけで来月もぱぁーっと投資を楽しんで!