まだまだ消費税増税凍結はあきらめへんでぇ~

みなさんこんにちは、モズークです。

さて去る10月14日の読売新聞に、『消費増税、予定通り来年10月実施…首相表明へ』という見出しの記事が出ました。

わたしはこの記事が出たときから怪しいと思っていたので沈黙をしていたのですが、昨日の菅官房長官の記者会見で「リーマン・ショック級の経済危機が起こらない限り消費増税を実施する。」と述べています。つまりリーマン・ショック級の危機が来たら延期か凍結するということです。

すでにここ数日の私の資産はリーマン・ショック級の減少ですがなにか?

話を戻すと、これは今までの方針と何も変わっていません。読売新聞の記事は今までと同じことを、さも『安倍総理が今まさに増税を決定した』という印象操作が確定したわけです。今まで通りで何も変わっていないのに。

ではなぜこんな記事がどこから出てきたのか?

財務省の小細工

間違いなくこの記事は財務省が読売新聞に書かせた記事です。今までは朝日新聞に書かせていたのですけど、最近の朝日の凋落ぶりが激しいのでまだ影響力のある読売新聞にしたのでしょう。

新聞はじめマスコミと財務省の癒着はひどいもので、あることないこと情報をリークしまくりです。そして観測気球を上げたり、世論を操作して増税やむ無し的な空気を無理やり上げようとしています。

財務省は新聞社に増税はすでに決まってしまったかのような報道を書かせ世論を操作し、消費税増税の暁には新聞社は軽減税率で優遇されるというからくりです。

これ時代劇でよく見る悪代官と桔梗屋の関係じゃないですか。賄賂ですよ?

追い詰められているのは財務省

財務省が今こんな記事を新聞社に書かせてまで、増税決定を既成事実化しようと焦っているのはなぜか?

その理由は増税再々延期、もしくは凍結の可能性が逆に高まっているからではないでしょうか?だから焦ってこういう強引な方法に出てきたとも考えられます。

「バカめ!焦って先に動きおったな!」状態というわけです。

安倍総理は今でも予定通り増税を行う方針を固めただけです。方針を固めた。これは決定ですか?

方針とは、物事の方向性や道筋という意味です。それを固めた、つまり道筋を固めただけです。決定してないですね。ニホンゴムツカシイネ。

ねらうは時間切れ?

来年10月に増税、つまりあと1年しかないのにまだ軽減税率が決まらずグダグダやっています。これけっこう時間切れギリギリっぽいと思っているんですけど、どうでしょ?

またその3か月前には参議院選挙、もしくは衆参同時選挙があります。総理が選挙結果で国民に増税の信を問うなんて言って、そこまで増税の決断を遅らせたら選挙の結果以前にすでにタイムオーバーです。

総理はこれを狙っているんじゃないかなぁ?のらりくらりと決定を遅らせれば、自動的に増税の準備は間に合わなくなって再々延期に・・・希望的観測すぎですね・・・

なーんて、わたしのようなのが考えていることは財務省も考えていると思うので、総理はそれ以上のことを考えているとは思いますけどね。

つまり結論としてはまだまだまだ増税凍結、もしくは延期はあきらめるんじゃないぞー!ってことです。まだだ!まだわからんよ!

リバモアの株式投資術

リバモアの株式投資術

ジェシー・ローリストン・リバモア 著
小林利明 著
長尾慎太郎 監修
増沢和美/川添寿美子 訳

リバモアの投機手法に共感はできないが、哲学は同意できる
投機はしないが損切りの重要性に気づいた
ソフトカバーなので読みやすい

おすすめ度 ☆☆☆☆

ジェシー・リバモアって誰?

ジェシー・リバモアという名前はたまに聞くことはありました。ですが何をやっている人物なのかは知りませんでしたし、知ろうともしませんでした。

その理由は投資手法については、わたしにはすでにウォーレン・バフェット、フィリップ・フィッシャー、ピーター・リンチという3人の心の師匠がいたので、ほかの投資家や投機家のことを知る必要がなかったからです。

ではなぜこの本を読んだのかと言いますと、本がソフトカバーだったからです。いやいや、マジです。私自身はハードカバーってあんまり好きではないんですよ、なんか読みづらくて。その点、ソフトカバーならページもめくりやすいので好きです。

パンローリング社の投資家に関する本は大体がハードカバーでしかも高い。なのでなかなか本屋で手に取ってみようとは思いません。ですがこの本はソフトカバーだったので、パンローリング社の本とは気づかずに手に取りました。

なので偶然本屋で手に取ったソフトカバーの本がこの本だったということです。

投機には共感できないが

わたしの投資手法は基本的に長期投資です。ファンダメンタルズを調べて、長期的に成長していくと思われる企業の株を買うという戦略です。なのでこの本のジェシー・リバモアの投機手法には共感できませんでした。

ですが哲学においては共感できるところもありました。

  • 自分以外を信じるな。
  • 自分のルールを守らなければならない。
  • 感情的になってはいけない。

などです。

ここでこれらのことについては書きませんが、リバモアについては共感できるところとできないところ、両方があるということです。

そりゃそうですね。人間とは0か1かではなくて、その中間なのが当たり前ですから。

損切りの重要性がわかる

いままでわたしは損切りは不必要だと思っていました。ちゃんと企業を調べて買えば、株価の下落はただの押し目でナンピン買いのチャンスだと思っています。これはファンダメンタルズ重視の長期投資の私の考え方です。

リバモアの場合は最初から損切りラインを決めてトレードします。そんなの当たり前やんと言われると思いますが、いままで短期トレードを真剣に勉強してなかったので、この本を読んでその重要性がやっとわかりました。

ただそれはリバモアの手法のルールで、わたしのルールとは違います。ただ、それだけ。

これで世間一般のトレーダーが、よく損切りは重要ということを言うのかがよくわかりました。これはこの先のわたしの投資にも役立つと思います。

また、この損切の考えで思い当たるアイデアが浮かんできたので、それもそのうち記事にしたいと思います。

結論としては、リバモアの投機という手法に共感はできない。ですが哲学は共感できるところもあったし、新しい投資アイデアも浮かんでくるという、わたしにとってかなり有益な本でした。

なによりソフトカバーがいい。

磯野~国外資産5,000万円以上は申告義務があるってよ

みなさんこんにちは、モズークです。

今年から本格的に米国株投資を始めたにわかのわたしですが、米国株投資の出口戦略はすでに考えてあります。

それは「米国資産が年末の時価で合計5,000万円を超えないようにする」です。

理由を申し上げますと、国外財産が年末時に日本円換算で5,000万円を超えていたら申告義務があるからです。なにそれめんどい!特定口座なら申告不要なのが株式投資のいいところなのに!!

海外資産5,000万円の壁

国税庁のホームページで調べるとこうあります。

No.7456 国外財産調書の提出義務
居住者(「非永住者」の方を除きます。)の方で、その年の12月31日において、その価額の合計額が5,000万円を超える国外財産を有する 方は、その国外財産の種類、数量及び価額その他必要な事項を記載した 国外財産調書 を、その年の翌年の3月15日までに、所轄税務署長に提出しなければなりません。

ザ★め・ん・ど・い

極度のめんどくさがり屋のわたしが、こんなことやりたいはずがありません。いや、やったことないのでどんな感じなのかは知りませんが、たぶんめんどい。

解決策は年末までに米国株の時価が5,000万円超えそうな場合、株を適当に売り払って4,500万円くらいにします。

基本的に米国株からはドルで配当が入りますので、それで米国株を買う。そして5,000万円以上になりそうなら株を売って円にする。

そんでもって日本円にした分で楽天バンガードの投資信託を買います。日本で買える米国株の投資信託は日本資産なのでこれでオーケー。これがわたしの米国株投資の出口戦略です。

別に日本株買ってもいいですけど。そのときの相場次第ですね。安いほうを買う。完璧な戦略です。まだこっちのがめんどくさくない。

まだまだ先だけど

ただちょっと不安なのが、この先国外資産の申告額を下げてくる可能性があることです。今は5,000万円ですが、いずれは3,000万円、2,000万円と下げてくる可能性もあります。

そうなっても年末に調整して売ればいいのですが、投資額が減るので米国株で投資をする旨味が薄れてしまいます。最悪米国株を年末に売って年初に買う、なんてこともやる必要があるかもしれません。

もともと海外の口座や土地を持っている人把握しにくい資産を把握するための制度です。日本の証券口座で持っている資産は、証券会社に問い合わせれば把握できるはずです。

なので日本の証券会社の特定口座で保有している国外財産は申告不要にしてくれませんかねぇ?証券会社が代理で申告すればめんどくさくなくていいじゃないですか。

いまのところは米国株の資産合計はやっと500万円くらいなので、こんな心配は必要ないのかもしれません。ですが米国株投資の金額の上限が5,000万円とわかっているので、あとはひたすら5,000万円の目標に向かってレッツラゴーです。

あと10年はかかるな・・・

それでは投資を楽しんで!!

2018年9月の米国株配当

みなさんこんにちは、モズークです。このブログはキャピタルGXというブログタイトルなのでキャピタルゲインねらいにみえますが、もちろんインカムゲインも狙っております。

日本株は銘柄数が少なめなので配当を貰ったときに記事にすればいいのですが、米国株は銘柄数が多いため配当を貰うたびに記事にするとうざいので、毎月月末にまとめて記事にしたいと思います。

というわけで今月9月は米国株の配当を10社からいただきました。オーウ、サンキューベリマッチネ!!U・S・A!U・S・A!

税引き後の合計金額は49.13ドルで、1ドル113円で計算すると約5,500円になります。まだまだ少ないっすね。できればこの10倍の額は欲しいところですが、急がず焦らず複利の力を信じてじっくりと増やしていこうと思います。

入金日 銘柄コード 単価(USD) 数量(株) 配当合計(税引前/USD) 受取金額(USD)
09/03 SBUX 0.36 10 3.6 2.61
09/12 AWK 0.455 10 4.55 3.29
09/12 PFE 0.34 10 3.4 2.46
09/13 UL 0.4531 10 4.53 3.6
09/20 JNJ 0.9 10 9 6.48
09/21 K 0.56 10 5.6 4.04
09/21 KHC 0.625 10 6.25 4.5
09/21 MMM 1.36 10 13.6 9.77
09/21 RDS B 0.94 10 9.4 7.51
09/28 BP 0.615 10 6.15 4.87
合計 66.08 49.13

来年も通常NISA

年末になると来年のNISA枠が使えるようになります。そろそろVOOを買う投資用の現金を用意しておかねば。

来年も非課税枠120万円の通常NISAで行くつもりです。理由はつみたてNISAに変更する手続きがめんどくさいからです。ZUBORA!

そんなわけで目指せ未来の配当貴族!みなさんも投資を楽しんで!

【運用成績】2018年9月

2018年9月28日現在の資産状況は以下のとおりです。

保有株式
名称 保有株数 株価 評価額
4345 シーティーエス 65,500 765 50,107,500
7833 アイフィスJ 5,000 773 3,865,000
7847 グラファイトD 5,000 582 2,910,000
2159 フルスピード 2,500 746 1,865,000
7809 壽屋 500 2,185 1,092,500
米国株・ETF 5,642,395
投資信託 120,955
合計 65,603,350

資産運用成績
先月比-9.70% 年初比-6.00%

備考

日経平均がバブル期以来29年ぶりの高値を更新して絶好調!!アベノミクスの総仕上げじゃ~い!!そんな中、わたしの資産は年初比マイナスに転落!!株式投資ってこんなもんよね・・・

最大の要因は資産の主力である4345シーティーエスの株価ですね。期ずれの1Qの影響がいまだに続いている感じです。中間決算の発表が来月末~再来月頭にあるので、それを見ないとなんとも言えませんね。とはいえ、どうせならシーティーエスには億まで連れてってもらうつもりなので、今のところ売るつもりはありません。

7833アイフィスジャパンは好調ですね。四季報を見ると東証1部維持のための株主数が足りないので、株主優待を新設してクオカードで株主を増やそうとしています。ですがやはり好決算が一番の株主を増やす要因だと思いますので、この先の決算に期待ですね。

7847グラファイトデザインと2159フルスピードは、がんばろ?

7809壽屋はここ数日なんかいい感じですね。昨日の株主総会で何かいい感触でもあったんですかね。来年はわたしも行ってみたいですね、立川の株主総会。

米国株は特に変わりなく好調ですね。配当ももらう回数が増えてきました。毎週1回は配当金が入金される感じですね。額はショボいですが。

投資信託も楽天ポイントで買い付けたのみです。順調に微増しています。楽天ポイントといえば最近かなり攻めたサービスが増えてきました。もうほとんど現金と変わらないですね。

来週にはもう10月で、今年も残すところ3か月になります。のこり3か月でなんとか年初比プラスになってくれれば嬉しいんですが、株価は言うこと聞いてくれないので見てるだけです。相場が芳しくないときは、写真でも撮りに行って忘れておくことにします。株式投資が調子悪いと、趣味ブログが充実するなぁ・・・

そんなわけで来月も投資を楽しんで!