【運用成績】2020年6月

2020年6月30日現在の資産状況は以下のとおりです。

 名称保有株数株価評価額
4345シーティーエス66,60089459,540,400
7833アイフィスJ5,0007283,640,000
7809壽屋5001,600 
800,000
 米国株・ETF  5,927,548
 投資信託  272,505
合計   70,180,453

資産運用成績
先月比 +21.94% 年初比 +9.24%

備考

6月も終わり、2020年も半分が過ぎ去っていきました。未だ新型コロナの影響は大きく、日本はともかく外国では収束の兆しの見えない国もまだまだあります。 そんな日常には程遠い日々ですが、株式投資はいつもどおりに続けております。

資産額はどうなったかというと、先月比プラス21.94%、年初比プラス9.24%となりました。今年に入って初めて年初比プラスとなることができました。年末までにプラスマイナスゼロくらいになれば御の字だと思っていたのですが、意外にも早くプラス圏内まで戻ってきました。

そのプラスの要員である主力の4345シーティーエスが、今月はかなり堅調で推移しました。もともと実力はある会社なので、みんなが注目し始めればもっと上を狙えるとは思います。個人的には成長率から見ると、株価は5年で2倍になるくらいのペースかなと。知らんけど。

次に7833アイフィスジャパンですが、ここもそこそこ株価は安定していました。ここも注目が集まれば、株価はまだまだ割安なので上にいきそうなんですが、どうでしょ。

7809壽屋は今月末の期末の配当と優待の権利日があったので、そこまでは株価を維持していましたが、翌日からは大きく下げてしまいました。毎年のことだからね、仕方ないね。あと思ったより商品が無事に発売されている印象があり、中国の工場も稼働率が上がってきた感じです。でもやっぱり中国に工場があるのはリスクなので、そこをなんとかしてほしいです。

米国株は今月もあまり手を加えていません。いつものように配当金でSPYDを買ったくらいです。アメリカ国内では暴動が起こっているみたいですが、それでもいまのところアメリカ株は大きく崩していません。この先はどうなるか不明ですが。

投資信託は楽天ポイントと積立投資で、コツコツコツコツと増やしております。今回は無理だけど、次の暴落時に出動できるレベルの大きさになっていればと思っています。

日本では緊急事態宣言が解除されてから東京でじわじわと感染者数が増えたり、アメリカは暴動やら大統領選挙やらでにぎやかだったり、中国では三峡ダムが危なかったり新型インフルエンザが発生しそうだったりと、世界中でいろんな事が起きています。あとインドと中国の国境付近でのストリートファイトとか。

世界情勢が不安定ですが、それでも株式投資をすることが資産を増やす近道と信じて、地道にやっていきたいと思います。

そんなわけで来月も投資を楽しんで!

【運用成績】2020年5月

2020年5月31日現在の資産状況は以下のとおりです。

 名称保有株数株価評価額
4345シーティーエス66,60070847,152,800
7833アイフィスJ5,0006823,410,000
7809壽屋5001,577 
788,500
 米国株・ETF  5,938,842
 投資信託  260,989
合計   57,551,131

資産運用成績
先月比 +13.28% 年初比 -10.42%

備考

今日で5月も終了。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言も解除され、経済活動も再開されいよいよ約束されたバブルへ・・・となるといいですねぇ。このまま感染拡大第二波が来ないことを願います。

資産額はどうなったかというと、先月比プラス13.28%、年初比マイナス10.42%でした。先月に続き今月も資産は回復傾向。ですがまだ年初比マイナスです。でも年末までに半戻しくらいかなと思っていましたが、予想よし回復が早い印象でした。まーこの先どうなるかはわかりませんが。

主力の4345シーティーエスは先月に続き株価も上昇しました。株価はもたもたしている印象ですが、今月からやっとワンマン測量の商品が発売されたみたいなので、売上に貢献してくれることを期待します。

次に7833アイフィスジャパンですが、今月も特に変わりなし。今回のコロナショックで証券口座の開設が増えたみたいなので、ひょっとしたら恩恵があるかもしれません。とはいえもともと今期の予想は低めなので、どんなもんでしょ。

7809壽屋は今月も魅力的な新商品の発表などいろいろありました。生産工場が中国にあるため商品の発売が遅れ気味ですが、こればかりは仕方ないので長い目でみるとしましょう。

米国株は今月はあまり手を加えず。配当金でSPYDを買ったくらいです。アメリカの新型コロナウイルスの感染者はどうなってしまうのか・・・

投資信託は楽天ポイントと、スポットで少し買い増したくらいです。地道に積立で、この次の暴落に備えてタネ銭を作る算段ですが、さてどうなるか。

最近はアメリカがWHO脱退したり、香港がえらいことになったり、サバクトビバッタはどえらいことになったり、給付金はまだ来なかったりといろいろ騒がしいですが、いつもどおりゆるく投資を続けていこうと思います。

こういうときはあんまり動かないほうがいいのかもしれない。

そんなわけで来月も投資を楽しんで!

【運用成績】2020年4月

2020年4月30日現在の資産状況は以下のとおりです。

 名称保有株数株価評価額
4345シーティーエス66,60060840,492,800
7833アイフィスJ5,0006973,485,000
7809壽屋5001,404 
702,000
 米国株・ETF  5,880,198
 投資信託  243,419
合計   50,803,417

資産運用成績
先月比 +9.22% 年初比 -20.92%

備考

今月は緊急事態宣言が発表されて、自粛自粛の一ヶ月でした。こんだけ自粛すると経済に影響が出るのは必然ですが、何故か株式市場は街の静けさとは反対に好調でした。

好調の理由はさっぱりわかりません。日銀の追加緩和とか、アメリカの大幅な財政支援とか、10万円とか、アベノマスクとか、いろいろありましたがわかりません。おそらくは上がった意味なんかなくて、ただ単に株が上がっただけでしょう。きっと理由なんて無い。

来月5月6日までの予定だった自粛要請も、現時点で5月末までは延長になりました。その先は未定です。数字では感染者数は減ってピークアウトの兆候が見えますが、油断するとまたあっさり増えそうです。

なるようにしかならんから、あんまりストレス溜めにように引きこもるくらいしか無いですね。

資産額はどうなったかというと、先月比プラス9.22%、年初比マイナス20.92%でした。月末にシーティーエスの株価が回復傾向にあったので、わたしの資産も回復傾向で今月を終わることができました。それでも年初比マイナス20%ですばい。

主力の4345シーティーエスは今日期末決算が出ました。なんの危なげもなく経常利益は前期比二桁増です。さらに増配。いやはや、なんの心配も要らなかったです。

現在は新型コロナウイルスの影響で多くの工事や公共事業などがストップしているため、業績はこの先しばらく厳しくなると思われます。それでも2021年3月期は微減という予想です。保守的な予想が多いこの会社にしてはこれはかなり強気に感じます。こっそり期待しておきます。

次に7833アイフィスジャパンですが、特に変わりなし。なので特に書くことはありません。

7809壽屋は何故か安定している気が。中国に工場があるために多くの商品の発売が延期になっています。と思えばそれでもちゃんと発売される商品もあり、いったいどんな製造工程なのか謎です。それでも今期は赤字だと思います。いいもの創ってると思うので、ブレイクに期待。

米国株は保有銘柄数をかなり減らしました。そして売ったお金で下がりまくったSPYDを購入しました。これが吉と出るか凶と出るか。まったくわかりません。

投資信託はちょっと新しい試みとして、金の投資信託の積立をはじめました。今の状況で金を買うのはバカと言われそうですが、この次の暴落に備えておくためです。手探りですので、どうなるかはやってみないとわかりません。

自粛でゴールデンウィークも今年は中止みたいな状態ですが、これがいい結果を生んでくれると嬉しいです。この自粛にわずかながらでも光明が見えれば、きっと堰を切ったようにバブルが始まる・・・といいですねぇ。

なんか毎月バブルバブル言ってますが、とっととコロナを倒してバブルへ行くぞ!!

そんなわけで来月も投資を楽しんで!

【運用成績】2020年3月

2020年3月31日現在の資産状況は以下のとおりです。

 名称保有株数株価評価額
4345シーティーエス66,60054836,496,800
7833アイフィスJ5,0007153,575,000
7809壽屋5001,421 
710,500
 米国株・ETF  5,526,407
 投資信託  206,003
合計   46,514,710

資産運用成績
先月比 -6.06% 年初比 -27.59%

備考

はい、今月もコロナウイルスの収束とはならず、資産も順調に減っていっております。先月の下げ幅よりは軽く済んだのですが、コロナウイルスが収束していない以上再びナイアガラの可能性も十分にあります。

ではなぜ株を売って現金にしておかないのかというと、人類はウイルスなんかには負けないと思っているからです。そして世界中の国が金融緩和でお金をジャブジャブにしている以上、ウイルスが収束してしまえばバブルが約束されています。

問題はそのウイルスがいつ収束するのかということですが、奇跡が起きれば一ヶ月後。最悪の場合は数年かかることになります。つまりいつ収束は予測できないので、下手に動かないほうがいいと考えているからです。

おそらくすべての人が家に引きこもって、全ての経済活動を停止するくらいのことができれば一ヶ月くらいで収束するかもしれません。そんなことは実現不可能なので、どんなに早くてもやはり数ヶ月はかかりそうです。

さて資産額はどうなったかというと、先月比マイナス6.06%、年初比マイナス27.59%でした。先月はマイナス960万円でしたが、今月はマイナス300万円とやや下げ幅も狭くなっています。

ただ世界中がコロナウイルス対策で金融緩和や財政出動しまくっているので、マーケットが油断している雰囲気がします。まだまだ二番底がいつ来てもおかしくない状況なので、油断は禁物です。

主力の4345シーティーエスは踏ん張っていると思います。一時400円台にまで株価を下げましたが、最近は盛り返してきています。業績は申し分ないので、市場の状況が好転するまでは我慢です。

次に7833アイフィスジャパンですが、なぜかここ数日強く先月末よりも株価は高くなっています。理由はさっぱりわかりません。わからんものは考えても仕方ないので考えないことにします。あと今月配当をいただきました。ありがとうございました。

7809壽屋は乱高下しています。この株の参加者が少ないために、ちょっとの売買で大きく株価が動いてしまいます。ここもコロナウイルスが収束しないことには、中国の工場も稼働が読めないので株価は安定しないでしょう。我慢のときですね。

米国株はダウが大きく下げたことにより、資産額も下がりました。できれば安くなっている今のうちに買い増ししたいのですが、現金はいざというときの生活費にとっておきたいので躊躇しています。

投資信託はいつもどおり楽天ポイントでの買い増しです。あとは今月から毎月5,000円自動で買うように設定しました。そんなとこです。

ブログであーだこーだ書いていてもコロナが収束するわけでありません。ですが今は時間が解決してくれるのを待つしかないです。一日一日をしっかりと生きてコロナウイルスが収束する日を待ちましょう。

そしてその後は約束されたバブル相場へと・・・

そんなわけで来月も投資を楽しんで!

【運用成績】2020年2月

2020年2月29日現在の資産状況は以下のとおりです。

 名称保有株数株価評価額
4345シーティーエス66,60058138,694,600
7833アイフィスJ5,0006503,250,000
7809壽屋5001,445
722,500
 米国株・ETF  6,613,702
 投資信託  235,707
合計   49,516,509

資産運用成績
先月比 -16.25% 年初比 -22.92%

備考

いやー、今月はひどかったですね。既に致命傷を通り越してゾンビになっちゃいましたよ。コロナウイルスが原因なのか、たまたま調整の時期にコロナウイルスがトリガーになったのかはわかりませんが、ひっどい下げでしたねぇ。

まだまだコロナウイルスは収束していないので、来月も下げる可能性があるんだぞ?いややわー。

資産額はどうなったかというと、先月比マイナス16.25%、年初比マイナス22.92%と、こいつは超スーパーすげぇマイナスどすばい・・・あと少し下げたら今月だけでマイナス1,000万円超えちゃうところでした。

資産額的には3年前のレベルにまで後退し、ランク的に順富裕層からアッパーマスへと降格です。まあこういう格付け的なものには意味はないんですが、なんかガックリきますねぇ。

気を取り直して個別株を見ましょう。主力の4345シーティーエスがドカンと下げたのが資産額が大きく目減りした要因です。コロナウイルスで影響を受けるような業種じゃないので、株安は一時的なもんだと思います。期末に向けて上方修正は期待薄ですが、自社株買いくらいはやってくれんかな?

次に7833アイフィスジャパン。今月期末決算が出て、ほぼ会社予想どおりの増益で今期を通過しました。ただ来期の会社予想が保守的でやや弱気なので、 サプライズでもない限りは 大きく跳ね上がるようなことはなさそうです。

7809壽屋はいつもの場所に帰ってきました。いや、いつもの場所より下ですが。このコロナショックで中国に工場を持つことがどれだけ危険かというのがわかったと思いますので、とっとと別の国か国内に生産工場作りましょう。国内工場作るなら増資しても構わん。

米国株は先月に引き続き個別株を売ってSPYDに買い換える作業を粛々としています。ただ2月前半はまだよかったのですが、いまは含み益が大きく減った状態で株を売るのが難しいので、しばらく様子見になりそうです。

投資信託はいつもどおり楽天ポイントでの買い増しと、コロナショックで大きく下げたときに1,000円単位でちょくちょく買ってました。ミジンコみたいなもんですけどね。

今月はコロナに始まりコロナに終わった1ヶ月でした。それ以外なんも覚えていないもん。なにかあったっけ?はやくコロナウイルス収まってくれんかなぁ・・・ほんと。

そんなわけで今年も投資を楽しんで!