2019年3月の米国株配当

みなさんこんにちは、モズークです。今年もあっという間に3か月が過ぎ、念の4分の1が終了しました。今月も米国株は個別ではなく配当金は月末にまとめて記録しておきます。

2019年3月の米国株からの配当は合計12社からいただきました。今月は配当金を出す企業が少なかったかなぁ。とはいえアメリカ人のピープル、いつもありがとうございます。

金額のほうは、税引き後合計金額は175.48ドルになり、現在の為替レート1ドル110.8円で計算すると約19,400円になります。保有株数の多いVOOからの分配金があったので、かなり多めに感じます。

なおVOOの受渡日は4月1日ですが、めんどいので3月に入れときます。来月になったら忘れると思うので。

入金日銘柄コード単価(USD)数量(株)配当・分配金合計(税引前/USD)受取金額(USD)
03/05FAST0.43104.33.1
03/07AWK0.455104.553.28
03/07INTC0.315103.152.28
03/07PFE0.36103.62.61
03/18HBI0.15101.51.1
03/18JNJ0.91096.48
03/18MMM1.441014.410.34
03/22K0.56105.64.04
03/27UL0.4422104.423.51
03/28KHC0.41042.89
03/29RDS B0.94109.47.51
04/01VOO1.455198142.6128.34
合計206.52175.48

VOOから分配金を貰ってVOOを買う

今月VOOからまとまった配当金が入ったので、貰ったドルの合計がVOOが1株買えるくらいになりました。VOOから分配金を貰ってVOOを買う。極々普通の当たり前ですね。

こうやって貰った配当・分配金で株を買い増していけば、資産を確実に増やしていくことができます。この方法は株の価格を高い時、安い時でタイミングを計ってトレードするより、地味ですが非常に簡単でまず失敗しない投資方法です。

持ち株の株価が冴えないときには、堅実な配当金の再投資が輝いてきます。配当金で耐え、また株価が上がってくるまで耐える。今はそんな時期だと思い、じっと大人しくしています。

そんなわけで目指せ未来の配当貴族!みなさんも投資を楽しんで!

【運用成績】2019年3月

2019年3月29日現在の資産状況は以下のとおりです。

 名称保有株数株価評価額
4345シーティーエス66,00062241,052,000
7833アイフィスJ5,0005992,995,000
7847グラファイトD5,0005102,550,000
7809壽屋5001,465732,500
 米国株・ETF  6,178,707
 投資信託  141,352
合計   53,649,559

資産運用成績
先月比 -6.08% 年初比 +1.30%

備考

今日で今月の日本株も終了しました。みなさんおつかれさまでした。わたしは何もしていません。

今月の資産は先月に比べてマイナス6.08%とまたまた振るわない結果に終わりました。知ってた。ま、まだ年初比でプラスだからセーフ・・・!(先月と同じこと言ってる)

資産減の4345シーティーエスのジリ下げが主な原因です。期末決算でいい数字が出るまではこんな感じだと思います。数年後は上がっていると思うのですが、短期的にはこの辺りをウロウロですかね。みまもり~。

逆に7833アイフィスジャパンはジリ上げしてきました。普通に業績の数字はいいので、みんなが気が付けば株価は後からついてくると思います。今月あった株主総会は出ることができませんでしたが、配当とクオカードをいただきました。ありがとうございます。

7847グラファイトデザインは材料が無かったので先月とほぼ変わらずです。最近はカーリングのブラシなんか作ってるみたいです。みまもり~。

みんな大好き、おかしな時を造る企業の7809壽屋。怒涛の商品ラッシュの6月に向けて頑張ってください。財団Bに負けるな~。

米国株はいつも通りVOOを買い増しました。あとは特に何もしていません。みまもり~。

投資信託は楽天ポイントで買い増し。いつも通り、以上。

先月の末にインドとパキスタンがきな臭いのでどうなるかと書きましたが、どうなったんでしょう。膠着状態なのかあまり情報が出ませんね。やっぱり遠くの国の紛争はあんまり影響ないっぽいです。

来月1日には新元号の発表があり、景気よくパーッっと株価爆上げと・・・なりませんね。消費税の増税が控えている限り、日本国民の消費への意欲は回復しません。このままだとまたデフレに逆戻りなので、とっとと増税凍結してくれませんかねぇ。

そんなわけで来月こそは大幅プラスといきたいもんです。また来月!!

【運用成績】2019年2月

2019年2月28日現在の資産状況は以下のとおりです。

 名称保有株数株価評価額
4345シーティーエス66,00067944,814,000
7833アイフィスJ5,0005592,795,000
7847グラファイトD5,0005132,565,000
7809壽屋5001,501750,500
 米国株・ETF  6,059,017
 投資信託  140,255
合計   57,123,772

資産運用成績
先月比 -9.31% 年初比 +7.86%

備考

今日で2月も終わりました。先月よりも3日も少ないので、あっという間に過ぎたという気分です。

今月は先月に比べて資産がマイナス9.3%と振るわない結果に終わりました。ま、まだ年初比でプラスだからセーフ・・・!

これは先月末に3Q決算発表があった、4345シーティーエスの株価が振るわなかったのが主な原因です。数字は悪くないと思うんですが、最近は超絶好決算でも出ないと株価は下がる風潮なのか、ジリジリと下げました。上方修正でもない限りは、期末決算まではこんな感じでしょう。

7833アイフィスジャパンは期末決算の発表がありました。こっちはかなりいい数字だったんですが、なぜか株価はダダ下がり。これも超絶好決算でない限りは下げるという風潮にやられた感じです。今期の業績予想が前期比プラス4%と保守的だったのも影響したのかもしれません。

7847グラファイトデザインはちょっと前までは株価のほうは良いジリ上げで推移していたのですが、配当権利落ちしたらガクンと下がりました。高配当の会社はこれがあるので困るのですが、いまさら慌てて売るつもりはありません。ゆっくり期末決算の発表を待ちたいと思います。3Qはちょっと回復傾向だったので、もしかしたらという期待感もあります。

さてみんな大好き、おかしな時を造る企業の7809壽屋です。ここは2Q決算発表とともに下方修正が出ましたが、これは予想できましたね。それと同時に自社株買いを行うと発表がありました。なぜか最近はジリジリ株価が回復しつつあるので、ちゃんと自社株買いをしているのかもしれません。

米国株はVOOを月の初めに買い増ししたくらいで、特に何もしていません。それでも少しずつ資産に占める割合が増えて行っています。アメリカ強いなぁ。

投資信託は楽天ポイントで買い増し。いつも通り、以上。

去年の2月もなかなかひどい月だったのですが、下げ幅でみると今年の2月もかなりひどい月でした。一つの銘柄が大きい割合を占めているので仕方ないのですが、そろそろ春らしく舞い上がる株価の動きを見たいです。

なにやらインドとパキスタンがきな臭くなっていますが、どうなるか全くわかりません。ベトナムで会談のあった金正恩も、トランプに軽くあしらわれたようです。この結果から北朝鮮も中国もどう動くのか予測不能です。

そんなわけでやはり今年もレバレッジをかけるのは、控えめにしておいたほうが無難かな。

というわけでこんな感じですが、また来月も投資を楽しむのじゃ。

2019年2月の米国株配当

みなさんこんにちは、モズークです。今年もあっという間に2か月が過ぎました。いつもどおり米国株は銘柄数が多くてめんどくさいので、個別ではなく配当金は月末にまとめて記録しておきます。

2019年2月の米国株からの配当は合計13社からいただきました。アメリカ人、いつもありがとうございます。

金額のほうは、税引き後合計金額は45.89ドルになり、現在の為替レート1ドル110.8円で計算すると約5,000円です。まだまだ少ないですが配当を再投資していけば、そのうち増えていくと思いますのでゆっくり焦らず待ちましょう。

入金日銘柄コード単価(USD)数量(株)配当合計(税引前/USD)受取金額(USD)
02/05GPS0.2425102.431.76
02/05INFY0.05613201.120.91
02/07GIS0.49104.93.54
02/07T0.51105.13.68
02/07VZ0.6025106.034.35
02/08CVS0.51053.6
02/12CBRL1.251012.58.99
02/15NVT0.175101.751.41
02/20AXP0.39103.92.81
02/21CL0.42104.23.03
02/21PAYX0.56105.64.04
02/21PG0.7172107.175.17
02/28SBUX0.36103.62.6
合計63.345.89

クラフト・ハインツ

今月の米国株の話題と言ったらやはりクラフト・ハインツでしょうか。わたしもしっかり持っています。保有数は10株と少数なので被害は少ないのですが、嬉しいことではありませんね。まーそういうこともありますわな。

安くなったクラフト・ハインツを買い増しするかどうかと聞かれたら、まだ様子見ですね。今はまだ銘柄数を増やすことのほうが優先です。もっと下がって美味しいチーズくらいの株価になったら、ちょっとつまみ食いしてもいいかもしれません。

そんなわけで目指せ未来の配当貴族!みなさんも投資を楽しんで!

7809壽屋2Q決算

みなさんこんにちは、壽屋の2Q決算のIRを見て渇いた笑いが漏れたモズークです。

今日の引け後に保有株の壽屋の2Q決算発表がありました。結果はダメダナ(・×・)

  • 売り上げ 前期比マイナス12.2%
  • 営業利益 前期比マイナス80.6%
  • 経常利益 前期比マイナス84.6%
  • 純利益 前期比マイナス86.2%

となりました。赤字ではないにしてもこれまた1Qに続いて厳しい数字。また明日はストップ安かなぁ?やーめーてーよー。逆にアク抜けで上がったりしませんかね?しませんね、はい。

それに伴い通期の業績予想も下方修正されました。予想純利益がおよそ3分の1に修正されています。赤いザクが普通のザクになった感じですね。下方修正されても盛り返す例もいっぱいあるから、いっぱいあるから。

プラモは悪くない印象だったが

IRに目を通してみますと、アリス・ギア・アイギスとメガミデバイスのコラボ商品の「吾妻楓」は売れたっぽいです。発売前後のTwitterとかでも買っている人が多い印象でした。ひょっとしてこの楓ちゃそで今期の売上V字回復するかな~なんて思っていましたが、そこまで甘くなかったですね。

あとは出せば売れる時代もあった初音ミクとフレームアームズ・ガールのコラボ商品の「フレームミュージック・ガール 初音ミク」もかなり売れてた印象でした。しかしそれでも(以下略)

前期がアニメ効果で良すぎたというのもあるのでしょうが、今期は純粋に売り上げが落ちている数字です。

今後はメガミデバイスに期待できそう

1Q決算のときにフレームアームズ・ガールの一本足打法などと書いてしまいましたが、寿屋の商品展開を追っているうちにメガミデバイスがこれから期待できそうです。

前述のアリス・ギア・アイギスとメガミデバイスのコラボはこれからも続き、すでに「兼志谷シタラ」「一条綾香」と「相河愛花」の商品化も進んでいます。彼女らもゲームで熱狂的な変態長たちに人気のあるキャラばかりなので、かなりのヒットになるでしょう。

もちろんメガミデバイス自体の商品展開もあり、近日発売の「BULLET KIGHTS ランチャー/ランサー」をはじめ、アリス・ギア・アイギスからの逆コラボの「SOLストライクラプター」なんかも控えています。

先日行われたクリエイターの祭典ワンダーフェスティバル、通称ワンフェスでは、 試作品の展示などもありました。ここから見るに、メガミデバイスはかなり自由な商品展開でこれから面白くなりそうな印象を受けました。

また美少女プラモブームの始祖ともいうべき武装神姫とのコラボもあり、某コナミに絶望させられた大きなお友達たちに希望をもたらしています。はぐれ武装紳士をメガミデバイスに取り込むことができれば、かなり強いです。

フレームアームズ・ガールは定番商品へ

アニメ特需がはげ落ちたといってもフレームアームズ・ガールは安定して売れる商品です。

ラインナップを見るとまた轟雷か、またスティ子か、またバーゼか、またフレズか、またフレズか、またフレズか、またフレズか(コトブキヤフレズ大好き問題)みたいな印象を受けますが、轟雷は財団Bに例えると初代ガン〇ムみたいなものだから、これからもずっと出し続けると思います。

出すたびに関節の可動域やらがいろいろ改良されているみたいなので、出るたびに多々買うユーザーにしてみれば嬉しいでしょう。財団Bなんかどんだけ初代ガ〇ダム出すねん!を通り越して、敵も味方もガンダムだった時期もあり、まだコトブキヤはかわいいレベルです。

あとできればアニメの続編をちゃんと作って欲しいのですが、とりあえず今年の6月は劇場版(という名の総集編)が公開されるので、そこで再びフレームアームズ・ガールが盛り上がるといいですね。

ところで劇場版(総集編)とは別に続編もあるんですよね?まさか続編キャンセルで劇場版(総集編)というオチじゃないですよね?ちゃんとテレビ枠での続編もあるんですよね?

自社株買いもあるよ

今回ふがいない決算を出してきた壽屋ですが、株価対策として自社株買いも出してきました。

上限は8万株(全体の2.9%)の1億2千万の自社株買いです。浮動株が23.9%あるので焼け石に水かな。