【運用成績】2017年10月

2017年10月31日現在の資産状況は以下のとおりです。

保有株式
名称 保有株数 株価 評価額
4345 シーティーエス 65,000 791 51,415,000
3080 ジェーソン 10,000 375 3,750,000
7847 グラファイトD 5,000 633 3,165,000
7833 アイフィスJ 5,000 580 2,900,000
ETF 1,175,913
投資信託 82,191
合計 62,488,104

資産運用成績
先月比-4.67% 年初比+51.40%

備考

今日で10月も終わりです。というわけで今年も残すところあと2ヶ月となりました。早い!早いよ!時間が過ぎるのが早いよ!これが歳をとるということなのよね。

さて今月は日経平均が史上初の連続値上がり16連騰があったり、21年ぶりに22,000円を超えたり、1ヶ月で2日しか下げなかったりと凄まじい1ヶ月でしたが、わたしの資産は減りました。減りました。ええ、減りましたとも。とはいえ一瞬だけ謎の値上がりをしたグラファイトデザインを処分して、現金を確保しただけなので、保有金額的には変わっていません。当ブログでは現金は資産ポートフォリオに含めないというルールでやってきたので、見た目の資産は減っています。

で、確保した現金で米国ETFのVOOへ資金を投入してみました。今のところNISAの120万円枠で買える分だけを購入。この先どうなるのか楽しみです。

来年は今のところ決まっていませんが、おそらくこのまま普通のNISAでまた120万円分VOOを買うと思います。一時はつみたてNISAに傾きかけてたんですが、楽天証券の米国株購入手数料が下がったのでETFが描いやすくなったというのが理由です。

個別に目を移すと、資産割合を大幅に占めている4345シーティーエスがやや復調しました。ですが先月に予測した10月後半の上方修正IRのサプライズはありませんでした。業績に心配はないのですが、来月の中間決算発表まではちょっとドキドキします。たのむよ~。

7847グラファイトデザインは上でも書いたように、かなり処分してしまいました。できれば3Q発表まで待ちたかったのですが、こちらにもいろいろと事情がありますので。残りは5,000株になりましたが、これはもうしばらく持ち続けるつもりです。

7833アイフィスジャパンはいつもと同じ、ゆったりした動き。ですがここは株式市場が活況になれば業績が上がる傾向があるので、ひょっとしたらひょっとするかも?あとはつみたてNISAの投資信託の目論見書などの印刷需要が伸びたりするんですかね?そこらへんはよくわかりません。この株も気長に待ちます。

そして今回大幅に買いましたのが、3080ジェーソンです。べ、別に今月13日の金曜日があったから買い増ししたんじゃないからねっ!!これからの店舗拡大を見込んで安い時期に仕込んでおこうと思っただけなんだからっ!!

最後に今月も投資信託を買い増ししました。楽天・全米株式インデックス・ファンドとiFree S&Pインデックスの2銘柄に投資しているのですが、アメリカ株が絶好調なのでかなり調子がいいですね。ドカーンと儲かることはないのですが、ジワジワと増えていっています。しかし為替で結構左右されるので、なんともいえませんが。来年から投資信託はは特定口座で積み立てていこうかと思っています。おそらくNISAの枠はETFに使いますので。

さてさていよいよ来月はからは11月です。トランプ大統領が訪日したり、北朝鮮を含むアジア情勢がそわそわしてきたりとなにかと気になります。何が起こるかわからないので、何が起きても大丈夫なように備えておこうと思います。もし何か有事が起きて株式市場が大幅な下落をした場合には、即死しないように準備し、さらに絶好の買い場にできるようにしておきたいものです。そのために少し現金化もしておきました。もちろんなにも起きないのが一番ですが。

それでは来月も投資を楽しんで!

日経平均22,000円回復で再び祭りのはじまりか

みなさんこんにちは、モズークです。

日経平均16連騰で盛り上がった祭りが終わったとおもったら、また祭りが始まっていました。今日の終値で日経平均22,008.45をつけ、21年ぶりの高値になりました。これからは日経平均高値祭りのはじまりだー!!

しかしほんとにすごいですねー。10月に入ってから下げた日が1日しかないという、とんでもない相場の状況です。今月の日数はもう31日の火曜日までの2日を残すのみなので、仮に月火曜日が下げて終わっても3日しか下げなかったということになります。こんな相場って今まであったんでしょうか?バブル期でもこんなこと無かったんじゃないかと思いますが、調べてないのでわかりません。

そんないまだかつてない相場ですが、わたしの資産は恩恵を受けていません。このままこの相場が続けばそのうち恩恵をうけることができるかもしれません。焦ってもどうにもならないので、慌てず騒がず気長に待ちますよ。

景気回復の実感が感じられない?

そんな絶好調の株式市場ですが、やはりマスメディアでは景気回復の実感が感じられないなどの報道をしています。しかし今年に入って上場企業の上方修正が160社以上になっています。人々は実感はできなくてもちゃんと景気回復は数字に表れています。

株式投資をしている人は個々最近のアゲアゲ相場でかなりの恩恵を受けているので、個人投資家は景気回復を実感できています。また大学を卒業して就職する新卒者の人々も、現在の求人は売り手市場で実感できているはずです。またまたアルバイトでも時給の底上げを実感してきているはずです。

この状況で景気回復の実感が感じられないというのは無理があるような気がします。マスメディアの中の人はいったいどこを見て景気回復の実感がわかないと言っているのでしょうか。もうマスメディアは社会情勢を読む期間としては機能していない気がします。

年内に日経平均25,000円なるか?

このままのペースならば年内には日経平均25,000円をつけてしまいそうな勢いです。ですがそう上手くはいかないのが相場です。25,000円はあるかもしれないし、ないかもしれない。というあやふやな感じでいいんじゃないでしょうか。

間違っても「今年中に25,000円確実!」とか「アベノミクスは失敗しているので10,000円以下になる!!」なんて予想してはいけません。それは予想でもなんでもなく、ただの予言です。株式投資に預言者は必要ありません。

預言者を信じて投資をすれば、必ず大きな失敗をします。預言者の言うことは無視しましょう。そんなことよりも起こることを想定し備え、起こったことに冷静に対処すればよいのです。

でもできれば日経平均25,000兆円までいってほしいですね。(ジンバブエか!)

それでは投資を楽しんで!!

惜しくも日経平均17連騰ならず

みなさんこんにちは、モズークです。

昨日まで続いていた日経平均の連騰記録は、今日はマイナスで終わったために途切れました。

グムー、残念・・・

午前中まではわずかながらプラス圏内で推移していたので、ひょっとしたら17連騰いけるかと思いましたがそうはいかなかったようです。とはいえ16連騰ですらものすごいことなので、いいもん見せてもらったという感想です。

連騰記録が途切れましたが、自民党勝利からのアベノミクス継続で金融緩和はこれからもつづくので株式市場は長期的には上だとは思います。懸念があるとすれば隣の国のカリアゲ君や、同じく隣の中くらいの国のジージンピンさんが変なことするんじゃないかということです。とくにカリアゲ君のミサイル遊びが再開されれば、敏感な東証の株価はガックンガックンするでしょう。10月に入って下げなかった理由のひとつは、カリアゲミサイルが飛ばなかったというのもあります。

今までやってたミサイル遊びをもうやらないということはないので、用心だけはしておいたほうが無難です。わたしの思いつく対策としては、あまり信用ポジションを大きくしないというところですね。

気がつけば年末目前

選挙や日経平均連騰で騒がしかった10月ですが、気づけば今年もあと2ヶ月ちょっとということになっていました。去年の同時期を振り返れば、年末にむけての3ヶ月はかなりの強気だったと記憶しています。実際にわたしの資産も去年の10月から12月でかなり増加していました。

今年も去年と同じとは限らないのですが、もし同じようになるとすればここから本格的な上昇相場になりそうです。そううまくいくことはないとは思いますが・・・

思い返せば去年はアメリカ大統領選挙で、まさかのトランプ当選からの強気相場になりました。トランプが当選したらアメリカの株式市場壊滅と言われていたのがウソのようです。ここからもわかるように株式投資において、人間の予想は常に当たらないということです。

問題は消費税増税

今回の選挙結果でリフレ政策の与党が圧勝したので、少なくとも2019年10月の消費税増税までは景気は上向きであると予想できます。もちろんこれは他に震災や災害や有事が何もないとすればですが。

ですがこのまま2019年に消費税増税が行われてしまえば、2014年の消費税増税のときと同じように景気が冷え込むことは確実です。もし消費税増税延期、もしくは凍結を実施するのであれば、2019年10月の半年前である2019年4月に首相が決断しなければなりません。増税決断までは、いまから数えてあと1年半ほどの猶予があるといえます。その間にリーマンショック級の出来事があれば、めでたく増税は流れるでしょう。

仮にリーマンショック級の出来事がなくてもリーマンショック級だと言い張れば増税延期は可能です。実際に過去2回の消費税増税の延期はリーマンショック級の出来事はありませんでした。延期理由は「世界的にリーマンショック時の前のような雰囲気」というような、よくわからない理由で増税延期を決めたと記憶しています。これは増税延期を決意してから後付でいくらでも理由が付けられるということを意味しています。

ということであと1年半で安倍総理の増税延期へのシナリオがどうなるのか、しっかり注視していきたいと思います。なんだかこのブログ、なんかいっつも消費税のこと書いてますね。

お祭り気分も終わって

わたしの投資スタイルは長期投資ですので、普段は日経平均が上がろうが下がろうが特に気にしません。ですが流石に57年ぶりの14連騰ということでここ数日はお祭り気分で記事を描いてきました。おそらくわたしが死ぬまではこの記録は塗り替えられなさそうな気がしますので、当ブログにおいて最初で最後の連騰記事ということになりそうです。

それにしても選挙からの連騰祭りは、一個人投資家としてはとても楽しかったですね。死ぬ前にもう一度くらいこんなお祭り気分を味わってみたいものです。

それでは投資を楽しんで!!

日経平均16連騰でびっくらこきました

みなさんこんにちは、モズークです。

そして昨日に引き続きおめでとうございます。日経平均16日連続値上がりして、史上初15連騰をさらに越えてしまいました。正直今日は下がるかなーとは思っていたのですが、良い意味で予想を裏切ってくれました。

寄り付きはしばらくは前日比マイナスで進みましたが、午後の引けに近づくに連れ上がり始め、終わってみれば前日比108.52高い21,805.17円でフィニッシュしました。意外な粘り強さにびっくりしながら、なにもできずにボーッと見ていました。

16日営業日連続上昇ということは、よく考えたら10月に入ってからずっと上がりっぱなしということです。選挙期間中は上がりやすいとは言われてましたが、こんなことが起きるものなんですね。

たぶんこの記録は当分破られることはなさそうな気がします。もしかしたらこの先一度も無いかもしれません。そう考えると凄いときに株式投資をしているんだなという思いになります。。

外国人の資金が流入?

この長い上昇の原因は日本から資金を引き上げていた外国人投資家が戻ってきたという見方もあります。セルインメイで引き上げた外国人が遅いバナンスから帰ってきたのでしょうか。市場動向の理由をつけるのが仕事の人はそういう見方でしょう。

わたしの意見はちがいます。わたしが考えるこの上昇の理由は、わかりません。

はい、わかりません。

と言うか誰もわからないというのが事実でしょう。相場というのは短期的には予想はできません。その証拠に誰もこの16連騰を予想できなかったでしょう。

なぜ上がったのかはわかりませんが、大事なのは上がったという現実です。後付の理由はどうにでもなりますが、おそらく正解は無いでしょう。

だから明日もどうなるのかはわかりません。

20連騰で神話になるか

10月に入ってから上がりっぱなしなので、どうせなら残り4営業日も連投して10月は下落なしの一ヶ月になりませんかね?もしそれが実現すれば、それこそ伝説どころか神話レベルの出来事です。

力こそパワー、毎日がエブリディ、神話こそマイソロジー。

な~んて思ってると下げるんですよね。

株は上げたり下げたりするものです。それはコーラを飲んだらゲップが出るのと同じくらい当たり前のことです。明日は下げてもともと、あがったらおめでとうございますという気分で適当に見ておきます。

それでは明日も投資を楽しんで!!

史上初の15連騰おめでとうございます

みなさん、明けましておめでとうございます、モズークです。

きましたきました!22日の衆議院総選挙は、終わってみれば自民圧勝!その結果を踏まえての今日の日経平均15日連続値上がり!史上初の15連騰でフィニッシュです!

いやーめでたい。

これで金融緩和は継続になり、あとは財政出動を増やし、国防を固め、教育に力を入れるというシナリオが出来上がりました。あとは安倍総理が財務省を出し抜いて、ハプニング消費税増税凍結をすれば完璧。

改憲で野党の協力の交換条件で、泣く泣く野党の消費税増税凍結案を飲むという形にすれば無理なく増税凍結できそうです。しかたないですよね、野党は消費税増税反対ばかりなんですから。

もしくは朝鮮半島で有事が起これば、リーマンショック級の事態なので増税は凍結ですね。いやーしかたがないですね。

市場は現実を見ている

選挙結果を受けて15連騰した理由は、やはりアベノミクスの継続を市場が織り込んだからです。アベノミクスで恩恵を受けた投資家は、安倍政権のゆくえが資産の増減に直結します。市場は冷静に選挙結果を受け取ったのです。

その逆に感情的なのは、ここ最近ヒステリックに安倍政権を貶める数々のマスメディアです。ですがいくら感情的にマスコミやメディアが安倍政権を煽っても、結果は自民党圧勝。どうやら国民も冷静に安倍政権の経済対策を評価している模様です。

しかし、わたしにはなぜマスメディアがここまで安倍総理を憎むのかがよくわからないのですが。経済が良くなれば景気が良くなり、広告収入が増えてマメスメディアもウハウハのはずなんですがねぇ?なぜなんでしょうねぇ?

16連騰はあるのか?

さて気になるのは明日も上がって16連騰するのかどうかですが、これはもうわからないです。今日は選挙結果に対してのご祝儀みたいなものなので上がりましたが、別に下がってもおかしくはなかったはずです。予測不能ですね。

ただ明日下がっても長期的にみれば、金融緩和継続なので上昇傾向は続くでしょう。でも絶対ではありません。

明日急に北のカリアゲ君がミサイルに乗って日本に着弾したら、日経平均マイナス5000円になるかもしれません。急に東京が大量のゾンビに襲われてしまうかもしれません。もしかしたら宇宙人が攻めてきて日経平均マイナス10,000円になるかもしれません。そんな事態になったら株どころではなさそうですけど。

何が言いたいのかというと、明日になってみないとわからないということです。「16連騰確実!!」とか「オイオイオイ明日調整だわ」とか予想しても無駄です。そんな予想よりも明日に備えて、ぐっすり寝たほうがいいです。

それでは明日も投資を楽しんで!!

おやすみなさい。