無借金経営は本当にいいのか?

アイキャッチ

こんにちは、借金怖いモズークです。

株を選ぶために会社の業績や経営を調べますよね。

前にも書きましたが、わたしは以前の投資方法はバリュー株投資でした。(現在はスーパーグロース株投資家です。)バリュー株はできるだけ割安で安全な株、バフェット風に言えば安全域(マージン・オブ・セーフティー)の大きい株を探していました。

  • 利益率に対して株価が割安である
  • 経営が安定している
  • 現金を多く持っている
  • 無借金経営である

などを重視していました。

ところが最近、無借金はたしかに素晴らしいのですが事業を加速するための正しい借金もあるのではと考え始めました。

正しい借金とはなんでしょうか?今回は借金について考えているあれこれを書いてみたいと思います。

銀行はお金を貸したがっている?

2012年末にアベノミクスが始まり、翌年の2013年4月の日銀の量的金融緩和により流通する通貨の量は大幅に増えました。

量的緩和により通貨の量が増えたので、物の価値と相対的に通貨の価値は下がります。普通に考えればインフレになるはずです。

しかし実際にはインフレはほとんど起きず、物価の上昇はほとんど進みませんでした。その理由は銀行が日銀に国債を売った現金を日銀の当座にブタ積みにするだけで、ほとんど融資を増やさないのが原因です。

せっかく国債を売った現金を融資せずにしまいこんでいれば、流通する通貨は増えません。実際の市場に流通する通貨の量が増えなければインフレなど起きません。

銀行は本来借りたい人に融資をし、利子を受け取って利益を得るのが本分です。ところが日銀の当座に現金を置いてくだけで利息が受け取れるので、リスクを取って融資などしなくなっているのです。

そのため、今年1月に日銀は当座預金の一部に手数料をかけて預けていると預金が減るようにしました。

これがマイナス金利です。つまりマイナス金利は銀行に対して「もっと融資を増やして市場にお金を流しなさい」と発破をかけるのが目的です。

銀行はいままで日銀にお金を置いておくだけで利益が増えていたのに、ちゃんと融資をしなければ儲けることができなくなりました。簡単に言えばタダ飯が食えなくなったということです。ここ最近のマイナス金利政策を貶める報道は銀行関係者からの恨み節でしょう。

しかしわたしに言わせると、銀行は社会の公器です。お金を借りたい人の事業にちゃんと融資し、その利子で利益を得るように努力しなければいけません。

マイナス金利政策のおかげで銀行は企業や個人がお金を借りてくれないと困る状況になっているのです。つまり銀行はお金を貸したがっている状態です。

無借金経営は素晴らしいけれど

さて一方企業の方といえば、リーマンショックや東日本大震災を乗り越えたような優秀な企業陣のなかには無借金経営の会社も数多くあります。

無借金経営とはその字のとおりに借金をしないで経営できているということです。事業で十分な利益を得て、その利益で再投資をする、たしかにそれは素晴らしいことです。

しかし無借金経営にこだわるあまりに内部留保を積み上げる。事業拡大を限られた資金で行うために思い切った設備投資ができない。なかなか社員の給料を上げないということが起きているのではないでしょうか?

銀行はお金を貸したがっており、しかも金利は史上最低レベルです。現在ほど資金を調達しやすくなっている時代はないでしょう。ならば安全かつ必要な範囲で銀行からの融資を受けたほうがよいのではないのでしょうか。

そうすれば会社は社員の給料も上げることができ、設備投資もできる。銀行は融資した資金の利息で利益を得ることができる。そして市場の通貨量は増え緩やかなインフレになる。

まさに会社良し、銀行良し、社会良しの三方良しの状態になります。素晴らしい。

無借金経営ゆえに倒産するケースも

こんな話があります。

ある会社は経営陣が優秀で経営状況もよく無借金経営でした。借金がなければもちろん銀行との付き合いもありません。会社の経営が順調なときはそれで上手くいっていました。

しかし会社の経営というのはいつトラブルに見舞われるかわかりません。一度のトラブルで資金難に陥ってしまうという可能性もあります。

その会社もある経営上の失敗で赤字を出してしまいました。もともとは実力のある会社なので、このピンチを乗り切る資金があれば立ち直ることは予想できます。しかし無借金経営をしていたこの会社は、普段から親しい付き合いのある銀行がありませんでした。

そのためそのピンチを乗り切るための融資をしてもらえるような銀行が表れず、会社は不渡りを出してあっさりと倒産します。

このようにいくら無借金経営する実力のある会社でも、万が一に備えて特定の親しい銀行とつながりを持っておくことは重要なのです。

もちろん借金は少ない方がいい・・・が

四季報や決算書をみればその会社の借金がどれくらいあるかはわかります。もちろん借金は少ないほうがいいのは当然です。

しかし新しい事業を始めるときの資金調達やいざという時の備えのために、お付き合い程度に借金をしておいて銀行とコネを持つことも必要かなと最近は考えています。

最後にこんなブログを見ているかわかりませんが、銀行関係者にお願いがあります。何か事業を始めようと思っていても、資金のない個人は借金する必要があります。そういう融資を必要にしている人たちへの融資も銀行はできるだけ積極的に行ってください。

猫も杓子も担保担保で質屋みたいな貸し方をするのではなく、融資が必要な人の事業計画を見てその将来性に融資をしてください。今は銀行の人を見る目が要求されている時代です。銀行にはある程度リスクを許容して、人間の本質を見極めて融資を判断してほしいと思います。

それでは投資を楽しんで!

7551ウェッズさんから配当をいただきました|2016年12月

こんにちは、モズークです。

今朝メールチェックをしたら、7551ウェッズさんから配当金が入金されたというメールが証券会社から届いていました。ウェッズさん、ありがとうございます!

持ち株は16,000株で配当は1株10円の配当で合計16,000円。そこから税金を差っ引いて127,496円入金されていました。

これで先日のシーティーエスさんからいただいた配当とあわせて約25万円再投資に使う資金ができました。いま何を買おうか物色している最中です。

ウェッズといえばアルミホイール

ウェッズのホームページをみればわかると思いますが、主に自動車のドレスアップ用アルミホイールを販売しています。

しかしアルミホイールはどちらかというと嗜好品です。普通にディーラーで買えばメーカー標準のホイールはちゃんと付いているわけです。車が趣味でドレスアップや外観を気にするこだわりの人以外はそうそう自分の車のアルミホイールを変えようとは思わないでしょう。

そのためお金に余裕のあるときにしかなかなか売れるような性格の商品ではありません。そんな理由で消費税増税後の買い控えの影響をモロに受けて売り上げは伸び悩んでいます。

もうひとつホイールを交換する要因は冬のスタッドレスタイヤ用のホイールです。冬の前にスタッドレス用のホイールは需要が高くなります。ウェッズは毎年スタッドレス用のホイールもカー用品店などに売っていますが、これも買い控えの影響で減っていると思われます。

スタッドレスタイヤ自身は使用して摩耗したり経年劣化で買い替え需要があります。しかし景気回復が不透明であれば、ホイールはそのままでタイヤだけ交換するユーザーが多くなります。

贅沢品のアルミホイールも、雪国では必需品のスタッドレス用ホイールも消費税増税による買い控えの影響を大きく受けているのです。

消費者の購買意欲の回復待ち

とはいえ、車にこだわりのある人はアルミホイールを変えたくなる一種の病気を持っている人は一定数います。

実際わたしの車のホイールもウェッズです。景気が回復して給与に余裕ができれば品質が高く、デザインもよく、価格もお手頃なウェッズのホイールは売上を伸ばすでしょう。

スタッドレスタイヤのホイールにしてもこの冬の降雪量は例年より多いでしょう、というような予想が出ればスタッドレスタイヤの需要とともにホイールの需要も高まります。雪が振りはじめてカー用品店に急いで駆け込む客も増えます。そんな客にはスタッドレスとアルミホイールのセットもよく売れるでしょう。

いまはまだ景気回復の踊り場という感じですが、オリンピックに向けて景気回復すれば消費者の購買意欲は高まります。そのときを楽しみにしつつ、ウェッズを保有したまましばらくおとなしく待つことにします。

それでは投資を楽しんで!

【書評】ピーター・リンチの株で勝つ アマの知恵でプロを出し抜け

ピーター・リンチの株で勝つ
アマの知恵でプロを出し抜け

ピーター・リンチ ジョン・ロスチャイルド 著
三原淳雄 土屋安衛 訳
株式投資を始めようと思っている方にぜひ読んで欲しい良書

おすすめ度 ☆☆☆☆☆

タイトル買いで正解

わたしがこの本を買ったのは10年以上前、株式投資を始めて間もないころでした。株について右も左もわからず、どんな本を買えばよいかもわからない初心者の頃です。

なにかいい本はないかと大きめな本屋で株式投資関連の棚を探していたら「株で勝つ」という大胆不敵な文字が目に飛び込んできました。いま思えばなにに勝つのかわかりませんが、とにかく株で勝てるならいいじゃん!と思いタイトル買いしてしまいました。

結論から言えば、この本を読めば私のブログなんか読まなくても済んじゃいます。株式投資において重要な考え方がたくさん詰め込まれている良書です。

わたしの投資哲学や手法は8割くらいはこの本に影響を受けています。今でも半年に1度は本棚から出してきてパラパラと読み返します。そのたびに新しい発見がある素晴らしい内容の本です。

タイトルで買った本でしたが、買ってよかったと思える本です。

伝説のファンドマネジャー

著者のピーター・リンチはマゼラン・ファンドという投資信託を運用していたファンドマネジャーです。ファンドの資産を2000万ドルから14億ドルにした伝説のファンドマネジャーです。

その伝説のファンドマネジャーは本書でこう書いてます。

「もはやプロの言うことに惑わされるな」

世界最高でプロ中のプロであるファンドマネジャーの彼がプロに惑わされるな、と言っています。どういうことでしょうか?

プロの真似をする必要はない

答えはプロとアマチュアは株式市場において競合する存在ではないということです。

アマチュアは資金面や情報面でプロにはかなわなでしょう。しかしプロはプロで数々の縛りや規制のなかで預かった資産を運用しなければなりません。

その縛りの中でプロは自由な投資ができずに不本意な運用結果を残すことも少なくありません。実際、数多くあるアクティブファンドがインデックスファンドにパフォーマンスで劣るということもあります。

その点アマチュア投資家は自由です。

毎月運用結果をレポートにして顧客に説明する必要もありません。マイナーな株を買うときに上司になぜこの株なのかを説明する必要もありません。買った株を死ぬまで塩漬けにしていても誰にも怒られません。一つの銘柄を100%集中投資してもかまいません。

アマチュアはプロが買うような銘柄を真似して買う必要はなく、プロが見向きもしないような優良株を見つければ十分プロに勝てるのです。

ピーター・リンチは面白いおじさん

株式投資の本というとクソ真面目な文体で面白みのない解説書のような本が多いと思います。しかしこの本はユーモアがそこらじゅうに溢れていて、普通の読み物のように楽しく読み進めることができます。

この本でピーター・リンチは、儲けたよりも損したエピソードを多く書いています。普通の人なら失敗したことは隠して、上手くいったことだけ書きたくなるものです。しかしこのピーターおじさんは茶目っ気たっぷりに失敗談をこれでもかと披露してくれます。

株式投資を続けていれば上手くやることはそれほど重要ではありません。失敗を経験することでやってはいけないことを覚えることのほうが重要なのです。

そんな重要な事をユーモアたっぷりで教えてくれるピーターおじさん、わたしは大好きです。

初心者に特にオススメ

巷ではテクニカルだとかすぐに儲かるだとかいう本が溢れています。しかし肝心な投資哲学を教えている本はなかなかありません。

株式投資家は良い株見つける能力はもちろん必要ですが、その良い株を持ち続ける事ができるかというメンタルも重要です。自分の投資哲学をもっていなければ、いつ買うのか、いつ売るのかという判断で迷い失敗する確率が高くなります。

この本を読めばある状況でどう考えたらよいのかピーター・リンチ自身の経験を交えて豊富に語られています。一通り目を通せば株式投資家としてなにをしたらよいのか、どう考えればよいのかが理解できるでしょう。

とにかくこの本はこれから株式投資をはじめるつもりの初心者におすすめします。

それでは投資を楽しんで!

4345シーティーエスさんから配当をいただきました|2016年12月

こんにちは、身体は寒いけど懐はすこし温かいモズークです。

今朝メールをチェックしたら保有株の4345シーティーエスから配当金が入金されたというメールが届いていました。

先日『配当の使いみち|配当はできるだけ再投資に回そう』という記事を書いたばかりなので、やけにタイミングがいいなと思いました。と同時に「毎年こんなに早い時期に配当来たっけ?」とも思いました。

人間の記憶なんて一年前のことすらまともに覚えていないなと、あらためて再認識させられました。そんな物覚えの悪い頭のことは置いておいて、なんといっても配当は嬉しいものです。

わたしの保有しているのは16,000株ですので、一株配当10円で合計160,000円の配当になります。そこから税金を差っ引いかれて127,496円入金されていました。

シーティーエスさん、ありがとうございます!!

もともとは高配当狙いで買った株だった

配当配当嬉しいな♪で終わってもいいのですがせっかくの機会なので、シーティーエスの株を買ったいきさつを覚えている範囲で振り返ってみたいと思います。

最初にこの株を買ったのは東日本大震災後の頃だったと思います。ほとんどの株が下落していた中でこの株を選んだ理由は、レンタルハウス事業を行っていたからです。

たぶん避難している人たちに仮設住宅が必要なんじゃないかという考えだったのでしょう。思い返せば被災地の福島に長野の上田からレンタルハウスを持っていくのは無理だとすぐにわかりそうですが。

当時のわたしはバリュー株信者で、低PER、低PBR、配当利回り3%以上、高自己資本率、あとなんだっけ?とにかくそういう株を探していました。これもいま思えば震災後だったので、ほとんどの株がバリュー状態だったのですが、とにかくできるだけお金を増やしたいわたしは配当が多くもらえるこの株を選びました。

バリューで買ったのにグロース株に

震災で直接被害を受けた会社はともかく、被害を被っていないのに株価を大きく下げた会社が多くありました。そういう株を買っておいてアベノミクスまで持っておけば、本来の価値まで株価が戻り大きく利益を得ることができました。

そしてこの株もアベノミクスでそれなりに上がりました。自社株買いと株式分割と増配を繰り返して、気づいたら数倍の含み益をもたらしてくれました。

しかしシーティーエスのメイン事業は上田市周辺の土木、レンタルハウスや測量がメインで、どうみてもこれグロース長株じゃないよな?とも思い始めていました。それでも株主思いの経営陣という印象は強く、株を売ること無く保有し続けることにしました。

ところがある時期から、建設ICTなる言葉がチラチラと目に入るようになってきました。建設ICTといえば国が推し進める人手不足解消の鍵といわれる、ITを利用した作業の効率化技術のことらしいです。

そして気づいたら、いつのまにかシーティーエスは建設ICT会社になっていたようでした。わたしのようなボンクラ株主がのへ~としている間に、会社は次の段階へと成長していたのでした。

持ってるだけでまるもうけ

その後シーティーエスは全国に営業支店を広げてその規模をどんどん拡大して、日本全国に拠点を置いてしまいました。

その間、株主のわたしは持ってるだけ。なにもしないでも優秀な経営陣が事業拡大してくれています。

まさに持ってるだけでまるもうけ。ありがたや、ありがたや。

もともとはバリュー株と勘違いして買った株が、いつまにかグロース株に進化してくれるなんてラッキーでした。まる10年以上株式投資をしていますが、少しの利益で売ってしまったりしなければこんなこともあるんだな~と驚いています。

いまシーティーエスは一時期のようににポンポン増配をしませんが、事業拡大に資金を再投資してると思うので気にしていません。増配しなくてももともと配当利回りは良い方です。

さらなる成長を期待して、これからもできるだけ保有していくつもりです。なんか以前ポジショントークはしないとか書いておきながら、思いっきりポジショントークになってしまいましたがお許し下さい。

それでは投資を楽しんで!

配当の使いみち|配当はできるだけ再投資に回そう

12月最初のこんにちは、モズークです。

そろそろ9月に中間決算のあった持ち株が中間配当を出す時期です。

配当・・・とてもいい響きですね。年に1回ないし2回貰える配当は、株主にとってはうれしいものです。

わたしは過去の株式選別においては配当利率を重視していました。3%以上の配当利回りがないと購入対象にしないくらいでした。でも最近は少し考え方を変えて、それほど配当にこだわらなくてもいいんじゃないかと思っています。

そりゃ無いよりはあったほうがいいですけど、成長段階にある企業が事業投資を後回しにしてまで出す必要はないと思っています。

バフェットは配当嫌い

バフェットは大の配当嫌いで有名です。

バフェットが会長とCEOを務めるバークシャー・ハサウェイ社は配当をまったく出しません。手元の本によると一度だけ配当を払ったことがあるようのなのですが、そのときバフェットは

「ちょっとトイレにでも行って席をはずしていたんだろう」

マーク・ティアー 著 望月衛 訳(2005)『バフェットとソロスの勝利の方程式』ダイヤモンド社 139pp.

とごまかしたといいます。どうやら自分の意志で配当を出したわけではなく、周りからせっつかれて仕方なく出した感ありありです。

そこまで配当を出すことを嫌がる理由は、バフェット自信が事業で再投資したほうが効率よく資金を投資できるからです。

配当を出すことによって事業に再投資できるはずのお金が無くなります。さらに配当にも税金がかかるので株主には税引き後の目減りしたお金を渡すことになります。

事業で得た利益を配当で出さなければ、取られることのなかった税金も含め資金を最大限利用できます。

バフェットくらいの投資家になれば事業家としても超一流です。株主に税引き後の目減りしたお金を渡すよりは、事業に再投資したほうが結局株主のためになるという考えなのでしょう。

成長株は無配がいい?

成長段階にある会社は事業を広げる資金が必要です。配当を出すくらいなら事業拡大に使って無配の方がいいという考え方もあるでしょう。

しかし一般的な企業はバフェットほど利益の再投資が上手というわけではありません。効率的に再投資をすることができずに内部留保として貯まっていくこともあるでしょう。

使い道がわからないで内部留保を積み上げていくよりは、株主に還元するのもありだと思います。成長株狙いだからと言ってわざわざ無配の株を探すことはないと思います。

ある程度成長が見込めれば、配当はあれば嬉しいくらいに思っておけば良いのではないでしょうか。

配当はないよりはあったほうがいい!!これがわたしの考えです。

もらった配当はできれば再投資したい

話はかわって、あなたはもらった配当はどうしますか?

焼肉?寿司?旅行?買い物?嬉しい臨時収入として贅沢に使ってしまうのもいいでしょう。消費しないと景気が良くなりませんからね。

でも配当はできるだけ再投資に回して、余った分で贅沢してはいかがでしょう。そもそも配当は本来なら会社が再投資するべきだったお金を株主に配ったお金です。

会社が正しく再投資していれば複利効果で資産を増やすことができたかもしれないお金です。ならばもらった配当も複利効果が得られるように再投資するべきです。

新しい株を買うもよし、持っている株を買い増しするもよし、いろいろ再投資する使いみちはあります。そして株を買ったあとに余ったお金でおいしい食事をする。

これが楽しく上手に資産を増やしていくコツです。

それでは投資を楽しんで!